おすすめのリフォームローン【金利や融資条件に注目をする】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのリフォームローン【金利や融資条件に注目をする】

今回は自宅のリフォームを考えたいけれど?

今すぐにはまとまったお金が用意するのが

難しいと言うような場合に便利に利用出来る

『リフォームローン』にスポットを

あててお伝えをしていきたいと思います。

一口に『リフォームローン』と言っても

各銀行のローンに寄っても異なりますが

住宅ローン寄りも審査が通りやすくて簡単

な手続きで借りられるのが魅力になります。

またいざリフォームのローンを選ぼうと

思っても有担保型や無担保型の他にも

変動金利型更には固定金利型等の色々な

種類のリフォームローンタイプがあるので

どのタイプを選んだら良いのか迷われて

しまう方も多いのではないでしょうか?

今回はリフォームローンの選び方に

ついてお伝えをして頂きたいと思います。

  1. 目次
  2. 借り入れが出来る限度額に注目をする
  3. 毎月の返済額を決められたら借入年数がどの位なのかを確認する
  4. 短期間返済を視野に入れて選ばれる場合には『変動金利型』タイプがおすすめ
  5. 計画的な返済計画で金利を選ばれる場合は『固定金利型』タイプがおすすめ
  6. 小規模なリフォーム工事で有れば⼿続きの⼿間も省ける無担保型タイプがおすすめ
  7. 大規模なリフォームを希望される場合には金金利が低くなる有担保型のローンもおすすめ
  8. 住宅ローンにも注目をする
  9. リフォーム業者選びも重要ポイント
  10. 最後に

リフォームローンの選び方

https://www.bk.mufg.jp/

今回はリフォームローンを選ばれる

上で重要なポイントを各項目に

お伝えをしていきたいと思います。

借入れが出来る限度額に注目をする

https://www.resonabank.co.jp/

リフォームローンを決められる上で始めに注

目をしないといけないのが借り入れが可能な

限度額がどの位なのかを知る必要があります。

またリフォームローンの借入限度額と言うの

は大体5001000万円前後の金額になります。

そしてローンのタイプに寄って500万が上限

である場合も有れば逆に3000万まで借りられ

るような限度額に大きな幅があったりします。

その他にも一口に[リフォーム]と言っても

仮に家全体をリフォームされる場合と水回り

やキッチン等の一部だけをリフォームされる

場合とでは必要な金額に大きな差があります。

またリフォーム予定の内容に合わせて必要な

金額が借りられるかどうかも確認して下さい。

スポンサーリンク

毎月の返済額を決められたら

借入年数がどの位なのかを確認する

https://www.netbk.co.jp/

ローンは借りれ年数も重要になってくるの

て必ずしっかり確認をするようにして下さい。

またリフォームローンの借り⼊れ年数ですが

⼤体1015年目安になりますがそれぞれのロ

ーンの種類に寄っても色々変わってくるので

仮にですが同じ金額で借りられたとしても借

入の年数に寄って毎月の返済額は変わります。

更に結果的には総支払額の方が大きくなるか

もしれませんが毎月の支払い額をなるべく負

担を軽くされたい場合は出来るだけ長期的に 

借りられるような所を選ぶのがおすすめです。

その反対に支払い自体を長引かせたくないと

言う方には最短で半年程で返済が完済するロ

ーンもあるので是非・確認をしてみて下さい。

金利の種類にも注目をする

リフォームローンを組まれるにあたって

やはり一番気になるのは金利だと思います。

そしてリフォームローンの金利には主に

[変動型]と[固定型]の2種類があるので

それぞれの特徴を比較しながら選んで下さい。

短期間返済を視野に入れて選ばれる

場合には『変動金利型』タイプがおすすめ

https://www.smbc.co.jp/

ローン返済を短い期間の中で返済をされる場

合には変動金利型タイプに注目をして下さい。

また変動金利型タイプは市場の金利に連動し

て定期的に金利が変わるシステムになります。

更に金利が下がると返済額は安くなるのが大

きな長所にはなりますが反対に金利が上がる

と返済額も増えてしまう言うリスクが出ます。

その他に金利を細かく確認をされて対策が出

来る方や小規模のリフォームで金利が上がら 

ない間に返済が出来ると言う方等におすすめ

のタイプにはなりますがもし金利が上がってし

まって返済が苦しくなってしまうと言うような

な方等は慎重に検討される事をおすすめします

計画的な返済計画で金利を選ばれる

場合は『固定金利型』タイプがおすすめ

https://www.aeonbank.co.jp/

ローン金額を一定金額ずつを返済し続けたい

場合は固定金利型タイプに注目をして下さい。

また市場の金利に関わらず返済の開始時に決

められた金利で固定されている物になります。

更に途中で金利が上がるリスクがないので仮

に市場金利が下がったとしても返済額が下が

ったりはしないですが返済面においては安定

した返済計画を立てたい方にはピッタリです。

その他には金利を固定する期間を選択出来る

[固定金利選択型]と言われる種類のタイプ

の物もありますがこれは変動金利型と固定金

利型の中間のようなタイプの種類になります。

金利タイプを選ばれるのにどれを選んだら良

いのか迷われてしまう場合にはこのようなタ

イプも選択肢に入れてみるのもおすすめです。

担保の有無で金利が大きく変動する

リフォームローンには有担保型のタイプ

と無担保型タイプの2種類がありますが

それぞれのメリットを⽐較されて御自身に

に合ったタイプものを選ぶようにして下さい。

小規模なリフォーム工事で有れば⼿続き

の⼿間も省ける無担保型タイプがおすすめ

https://www.mizuhobank.co.jp/

小規模なリフォーム工事で少額を借りれて尚

且つ⾯倒な⼿間は出来るだけ省きたいと言う

⽅は無担保型のタイプがおすすめになります。

またリフォームローンの大半がこちらのタイ

プになるのですが担保の審査がなく審査のス

ピードも非常に早いので早ければその⽇のう

ちに審査が終わる事も多いのがメリットです。

ただ注意点として有担保型に⽐べると⾦利は

 

2%前後⾼めだと言う事と担保と言う保証が

ないので借り⼊れが可能な⾦額も低めです。

更に少額なので⾦利は余り気にしないで⼿間

をかけずに借りたいと言う⽅におすすめです。

大規模なリフォームを希望される場合には

金利が低くなる有担保型のローンもおすすめ

https://www.resonabank.co.jp/

ローンを組まれる際に少しでも金利を抑えた

プランにされたい場合には担保有りのリフォ

ームローンを検討される事をおすすめします。

またこれからリフォームをされる家を担保に

されたり保証人を立てたりされる事で金利が

低くなって更には借り入れが出来る金額の方

も大きくなるのが一番のメリットになります。

その他にはリフォームローンの単体だけでは

それ程種類がないので大抵は住宅ローンと併

せて借りたりするプラン等が多いと思います。

ただ注意点として手続きが複雑な事と審査自

体も非常に時間がかかるのがデメリットです。

それから担保の評価額に寄って融資の金額が

決まったりするのでかなり手間がかかった割

にはさほど必要な金額を借りられないケース

も出てこないとも言えないですがそれでも大

規模なリフォームでまとまった金額が必要だ

と言う場合は有担保型を確認してみて下さい。

住宅ローンにも注目をする

https://www.rakuten-bank.co.jp/

今回の記事はリフォームローン単体での内容

をお伝えをさせて頂きましたがこちらの記事

を読んで頂いている方の中には住宅ローンを

返済されている方もいらしゃるとは思います。

また御提案として住宅ローンとリフォームロ

ーンを一つにまとめると言う選択もあります。

住宅ローンは金額が大きいのでリフォームロ

ーン比べても金利が低めになるので住宅ロー

ンの借り換えと同時にリフォーム資金も借り

入れた場合にはリフォーム分も住宅ローンと

同じ低金利で借り入れる事が出来たりします。

更にそれぞれのローンを別々に組まれると返

済が二重にしまって家計を圧迫しかねません。

ですが2つのローンを一つにまとめられる事で

借入れ総額は増えたとしても月々の返済額は

あまり増やさずに済む方法の一つになります。

リフォーム業者選びも重要ポイント

https://www.daiwahouse-reform.co.jp/

仮に小規模でも大規模でも大切な御自宅をリ

フォームされる場合には安心して依頼来る業

者を選びが非常に重要なポイントになります。

まだどんな業者を選んだら良いのか決まってい

ないと言う方も含めて重要ポイントになります

スポンサーリンク

最後に

今回はリフォームローンの選び方に

ついてお伝えをさせて頂きました。

ローンを選ばれる際にはどうしても金利

だけを比較してしまいがちですが選ばれる

プランに寄ってはリフォームローンの特徴は

色々あるので借り入れられる返済シミュレー

ション等を事前に行われて幾つかプランを

比較検討をされてみる事をおすすめします。

また今回の記事を御参考にされながら御自身

に合うリフォームローンプランを見つけられ

て寄り快適なリフォームをして頂きたいです。