おすすめのルアーロッド【ルアー釣りには欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのルアーロッド【ルアー釣りには欠かせないアイテム】

今回はエギングロッドやアジングロッドを含

めたルアーを使う釣りに欠かせないアイテム

『ルアーロッド』にスポットを

あててお伝えをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

一口に『ルアーロッド』と言ってもロッドに

寄っても利用されるルアーの重量や長さの他

にも使いやすさ等は大きく変わってくるので

いざ製品を選ぼうと思っても魚釣りを

される場所やどんな魚を釣られるかに

適切なロッドもかなり異なってくるので

これから釣りを始められる方は特ですが

どのルアーロッドを選んだら良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回はルアーロッドの

選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. 海や湖等での釣り場で遠投して魚を釣るなら『スピニングロッド』がおすすめ
  3. 防波堤や川辺から魚釣りをされる場合には『ベイトロッド』がおすすめ
  4. ロッドは利用されるルアーを基準に選ぶ
  5. 操作性を重視しながら重めのルアーを利用されるなら『ファストテーパー』がおすすめ
  6. 軽量のルアーで獲物で釣り上げられる場合には『スローテーパー』がおすすめ
  7. バランス重視で汎用性の高さを求めるなら『レギュラーテーパー』がおすすめ
  8. 長時間のルアー釣りを視野に入れられるなら疲れにくい『軽量ロッド』がおすすめ
  9. 万能なロッドを視野に入れて選ばれる場合には『9フィート』前後が製品を選ぶ
  10. 色々なルアーを使い分けをされるなら『ミディアムクラスパワー』がおすすめ
  11. ロッドの持ち運びをされる場合には『コンパクト』ロッドタイプがおすすめ
  12. 釣り場所に合わせてルアーも使い分ける
  13. 最後に

ルアーロッドの選び方

https://www.amazon.co.jp/

今回はルアーロッドを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めに釣り場に合ったロッドのタイプ

を選ばれる事が非常に重要になってきます。

またどんな場所で釣りをされるのかに寄って

選ばれるルアーロッドが変わってくるので

頻繁に釣りをされる場所に合った一番最適な

ルアーロッドを選びをするようにして下さい。

海や湖等での釣り場で遠投して魚を

釣るなら『スピニングロッド』がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

例えば魚釣りをされるポイントが海や湖等で

ルアーを利用して魚釣りをされる場合には

『スピニングロッド』がおすすめになります。

スピニングリールは遠投しやすいロッドでシ

ーバスやタチウオだけでなく沖にいる大きい

坂も狙う事が出来るロッドタイプになります。

またスピニングロッドは汎用性も高いのでど

んな場所でどんな魚を狙いたいのかが決まっ

ていなくても一本有ればひとまずは安心です。

更に汎用性を重視して色々な釣りに挑戦した

い方はバスロッドやエギングロッドのMクラ

ス以上の専用のロッドがおすすめになります。

防波堤や川辺から魚釣りをされる

場合には『ベイトロッド』がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

魚釣りをされるポイントから釣り上げたい

獲物までの投げる距離が比較的短い場合に

おすすめなのが『ベイトロッド』になります。

また[ベイトロッド]で利用出来るリールは

仮に重たい仕掛けを利用されたとしてもライ

ンを巻きとる力が強いのが特徴でもあります。

更に防波堤や湖での遠投には向いていないロ 

ッドにはなるので仕掛けの落とし込みや近距

離でのキャスト操作がしやすいのが魅力です。

ただ注意点として汎用性のあるロッドではな 

いので『ベイトロッド』は2本目等に購入し

たいロッドを探されている方におすすめです。

ロッドは利用されるルアーを基準に選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

ルアーロッドを選ばれる際に注目されるポイ

ントは[適合ルアーウェイト]になります。

ロッドにはそれぞれ利用可能なルアーの重さ

がそれぞれ決まっているので御自身で利用さ

れるルアーやチャレンジしてみたいルアーが

決まられている場合はルアーの重さを基準に

ロッドを選ばれるのも1つの方法になります。

またルアーウェイトを超えてしまったルアー

を利用される事も可能ですがあまりにも重い

ものを利用される場合にはルアーが外れてし

まったりロッド自体が破損してしまう原因に

もなりかねないので注意をして選んで下さい。

テーパーの特徴にも注目をする

ルアーのアクションに関してはルアーロッド

のテーパー[調子]が大きく影響してきます

またテーパーは説明に書かれていない場合も

あるので出来れば実際に売り場等で触って

認をされたり利用者のレビュー等も参考に

れながら自分に合ったロッドを見つけて下さい

操作性を重視しながら重めのルアーを利用

されるなら『ファストテーパー』がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

ロッドのアクション性のしやすさを重視して

選ばれる場合には『ファストテーパー』のロ

ッドタイプのシリーズがおすすめになります。

またルアーへの細かい動きが伝わりやすくて

ルアーを動かしやすいのが一番の特徴になる

のでルアー操作も軽い力で行う事が出来ます。

更に重たいルアーを投げられる際にも反動を

利用して投げやすいのも特徴の一つですがた

だ注意点として軽いルアーを利用して釣りを

される場合には遠投しづらくなる事もあるの

で注意をしながら調整するようにして下さい。

軽量のルアーで獲物で釣り上げられる

場合には『スローテーパー』がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

軽いルアーを利用して短い距離から獲物を釣

り上げられるような釣り方をされる場合には

『スローテーパー』のタイプがおすすめです。

また『スローテーパー』は一番抵抗数が少な

いのでロッド全体がよく曲がるのが特徴です。

更にショートバイトでも合わせやすい上にフ

ッキング率も高いので軽量ルアーで頻繁に釣

りをされるような方にはピッタリになります。

ただ注意点としてロッド時代が大きく曲がっ

てしまうのでロッドを上下左右に動かしてル

アーアクションを付けるには不向になります。

その他に重たいルアーを投げようとされた場

合も同様にパワーが不足してしまってかなり

危険なのであくまでも軽いルアーを利用され

る方がメインになる事だけは注意して下さい。

スポンサーリンク

バランス重視で汎用性の高さを求める

なら『レギュラーテーパー』がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

ルアーのアクションがしやすくて尚且つ汎用

性の高さを求めたロッドを手に入れたい場合

には『レギュラーテーパー』がおすすめです。

『レギュラーテーパー』はスローとファスト

の中間程度の曲がり具合になるので取り付け

られるルアーによるクセがないのが特徴です。

また他のタイプと比較された場合には一番バ

ランスの取れた[ルアーロッド]になります。

ただ注意点としてバランスが取れている分他

に何か特化した機能が付いている訳ではない

ので中途半端に見られてしまう事もあります。

その他にはルアーのアクションの性能や機能

性に特化したルアーロッドを選びたい方には

別のタイプから選ばれる事をおすすめします。

またロッドの特性がまだよく分からず把握さ

れていない初心者の方はレギュラーテーパー

のロッドから始められる事をおすすめします。

扱いやすい製品に注目をする

ルアーを利用して魚釣りをされる場合には

何度も投げてはの動作を繰り返さないといけ

ないので寄り扱いやすさも重要なポイントです

快適な釣りをされる為に必要な要素も把握

ながらロッドを選んでいくようにして下さい。

長時間のルアー釣りを視野に入れられる

なら疲れにくい『軽量ロッド』がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

釣り上げられる魚にも寄りますが何度もルア

ーをキャストしてシャクリを繰り返す場合は

軽量のロッドを選ばれる事をおすすめします。

またルアーロッドの中でもエギングロッド等

は他のタイプのロッドに比べて比較的軽量に

作られているので寄り多くの方が利用してい

る人気のロッドタイプのシリーズになります。

その他に女性の方やお子さんが利用できる軽

めのロッドを探している場合もピッタリです。

万能なロッドを視野に入れて選ばれる

場合には『9フィート』前後が製品を選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

色々な魚釣りをされる上で利用されたいロッ

ドを選ばれる場合にはロッドパワーや重量等 

のバランスが一番取れている『9フィート』

前後のルアーロッドがおすすめになります。

またロッドの長さは[レングス]と言われて

いてルアーの飛距離等にも大きく影響します。

更にどんな場所でも釣りをしやすい万能ロッ

ドを手に入れたい方でも川や海のすぐ近くで

釣りをされると言う事は比較的少ないと思い

ますので出来れば釣りをされるスポットから

れていたいとしても投げやすくてパワーも

る『9フィート』前後がおすすめになります。

色々なルアーを使い分けをされるなら

『ミディアムクラスパワー』がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

ロッドの強度にはスペックのランクとして

L(ライト)→M(ミディアム)→H(ヘヴィ)

3種類に分かれるのですがこの中でも寄り扱

いやすくて狙える魚や利用できるルアーの種

類が多いロッドのタイプを手に入れたい場合

にはM[ミディアム]がおすすめになります。

ミディアムは竿が柔らかくて適合ルアーの重

さも軽くなるのが特徴になりますが反対にヘ

ヴィの場合は硬くなりすぎるので余り初心者

の方には扱いにくくてあまり向いていません。

ロッドの持ち運びをされる場合には

『コンパクト』ロッドタイプがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

ロッドの持ち運び等を視野に入れられる場合

にはコンパクトロッドタイプがおすすめです。

また釣りのスポットに行かれる際の移動手段

に寄っても変わってきますが車で移動をされ

ない限りはコンパクトロッドの中でも中伸縮

してくれるタイプと分解して小さくなるルア

ーロッドタイプ等があるので利用される目的

に合わせられるので持ち運びやすく安全です。

更に自動車等で移動される場合にはワンボッ

クスカーのような全長が長い車両でもお持ち

でない限りは長さに注意して選んで下さいね。

その他にも最低でも継数2つ以上の製品がおす

めにはなりますが[9フィート]の製品の場

合は全長3m近くにもなりますがその半分にな

1.5m程になるので問題なく持ち運べます。

釣り場所に合わせてルアーも使い分ける

https://www.amazon.co.jp/

利用できるルアーロッドを見つけられたらル

アーも同時に購入される事をおすすめします。

またルアー自体の種類も非常に豊富になりま

すが釣りに行かれる場所や釣りあげたい魚に

合わせて上手に使い分けをされれば大漁若し

くは良い型の獲物を釣り上げられたりします。

御自身に必要なルアーを揃えてみて下さいね。

スポンサーリンク

最後に

今回はルアーロッドの

選び方について

お伝えをさせて頂きました。

ルアーロッド選ばれる際には利用される

ルアーを基準にされるが又は使いやすさを

基準にされるのかを御自身で優先されたい

基準に沿ってルアーロッドを選んで下さい。

また今回の記事を御参考にされて

御自身にピッタリと合うお気に入りの

ルアーロッドを見つけて頂きたいです。