おすすめの市販のアイス【夏場や暑い時期には絶対に欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの市販のアイス【夏場や暑い時期には絶対に欠かせないアイテム】

今回は暑い時期には欠かせない冷たく

美味しいアイスクリームにスポットを

あててお伝えをしていきたいと思います。

一口に『市販のアイスクリーム』と言っても

スポンサーリンク

暑い日の夏場だけでなく寒い冬の時期にも

食べたくなる非常に人気の高いスイーツだと

は思いますが商品自体も数多くのメーカー

から色々な商品のラインナップの方

販売されているのでいざ商品を選ぼうと

思ってもどの商品を選んだら良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回は市販のアイスクリームの

選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. 濃厚で味わい深い高級感のある『アイスクリーム』とは?
  3. ミルクのコクを残って後味が非常にあっさりとしている『アイスミルク』とは?
  4. 色々な味わいを楽しむなら『ラクトアイス』がおすすめ
  5. 低カロリーを重視して後味もサッパリとした商品を選ばれるなら『氷菓』がおすすめ
  6. アイスクリームの中でも『限定商品』にも注目をする 
  7. ダイエット重視のアイスとは?
  8. 糖質重視で選ばれるなら低糖質のアイスを応用する
  9. アイスを上手くアレンジをして更に健康的に美味しくする 
  10. 最後に

アイスの選び方

https://www.amazon.co.jp/

今回は市販のアイスを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めにアイスは乳成分に寄って

4種類に分ける事が出来ます。

また同様の商品でも風味や香り等に

寄って種類が異なる場合もあります。

更に乳成分に寄ってので濃厚さや

後味等も大きく変わってくるので

こちらは要チェックポイントになります。

濃厚で味わい深い高級感の

ある『アイスクリーム』とは?

https://www.amazon.co.jp/

アイスクリームの中でもミルクの味が

強くて後味が濃厚なアイスクリームが

お好きな方乳固形分15.0%以上でその内の 

乳脂肪分が8.0%以上のものおすすめします。

これは高級アイスの代名詞にもなっている 

[ハーゲンダッツ][パルム]

[レディーボーデン]等にはなりますが

正式にアイスクリームと呼べる商品と言う

のは先程お伝えをさせて頂いた成分値の

基準を満たしている商品のタイプの物だけが

[濃厚なアイスクリーム]と言えます。

また乳脂肪分が多いとそれだけカロリーも 

高くなるので制限等をされていない方には

食べごたえも充分なのでおすすめになります。

ミルクのコクを残って後味が非常に

あっさりとしている『アイスミルク』とは?

https://www.amazon.co.jp/

アイスのラインナップの中でも乳固形が

10.0%以上でその内の乳脂肪分3.0

以上の商品が『アイスミルク』になります。

『アイスミルク』はミルクの味を感じつつも

後味の方があっさりしている事が特徴です。

またアイスミルクの代表的商品として

[チョコモナカジャンボ]

[ジャイアントコーン]等があります。

更にアイスクリーム寄りも購入価格の

方は抑えられているので手軽に楽しめて

購入しやすいと言うメリットもあります。

色々な味わいを楽しむなら

『ラクトアイス』がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

頻繁にアイスクリームを食べられる方の中で

も濃厚なアイスクリームが苦手と言う方は 

ラクトアイスのシリーズをおすすめします。

[ラクトアイス]は乳固形分3.0%以上の

ものを言いますがその代表的な商品として

[エッセルスーパーカップ]

[クーリッシュ][爽]等があります。

『ラクトアイス』はシャリっとした食感や

色々な味わいや香り等のバリエーションが

非常に豊富になるのですっきりとした味わい

を重視されるなラクトアイスで決まりです。

また商品の中には意外とカロリーが高い

物もあるので食べ過ぎには注意して下さい。

スポンサーリンク

低カロリーを重視して後味もサッパリと

した商品を選ばれるなら『氷菓』がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

アイスクリームが好きな方にはラクトアイス

寄りも更に乳固形分が少ない商品若しくは

乳固形分が含まれていないものを『氷菓』と

呼んでいますが実は『氷菓』は通常の3種類

と異なっていて一般食品に分類されていて

厳密に言うとアイスクリームには属しません

またガリガリ君やパピコ更にあずきバー等

の商品のタイプが[氷菓]に分類されます。

その他暑い夏の時期の食べたくなるような

サッパリとした後味が味わい深くてカロリー

も控えめでミルクの風味が苦手な方や若しく

はダイエット中の方にもおすすめになります。

アイスクリームの中でも

『限定商品』にも注目をする

https://www.amazon.co.jp/

市販のアイスクリーム中でも各メーカーから

発売されている『限定商品』の多さにも注目

をして色々なアイスを吟味して頂きたいです。

また人気が高すぎる販売中止になってしまう

[ハーゲンダッツのシリーズ]も御存知の方

も多いとは思いますがその他変わり種も多い

[シチュー味]や[コーンポタージュ味]と

言った驚きの味わいや香り等も楽しめる話題

のガリガリ君のシリーズも非常に有名です。

限定商品は地域やコンビニ限定等で販売

されている商品も多く取り扱いをしている

ので旅行先や出張等の際にはその地域の

限定アイスを探してみるのもおすすめです。

ダイエット中にアイスは食べられる?

[アイスはダイエットに向いてる?]と

ウワサを聞かれた事はないでしょうか?

次にダイエット中にも食べられるアイスに

ついてお伝えをしていきたいと思います。

ダイエット重視のアイスとは? 

https://www.amazon.co.jp/

例えば高脂肪のアイスクリームの中でも

ミルクや砂糖が主原料で小麦粉等を採用して

いる為に商品自体には炭水化物の量が

少ないのでケーキやクッキー等に比べて

太りにくいと言う大きな特徴があります。

またミルクや卵をたっぷりと利用したアイス 

はカルシウムやビタミン等の栄養素も非常に

多く含んでいるので栄養不足に陥りがちな

ダイエットの際の栄養補給にもおすすめです。

糖質重視で選ばれるなら

低糖質のアイスを応用する

https://www.amazon.co.jp/

アイスクリームを食べる際にダイエットだけ

でなく糖質等もセーブをされているよう

あれば [低糖質]のアイスクリームを応用し

食べられるのも一つの方法なると思います。

また豆乳やトウモロコシ等を

利用される事で糖質を

抑えたグリコの[SUNAO

アイス専用ヨーグルトを

利用した明治の[more]等の

糖質オフの商品も沢山販売されています。

その他糖質や脂質を抑える場合にも

このようなコクのある味わいを楽しめる

商品を応用されるのもおすすめになります。

アイスを上手くアレンジを

して更に健康的に美味しくする 

https://cookpad.com/

アイスクリームを食べながらダイエットや

糖質制限中でも満腹感を味わいたい場合は

寄り健康的なアイスでナッツや果物の中でも

糖質の低いブルーベリーを少し添えてみたり

プレーンヨーグルト等を混ぜ合わせてみて

スムージーに食べられるのも良いと思います。

またまた甘すぎてなかなか食べきれないと

思われたアイスクリームもちょっとした変化

をつけてあげるだけで更に美味しい味わいに

なるのでダイエット中の方にもおすすめです。

ただ注意点としては太りにくいと言われて

いるアイスでも食べ過ぎは要注意になります。

また代謝の落ちる夜に食べるのも体質を変え

る原因になってしまうのでなるべく避けられ

て美味しいアイスクリームを楽しんで下さい

スポンサーリンク

最後に

今回は市販のアイスクリームの

選び方について

お伝えをさせて頂きました。 

一口に『市販のアイス』と言っても

ミルクの濃くのある味わいの高級アイスや

脂質や糖質を等を抑えた数多くの商品が

発売されているのでいざ購入されると

なっても迷いますがちにはなりますが

選ばれる基準をしっかりと決められれば 

美味しいアイスがすぐに見つかると思います。

ので今回の記事を御参考に御自身の舌に合う

お気に入りの商品を見つけて頂きたいです。