おすすめのシールドケーブル【利用しやすいアイテムに注目をする】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのシールドケーブル【利用しやすいアイテムに注目をする】

 

今回はギターやベースの弦楽器をアンプに繋

 

ぐ際に必要な『シールドケーブル』にスポッ

 

トをあててお伝えをしていきたいと思います。

 

またシールドケーブルは楽器から出る音の良

 

スポンサーリンク

 

し悪しを決める重要な要素の一つでもありま

 

すが商品に寄っては長さやプラグの形状等が

 

色々とあるのでそれぞれの違いを確認をされ

 

た上で選ば無ければいけないので特に初心者

 

の方で有れば迷われる方も多いとは思います。

 

そこで今回はシールドケーブルの選び方

 

についてお伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 御自宅用で選ばれるなら『35m』に注目
  3. スタジオやライブハウス等での演奏をメインにされるならは『57m』に注目
  4. エフェクター同士を繋げて演奏をされるなら『10cm前後』のパッチケーブルに注目
  5. 『カールコード』の長さにも注目をする
  6. プラグの種類に注目をする
  7. 強調されたい音域にも注目する
  8. 長く利用される場合には『耐久性』にも注目
  9. シールドケーブルの固さにも注目する
  10. 最後に

 

 

シールドケーブルの選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回はシールドケーブルを選ばれる

上で重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

先ずはシールドケーブルの長さに注目です

またシールドケーブルの長さの寄っての種類

の方が色々あるので利用されるシーンに合わ

せた長さのシールドケーブルを選んで下さい。

 

 

 

御自宅用で選ばれるなら『35m』に注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えばですが御自宅等で練習をされる場合に

 

は演奏しながら動き回られると言う事はほと

 

んどないとは思いますので35mで充分です。

 

反対にシールドケーブルは長すぎて絡まって

 

しまうと取り回しが大変になるのであまりに

 

も長いタイプのものは避けた方が良いですよ。

 

スタジオやライブハウス等での演奏を

メインにされるならは『57m』に注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

利用される方に寄ってはスタジオやライブハ

 

ウス等でアンプに接続をされて楽器に直接繋

 

がれるという場合には57mがおすすめです。

 

そしてエフェクター等を利用される場合には

 

35mでも充分ではありますが仮に動き回る

 

事が予想される場合は演奏中に抜けてしまう

 

事がないように少し長めのケーブルを選ばれ

 

るようにされた方が良いですがただ10m以上

 

の長いシールドの場合は音質自体が劣化して

 

しまう恐れがあるので注意が必要になります。

 

エフェクター同士を繋げて演奏をされる

なら『10cm前後』のパッチケーブルに注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

シールドケーブルの中でも10cm前後の短い

 

シールドケーブルの事をパッチケーブルも呼

 

びますがこのパッチケーブルと言うのは複数

 

のエフェクター同士を繋げる際に利用します。

 

またシールドケーブルの中でも短いものだと

 

1m位のシリーズがありますがその長さだとエ

 

フェクター同士を繋ぎ合わせるには長すぎて

 

しまうので短いのを用意された方が良いです。

 

その他に複数のエフェクターを利用される場

 

合にはなるべく同じ長さのパッチケーブルを

 

利用されると足元のバランスが良くなります。

 

スポンサーリンク

 

■『カールコード』の長さにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

シールドケーブルの中でも文字通りケーブル

 

がカールしている『カールコード』はコード

 

自体の全長は長いですがカールをしているの 

 

でそれ程見た目には長いようには見えません。

 

そして動かれた分だけ伸び縮みしてくれるの

 

で絡まりにくいと言ったメリットがあります。

 

更に何と言ってもカールしたケーブルがステ

 

ージ上でかなり目立つのでカッコイイですよ。

 

その他に見栄えを重視される方にもおすすめ

 

したいタイプですがただ長めのケーブルをカ

 

ールさせているので重たいと言うデメリット

 

もありますので重量による楽器のジャック部

 

分への負担もそれなりに大きな負担になると

 

考えてられてコードを選ぶようにして下さい。

 

プラグの種類に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

選ばれたシールドケーブルの先端はプラグ部

 

分にストレートのS型と90度に曲がっているL

 

型の2種類がありますがその中でも両端のプ 

 

ラグが同じタイプのケーブルや一方だけS

 

でもう一方がL型と言うケーブルがあります。

 

そしてジャック部分が側面に付いている楽器

 

の場合にはL型を接続される事に寄って負荷

 

がかかりにくくなるので非常におすすめです。

 

またアンプ側に繋ぐプラグに関しても負荷の

 

かかりにくいL型のタイプが理想になります。

 

ただボディ側にジャックの付いている楽器の

 

場合にはL型のプラグを差し込む事が出来な

 

い場合もありますので十分に注意が必要です

 

強調されたい音域にも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

利用されるシールドケーブルに寄ってそれぞ

 

れ得意とする音域があって低音域・中音域・

 

高音域と御自身が強調したい音域を得意とす

 

るシールドケーブルを選ぶようにして下さい。

 

そして御自宅用・スタジオ用・ライブ用とシ

 

ールドケーブルを使い分けられる場合には音

 

の違いを把握されておく事が非常に重要です。

 

また同じ種類のケーブル同士を利用されると

 

音の違いが生まれないので分かりやすいです。

 

その他にもライブの際には今まで練習してき

 

た音とは異なってしまってパニックになると

 

言った事にならないように注意をして下さい。

 

長く利用される場合には『耐久性』にも注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ケーブル自体を長く利用されたいと言う場合

 

は耐久性に優れたケーブルを購入して下さい。

 

またシールドケーブルと言うのは消耗品です。

 

そして利用されていくうちに生じる劣化は防

 

ぎようがないですし利用されている素材や太

 

さによっても耐久性が大きく変わってきます。

 

更にずっと使い続ける訳にはいかないので寄 

 

り耐久性に優れたシールドケーブルを選ばれ

 

る事でその利用期間を延ばす事は出来ますよ。

 

ただ壊れにくくする為の対策としてあるのが

 

利用されるシーンに寄ってそれぞれケーブル

 

を使い分けられたり又は御自宅用とスタジオ

 

更にはライブ用等のその時々の専用品のシー 

 

ルドケーブルを準備される事で利用される頻

 

度が分散されるので寄り長持ちさせれますよ。

 

シールドケーブルの固さにも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

シールドケーブル自体は非常にしなやかで柔

 

軟性が有れば取り回しの際に非常に便利です。

 

そして収納性にも優れていて場所を取りませ

 

んがその反面断線してしまうリスクが高くな

 

ってしまうリスクがあるので注意が必要です。

 

また逆にシールドケーブルが固い場合は耐久

 

には優れますが取り回しや収納性が余り得

 

意ではないので仮にですがライブパフォーマ

 

ンス等っ激しく動き回ると言うような方の場

 

合には柔らかいケーブル寄りも少し固めをお

 

すすめしているので御自身が何を重視される

 

かに寄ってケーブルの固さを決めて下さいね。

 

 

 

売れ筋のシールドケーブルに注目する

 

御参考までになりますがシールドケーブルを

選ばれる上でAmazonサイトや楽天サイト

の売れ筋商品ランキングにも注目をして下さい

 

Amazoサイト

 

楽天サイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はシールドケーブルの選び方に

 

ついてお伝えをさせて頂きました。

 

まあシールドケーブルに寄って得意とする利

 

用状況や音域が異なりますのでただ単純にア

 

ンプと楽器を繋げると言うだけではなくバッ 

 

チリと相性が合うケーブルが見つかった場合

 

には非常に素晴らしい演奏が可能になるとは

 

思いますので御自身にピッタリと合うのシー

 

ルドケーブルを見つけて頂きたいと思います。