おすすめの室内アンテナ【電波受信には欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの室内アンテナ【電波受信には欠かせないアイテム】

 

今回は特に工事の必要がなくケーブルで

 

テレビと繋ぐだけで受信可能なアイテム

 

『室内アンテナ』にスポットを

 

あててお伝えをしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

一口に『室内アンテナ』と言っても色々な

 

メーカーから発売されていますが最近では

 

場所を取らずに設置したい方の為におすすめ

 

のペーパーアンテナ製品等も発売されていて

 

いざ製品を選ぼうと思っても室内アンテナを

 

選ばれる為のグレードやスペック等の確認

 

項目等も多くどの製品を選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回は室内アンテナの選び方について

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 室内アンテナの魅力とは?
  3. 強電界を重視して製品を選ばれるなら簡単に設置が可能な『室内アンテナ』がおすすめ
  4. 中電界の中でも感度の高さを重視して選ばれるなら『平面アンテナ』がおすすめ
  5. デジ受信の優先は『UHFアンテナ』
  6. 電波の受信感度にも注目をする
  7. 電波の送信方法についても把握する
  8. 受信電波が弱い場合にはブースター内蔵タイプのアンテナ製品がおすすめ
  9. 重要なケーブルの長さにも注目する
  10. おすすめの室内アンテナ
  11. 最後に

 

 

室内アンテナの魅力とは?

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ワンセグやフルセグと聞かれれば最近ではス

 

マートフォンのワンセグだけでなくフルセグ

 

受信に対応が出来る製品も増えてきています。

 

また御自宅でテレビを視聴される際に流動的

 

にフルセグとワンセグが切り替わって困って

 

しまうと言う様な声も聞かれているのでその

 

ような場合には室内アンテナがおすすめです。

 

更にワンセグもフルセグも地上デジタル放送

 

の一部になるので受信している周波数帯域は

 

同じなので室内アンテナを利用されればワン

 

セグとフルセグの両方に対応可能となります。

 

 

 

室内アンテナの選び方

 

今回は室内アンテナを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

一口に『室内アンテナ』と言っても

確認をしないといけない項目が非常に

多くて迷いがちにはなりますがそれぞれ

のポイントに合わせて確認をされれば

それ程難しくないのでお伝えをします。

また御自宅の電界強度から利用目的に

合ったアンテナのタイプを選んで下さい。

更に室内用に限らずアンテナはお住まいの

地域の電界強度を調べて目的に合った製品

のアンテナを選ばれる事が重要になります。

その他電界強度と言うのは電波の強さの事

でこれは各県にあるテレビ塔から御自宅

までの距離に寄って大きな変わってきます

 

 

 

強電界を重視して製品を選ばれるなら簡単

に設置が可能な『室内アンテナ』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えば御自宅からテレビ塔が見える範囲の

 

電波の強い地域にお住まいの方で有れば

 

通常の室内アンテナがおすすめになります。

 

また室内アンテナの形状にはペーパーアンテ

 

ナと卓上型の2通りがありますが両方とも設

 

置に伴った面倒な工事は必要なくケーブルで

 

テレビと繋げるだけの簡単な作業の製品です。

 

更に最近増えて来たペーパーアンテナなら通

 

り厚さ0.5cm程の薄いプラスチック製で窓や

 

壁に両面テープで貼り付けて使うタイプです。

 

その他にブースター用の電源はUSBを利用し

 

てテレビから直接電源供給が可能になるので

 

コンセントの必要がないのも嬉しい長所です。

 

卓上型の製品は棚やデスクに設置するだけ

 

利用出来る製品で卓上型もペーパーアンテ

 

も受信感度はどちらも変わらないので設置

 

所やデザイン等のお好みで製品を選べますよ

 

中電界の中でも感度の高さを重視して

選ばれるなら『平面アンテナ』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にですがテレビ塔から離れている中電界の

 

地域でも受信可能なアンテナが室内アンテ寄

 

りも感度の方が高い平面アンテナになります。

 

また平面アンテナは室外や室内兼用のタイプ

 

の製品が多いので仮に感度が悪い場合はベラ

 

ンダ等にも置けるのが製品の強みになります。

 

更に外でも利用される事を想定して防水加工

 

が施されているので急な雨や雪でも安心です。

 

その他電波がほとんど来ないような弱電界の

 

地域の場合は平面アンテナでも受信は難しい

 

場合が多いので室外に設置されるような大型

 

の八木式アンテナを検討する必要があります。

 

スポンサーリンク

 

地デジ受信の優先は『UHFアンテナ』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

各御家庭にある室内アンテナ等を見ていると

 

VHF]から[UHF]までの幅広い電波に

 

対応をしていると書かれている時があります。

 

また[VHF]は昔のアナログ放送で利用され

 

ていた電波ですが地デジを見られるのに必要

 

なのは[UHF]対応の室内アンテナのみにな

 

るので[VHF]は非対応でも問題ありません

 

またネットオークションで出回っている中古

 

製品の中には[UHF]に対応していない場合

 

があるので必ず確認をするようにして下さい

 

電波の受信感度にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

受信される室内アンテナの電波レベルの感度

 

に関してはdB[デジベル]の単位で表示され

 

る動作利得[ゲイン]の項目で確認出来ます。

 

また電波レベルの目安としては強電界は5dB

 

程で中電界なら510dB以上で選んで下さい

 

更にペーパーアンテナの場合は動作利得と合

 

わせて[受信範囲]の項目も確認して下さい

 

その他には一般的には90km以上電波を受信

 

できれば十分利用出来るようになっています。

 

電波の送信方法についても把握する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

テレビの電波の送信方法は水平偏波と垂直偏

 

波の2通りがあって室内アンテナは水平と垂

 

直のどちらにも対応したタイプの製品が多い

 

ので送信方法に関しては全く問題ありません

 

ただ注意点として平面アンテナの場合には一

 

方のみしか対応していないタイプもあります。

 

テレビ電波の種類に関しては送信局の情報で

 

確認される以外に御近所の外部アンテナの設

 

置されている方向でも確認して知る事がで出

 

来るのでアンテナが水平に設置してあれば水

 

平偏波で垂直に立ててあれば垂直偏波ですの

 

で取り付け前に事前に調べておいて下さいね

 

受信電波が弱い場合にはブースター

内蔵タイプのアンテナ製品がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にテレビ塔から離れた環境等で受信電波が

 

弱くなりそうな場合にはブースター内蔵タイ

 

プのアンテナを利用されるのもおすすめです。

 

また途中で電波が弱くなったテレビの信号を

 

増幅してくれる効果事で映りを改善出来ます。

 

更にブースターは一つのアンテナから分配器

 

を利用して複数のテレビに繋いでいる場合も

 

有効になるので分配される際に失われた信号

 

を増幅して補ってくれるので非常に便利です。

 

ただ注意点としてノイズを増幅して画面が荒

 

れる原因になる場合に仮に綺麗に映っている

 

場合には無理に利用される必要はありません

 

重要なケーブルの長さにも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

室内アンテナを利用される際はケーブルを利

 

用してテレビと繋いでいるのでケーブルの長

 

さに関しては各メーカー事に大きく異なるの

 

で事前に調べておかれる事が重要になります。

 

またテレビのすぐ近くに設置される場合には

 

1.53m程度でも構わないですがある程度の

 

離れた場所に室内アンテナを設置される場合

 

で有れば長めの45mタイプがおすすめです

 

その他別売りの延長ケーブルもありますがこ

 

れだけで済むのには越した事はないので必ず

 

忘れないように確認をするようにして下さい。

 

スポンサーリンク

 

おすすめの室内アンテナ

 

こちらの項目からおすすめの室内アンテナ

の製品をお伝えをしていきたいと思います

また設置方法やデザイン等の種類の方も数多

くありますので御自身に合った室内アンテナ

を見つけられる参考製品として選んで下さい。

 

 

 

DXアンテナ

UHF室内アンテナ]

 

 

新設計のローノイズブースターに注目する

 

こちらは丸みあるスマートなフォルムがお洒

落なブースター内蔵室内地デジアンテナです。

 

また新設計のローノイズブースターを搭載し

ていますので同社の従来品寄りも受信性能が

向上している事が一番の特徴になりますので

すっきりとした省スペース設計で少しの場所

が有れば簡単に設置出来るのもポイントです。

 

その他にも仮にですがお部屋のスペースに余

り裕のない方であっても非常におすすめです。

 

 

 

◆マスプロ電工

[スカイウォーリー]

 

 

目立ちにくいカラーリングに注目をする

 

こちらは御自宅の壁にも馴染みやすいカラー

リングの展開で表面に反射を防ぐシボ加工が

施されている目立ちにくい平面アンテナです。

 

そして住宅壁面に取り付けをされたとして美

観を損ねないシルエットなのは嬉しいですね。

 

またボルトの抜き差しなしで取付可能な構造

を採用しているので簡単に設置が出来ますし

細かな取付作業が苦手な方にもおすすめです。

 

更には取り付けた後でも方向転換が可能で電

波が入りにくい場合も簡単に調整が出来ます。

 

 

 

◆日本アンテナ

[地デジアンテナ]

 

 

受信が安定するブースター機能に注目する

 

こちらは強・中・弱電界の地区向けの平面ア

ンテナでUHFブースター機能を搭載していま

すので地デジ放送の電波が弱い地域であって

も安定した受信を行えるのが魅力になります。

 

また室内設置用スタンドも付属していますの

で屋外又は屋内どちらでも使用可能ですので

例えばですが壁掛けフック穴を利用されれば

お部屋の壁にかけて設置される事も出来ます

がただ室内で利用される際には垂直偏波を受

信出来ない事は頭の中に入れておいて下さい。

 

 

 

DXアンテナ

UHF室内アンテナ]

 

 

コンパクトサイズの製品に注目をする

 

こちらは室内アンテナが欲しいけれど取り付

ける場所がないと言うような方におすすめな

のがDZアンテナの[デジキャッチミニ]です。

 

また約10cm角のミニサイズになるので市販

の丸ネジを利用されて壁面に設置される事も

可能である程度の場所で有れば問題ないです。

 

更には傾き調整クリップも搭載していますの

で受信面を090度まで無段階調整可能です。

 

その他にも調整された後にも固定される事も

出来るので最適な角度をキープしやすいです。

 

 

 

◆日本アンテナ

[ブースター内蔵室内アンテナ]

 

 

お洒落な地デジ用アンテナに注目をする

 

こちらの製品はスリムですっきりとしたデザ

イン性のスタイリッシュな室内アンテナです。

 

そして薄型テレビと並べて不自然な印象がな

くてインテリアを損ねないアンテナをお探し

の方にはおすすめでこちらは黒ですが白もあ

るのでお部屋のイメージに合わせて選べます。

 

またブースター内蔵タイプで増幅器も不要で

しかもRoHS指令に対応しているので環境へ

の影響を気にかけている方にもおすすめです。

 

 

 

pendoo

[室内アンテナ]

 

 

シンプルなデザインモデルにも注目をする

 

こちらの製品はテレビの近くに置くのはもち

ろんですがテレビの裏に隠して設置されたり

又は壁等に貼ったりも出来るペーパータイプ

の室内アンテナになりますのでシンプルなデ

ザインでお部屋のインテリアに馴染みやすく

いかにも家電と言う雰囲気になりにくいです。

 

また長さ4mのケーブルが付属されているので

テレビから離れた場所での設置も可能なので

テレビ本体付近寄りと電波を受信しやすい場

とこに設置される事も可能ですので薄型なが

らブースター搭載なのも嬉しいポイントです。

 

 

 

N NEWKOIN

[室内 HD テレビ アンテナ]

 

 

受信範囲が120kmの卓上タイプに注目

 

こちらの製品は開封接続チャンネルスキ

ャンの3ステップですぐに使い始められます。

 

そしてスリムなボディで卓上に置いても邪魔

にもならないので壁に設置する事も可能です。

 

また受信範囲が120kmと広くてブースターを

内蔵しているのも嬉しいポイントの一つで受

し範囲が狭いアンテナでは映りが悪いと言う

方には是非試して頂きたいアンテナ製品です。

 

その他5mケーブルが付属していたりとテレビ

から少し離れた場所にも置く事も出来たり又

は難しい組立や配線類等が不要なので室内ア

ンテナを初めて導入する方にもおすすめです。

 

 

 

XFTRE

[室内アンテナ]

 

 

広い受信範囲を実現したモデルに注目する

 

こちらの製品は薄型で設置場所等には困らな

いペーパータイプの室内アンテナになります

ので付属のケーブルの方も5mと言う長さで設

お場所をフレキシブルに決める事が出来ます。

 

そして高い壁等の手が届きにくい場所に設置

されたりする事もなので仮にですが小さいお

子様がいらしゃる御家庭にもおすすめですよ。

 

更には目立つ場所等に置きたくない場合には

テレビ本体の裏の壁に貼り付けても良いです。

 

その他にも受信範囲が100kmととても広くて

ブースターも内蔵されていますので電波の弱

い地域であって利用出来ますし又室内アンテ

ナを利用していてもテレビの映りがいまいち

良くないと言う方は注目のタイプの製品です。

 

 

 

Tinla

[室内アンテナ ポータブル]

 

 

動作利得30dBを取得しているので

中・弱電界での利用等にもおすすめ

 

こちらはTinla室内アンテナポータブルで受信

可能範囲が120kmと広いのが特徴になります。

 

またブースター内蔵なので動作利得が30dB

なので中・弱電界等でも十分に対応出来ます。

 

そしてテレビ以外でも利用出来る点も魅力の

一つなので3.5mm端子変換ケーブルを用意さ

れればスマートフォンやタブレット端末等の

デバイス用にされる事も出来ますしもちろん

御家庭用テレビ等でも問題なく利用可能です。

 

その他一見アンテナらしくないシンプルな見

た目も注目ポイントになりますのでいかにも

テレビ用のアンテナと言う印象を与えずに自

然に置いておけるのも製品の特徴になります。

 

 

 

最後に

 

今回は室内アンテナの選び方に

 

ついてお伝えをさせて頂きました。

 

最近の室内アンテナの利用傾向としては

 

ペーパーアンテナの非常に人気が高いです。

 

また下敷きのような薄いプラスチック製なの

 

で目立つ事もないので壁や窓等に貼り付けら

 

れるので設置スペースもほぼ必要ありません

 

今回の記事を御参考にされて御自身の用途に

 

ピッタリと合う製品を見つけて頂きたいです。

 

スポンサーリンク