おすすめのソイル【アクアリウムには欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのソイル【アクアリウムには欠かせないアイテム】

 

今回は黒土や鉱物等を加工して固めたアクア

 

リウムにには欠かせない『ソイル』にスポッ

 

トをあててお伝えをしていきたいと思います。

 

また『ソイル』は水草や熱帯魚の水槽にマッ

 

スポンサーリンク

 

チする底材の一つですがニッソーやジェック

 

ス等の色々なメーカーから商品が展開されて

 

いますが購入価格やタイプや様々になります。

 

ですのでいざ商品を選ぼうと思っても

 

扱いやすさや寿命等を基準にして考えると

 

どうしてもどのタイプを選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回はソイルの選び方について

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. ソイルの必要性とは?
  3. 水質安定を重視で選ぶなら『吸着タイプ』
  4. バクテリアが繁殖しやすい『栄養タイプ』にも注目する
  5. 寿命の長い『セラミック』にも注目する
  6. 通気性や掃除のしやすさ等も視野に入れて選ばれるなら『ノーマルタイプ』
  7. 水草の抜けにくさを重視される場合は『パウダータイプ』に注目
  8. 水槽に入れられる生体に寄ってソイルのpH等にも注目をして選ぶ
  9. おすすめのソイル
  10. 水槽の立ち上げと掃除のコツにも注目
  11. 水槽の置き場や見せ方にも注目をする
  12. 最後に

 

 

ソイルの必要性とは?

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回お伝えをさせて頂くソイルとは水草等を

 

育てる際に水槽の底に敷く粒状の土の事を指

 

していますが砂利やただの土では駄目なの?

 

と思う方もいるかも知れませんがソイルには

 

水草が育つ為に必要な栄養分が沢山含まれて

 

いて更には汚れを吸着する作用や水のpH値を

 

調整する働きも有り水質維持にも役立ちます。

 

これはソイルを使用される事で水を良好な状

 

態をキープ出来るのでアクアリウムでは必ず

 

と言って良い程使われているアイテムですよ。

 

また使用している内にソイルの栄養分は徐々

 

になくなっていって粒が崩れてはきますが交 

 

換時期は1年に1度程度でOKな商品もあります

 

のでその間継続的に栄養を供給してくれます。

 

その他にも使い方に多少の慣れやコツは必要

 

になってきますがアクアリウムを始めるので

 

有れば使わないと損とも言えるアイテムです。

 

 

 

ソイルの選び方

 

今回はおすすめのソイルの選ばれる上で重要

なポイントを各項目事にお伝えをしています。

 

 

 

ソイル求める効果や扱いやすさに注目をする

 

選ばれるソイルには吸着・栄養・セラミック

3つのタイプがありますがそれぞれ得られる

効果の他にも扱い方等も異なってくるので

御自身に合うソイルの商品を選んで下さいね。

 

 

 

水質安定を重視で選ぶなら『吸着タイプ』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ソイルのラインナップの中でも最もメジャー

 

な吸着タイプは生体にとって害となるアンモ

 

ニアや亜硝酸塩等の物質を吸着してくれます。

 

そして底面フィルターと併用されれば簡単に

 

安定した水質を作り出す事が出来るので初心

 

者の方にもおすすめですし水槽の立ち上げ等

 

も早く即日生体を導入できるものもあります。

 

ただ注意点として水槽の立ち上げから数週間

 

~数か月の間に水槽内の有害物質の濃度が高

 

まるブレイクと呼ばれる現象が起こる可能性

 

がありますので水槽の立ち上げからしっかり

 

とバクテリアを入れる等の対策をとられてい

 

ればこのような事態は避ける事が出来ますよ。

 

その他にもこまめな水替え等の対策も必要で

 

すのでこの点もしっかりと確認をして下さい。

 

バクテリアが繁殖しやすい

『栄養タイプ』にも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えば水草メインの水槽等には栄養豊富な土

 

から作られた栄養タイプのソイルが最適です。

 

また必要な栄養がソイルからどんどん放出さ

 

れて追肥なしでも水草がぐんぐん成長します。

 

更にはバクテリアが繁殖しやすく一度立ち上

 

げに成功すれば安定した水質を確保出来ます。

 

ただ注意点として立ち上げ際に大量のアンモ

 

ニア等が発生する場合があるので生体を導入

 

できるまでには時間がかかる傾向があります。

 

その他栄養濃度を考えて水換え回数を調整し

 

ないといけないので初心者には難しいので水

 

質の管理に慣れてきたら挑戦してみて下さい。

 

寿命の長い『セラミック』にも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

こちらの鉱物等の無機物を粉砕若しくは焼き

 

固めたセラミックタイプはソイルの交換頻度

 

を減らしたい方に非常におすすめになります。

 

また天然の土壌を固めた通常のソイルが半年

 

1年で交換が必要なのに対してセラミックタ

 

イプは粒が潰れない限りは長期間使えますよ。

 

更には多孔質なので丁寧に水槽を管理されれ

 

ばバクテリアもきちんと繁殖はしますがただ

 

注意点としてその他のソイルに比べて栄養や

 

吸着効果等は劣ってしまうので崩れにくさや

 

コスパ重視と言う方にはおすすめになります。

 

 

 

通水性や水草の抜けにくさ等に

も注目をして粒の大きさを選ぶ

 

数多くの方が迷ってしまうソイルの粒の大き

さですが見た目だけはでなく通水性や水草の

抜けにくさ等も注目をされて選んで下さいね。

 

 

 

通水性や掃除のしやすさ等も視野に

入れて選ばれるなら『ノーマルタイプ』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

こちらは粒がやや大きめのノーマルタイプの

 

場合は通水性が良いのが特徴の一つで底面フ

 

ィルターとの併用に適していますので吸着タ

 

イプで有れば寄り浄化力を発揮してくれます。

 

また粒の大きさは商品に寄って偏りがあるも

 

のの米粒大~5mm程度が一般的なので粒子が

 

大きいので崩れにくく長持ちする事に付け加

 

えて底面をプロホースで掃除をされる際にも

 

ソイルを吸いにくい点もメリットと言えます。

 

ただ注意点として小さい水槽ではソイルの存

 

在感が増して見た目が悪くなる可能性もある

 

ので30cmキューブ等の小さめの水槽寄りも

 

60cm程度の大きめの水槽にもおすすめです。

 

水草の抜けにくさを重視される

場合は『パウダータイプ』に注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

選ばれた粒の方が12mm程度と小さいパウ

 

ダータイプで有れば抜けやすい水草もしっか

 

りキャッチしてくれますので水草メインで抜

 

けにくさ重視されたいと思われる方は迷わず

 

パウダータイプを選ばれるのがおすすめです。

 

そして難点と言えば通水性がイマイチなので

 

底部分の水が循環しにくくコケが発生しやす

 

い事が挙げられるので気になる方はノーマル

 

タイプを敷いた上にパウダータイプを重ねる

 

等の粒の大きさの異なるソイルを併用されて

 

コケ対策にされるのも一つの方法になります。

 

ただ更に細かいスーパーパウダータイプもあ

 

りますのでこちらは見た目の好みが合うので

 

あれば検討をして頂きたいですが底面全体に

 

使用すると目詰まりしやすいので要注意です。

 

水槽に入れられる生体に寄って

ソイルのpH等にも注目をして選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

お伝えをさせて頂いてあるソイルには水槽内

 

pHを調整する役割もありますので水槽に入

 

れる生体に合ったソイルを選ばれる事で生体

 

へのストレスを寄り軽減させる事が出来ます。

 

そしてソイルのpHは中性~弱酸性が一般的で

 

すがほとんどの水草は弱酸性を好むので水草

 

のみの水槽であれば弱酸性一択で構いません。

 

その他別でグッピーやプラティ以外にも海水

 

魚等の弱アルカリ性を好む生体を入れる場合

 

には弱アルカリ性での水質維持が明記された

 

ソイルの商品を選ばれる事をおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

おすすめのソイル

 

ここからはおすすめのソイル商品

を各項目事にお伝えをしていきます。

 

 

 

◆ジェックス

[水草一番サンド]

 

 

ヨウリン酸や硫酸カリ配合

で有れば水草育成には最適

 

こちらのヨウリン酸や硫酸カリ等の水草育成

に適した成分を含んた栄養タイプのソイルで

有ればバクテリアが繁殖又は定着しやすいの

で透き通った美しい水環境作りに役立ちます。

 

そして水洗いの手間が不要なので届いたらす

ぐに使えると言うのも大きな魅力の一つです。

 

ECサイト等にはメダカと水草成長の両立が出

来て使い勝手が良いと言う声が見られました。

 

 

 

JUN

[プラチナソイル ノーマル]

 

 

吸着力が高く寄り綺麗な水質キープ!!

 

こちらのソイルは国産の天然黒土を採用して

いて手軽に透明感がある軟水を作れる以外に

安定した水質を長くキープ出来るのが特徴で

ECサイト等にも水を交換する回数が以前のソ

イル寄りも減ったとの声が見受けられました。

 

またリン酸のようなコケを発生させる物資を

吸着する力が高いのがポイントの一つで粒が

大きめなので稚エビが隠れやすいと言う事も

あってビーシュリンプの飼育にピッタリです。

 

 

 

◆寿工芸

[ドクターソイル]

 

 

特殊な製法で作られた高いろ過能力に注目

 

こちらのソイルは特殊な製法で作られていて

穴が多いので寄り高いろ過能力を発揮します。

 

そして水の入れ替えや水質調整の手間を減ら

してくれて簡単に弱酸性の水質を保てますよ。

 

またミネラルが配合されていますので栄養環

境を整えられるのもメリットの一つでもあり

ますがただフィルターを設置する必要があり

水洗いなしで使える点は非常に優れています。

 

その他にも水草の育成に付け加えてエンゼル

やエビの飼育にも非常に適している商品です。

 

 

 

◆マルカン

[ニッソー カスタムソイル]

 

 

ミネラルを放出して魚や水草等が

快適な環境を維持してくれる商品

 

こちらのソイルは天然鉱物のベントナイトが

水中にミネラルを放出するので魚の体調管理

であったり綺麗な軟水の維持等に役立ちます。

 

またにおいをとる能力に長けているので悪臭

が気になりやすい夏場には特に重宝しますよ。

 

更に硝化バクテリアの繁殖に適した形状で生

物による自然なろ過効果を得やすいのも特徴

の一つで粒自体も崩れにくいので入れ替えの

手間をなるべく省きたい方におすすめですよ。

 

 

 

◆ステラインターナショナル

[ステラパーフェクトソイル

クレアコンプリート パウダー]

 

 

自然と同じような環境が作れて

エビの飼育等にも適したソイル

 

こちらのタイプはビーシュリンプの飼育に適

した高性能なソイルて稚エビの生存率が高い

のはもちろん成長するのが早いのが特徴です。

 

また特に飼育初心者の方には心強いパートナ

ーとして大活躍をしてくれるのは間違いない

ですし使い始めてすぐに自然と同じような環

境を作れるのも大きな魅力の一つになります。

 

その他にもお伝えさせて頂いているのがパウ

ダータイプになりますがノーマルタイプも展

開されていますので寄り粗めのソイルをお探

しの方は是非合わせて確認をして見て下さい。

 

 

 

ジェックス

[ピュアソイル]

 

 

バクテリアが繁殖しやすくて

生き物や水草に優しいソイル

 

こちらの商品は天然素材の土を使用していて

魚やエビ等の生物はもちろんですが水草にも

優しいのが特徴の一つで水洗いする必要等が

なくセットするだけですぐに使えて便利です。

 

そして表面の細かな穴のおかげでバクテリア

が繁殖しやすいので初心者の方でも手軽に扱

えて安定した環境を作れそうなアイテムです。

 

その他にも粒の大きさは24mmと程良く幅

広い水槽等に合わせられるのもポイントです。

 

 

 

マーフィード

[コントロソイル]

 

 

不純物をしっかりと吸着してくれる

高い透明度をキープしてくれる商品

 

こちらの商品は原料に阿蘇の火山灰を採用し

ているので色素や黄ばみ等の不純物をしっか

りと吸着してくれて高い透明度を維持します。

 

またスタンダードな弱酸性対応タイプになる

ので水草やエビ等との相性も非常に良好です。

 

更にノーマルタイプなので粒が大きめで崩れ

にくく底面フィルターとしても重宝しますし

10L入りと大容量にはなるので特に大型の

水槽等を利用されている方にはおすすめです。

 

 

 

水槽の立ち上げと掃除のコツにも注目

 

 

では実際にアクアリウムが初心者の方にとっ

 

てソイルを上手に扱えるかどうかは不安要素

 

の一つだと思いますし仮にですが購入された

 

としても上手く使えるかどうか心配ですよね。

 

なのでそんな不安を解消される為にも立ち上

 

げやお手入れのコツ等をお伝えしていきます。

 

先ずソイルを使った水槽の立ち上げで最も重

 

要なのは水質が充分に安定してから生体を導

 

入される事ですが何時間で立ち上げ可能だと

 

記載があったとしても時間だけで判断せずに

 

必ず水質チェッカーでpH値を確認して下さい。

 

こちらのpH値に気をつけて水質が安定された

 

後はpHを傾ける作用のあるサンゴや貝殻を入

 

れないようにすれば安定した環境が作れます。

 

そして初心者の方が悩みがちなソイルの掃除

 

になりますがプロホース等でそっとゴミを吸

 

い出すように作業をされるが大切になります。

 

また優しく取り扱いをされればソイルの崩れ

 

を防いで寄り長持ちをさせる事が出来ますよ。

 

その他にもこれらのコツを押さえられればソ

 

イルでのアクアリウム作りはそれ程難しくは

 

ありませんので是非・挑戦をしてみて下さい。

 

水槽の置き場や見せ方にも注目をする

 

 

仮にですがこれからアクアリウムを始めよう

 

と思われている方でも水槽を設置される場所

 

等はもう既に考えられたりされていませんか?

 

綺麗なアクアリウムを作りをされるならきち

 

んと見えるよう置き場もしっかりと作ってお

 

きたいと思いますので水槽用棚にも注目です。

 

最後に

 

今回はおすすめのソイルの選び方に

 

ついてお伝えをさせて頂きました。

 

また一口に『ソイル』と言っても複数の

 

タイプの商品が数多く販売されていて

 

それぞれ使い方や作用等も異なります。

 

その中でも特に注意が必要なのが栄養系

 

ソイルで強力な分しっかり水換えを行う

 

のが大きな重要ポイントになってきます。

 

ですので記事を御参考にされながら御自身

 

だけの水槽作りに励んで頂きたいと思います。

 

スポンサーリンク