おすすめのソニーのビデオカメラ【2018年最新版】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのソニーのビデオカメラ【2018年最新版】

今回は高画質と高性能な

手ブレ補正を修正してくれる

ソニーのビデオカメラ』に

スポットをあてて

お伝えをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ビデオカメラを御使用になられる用途と

しては御家族の思い出を残したり

記念日の撮影をしたりするのに最適です。

また一口にビデオカメラと言っても

4Kシリーズやフルハイビジョンシリーズの

違いやその他にもプロジェクターの有無等の

購入する前にチェックをしておかないと

いけないポイントの方が数多くあるので

いざ製品を購入するとなっても

どの製品を選んだら良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回はソニーのビデオカメラの

選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. ソニーのビデオカメラの魅力とは?
  3. 画質の綺麗さを優先されるなら『4K映像』がおすすめ
  4. ズーム機能を重視される方には『フルハイビジョン』がおすすめ
  5. 映像や画質にこだわるなら『空間光学手ブレ補正』
  6. ビデオカメラの三脚を利用される方にも『光学式手ブレ補正』がおすすめ
  7. 動く被写体を確実に撮影するなら『オートフォーカス機能』がおすすめ
  8. 明るさや暗さにも対応してくれる『ビューファインダー』機能にも注目する
  9. 映像と共に『高音質機能』にも注目する
  10. 内蔵メモリやバッテリー容量にも注目する
  11. 最後に

■ソニーのビデオカメラの魅力とは?

https://www.sony.jp/

ソニーのビデオカメラの一番の

素晴らしさは『高画質映像』になります。

もちろんデジカメや一眼カメラ等で採用

されている精度の高い技術を取り入れて

いるので他メーカーの同製品では味わえ

ない映像の美しさを楽しむ事が出来ます。

また高精細でコントラストも美しい映像を

残せるのもソニーのビデオカメラならでは

なのて結婚式や大切な記念日等に残したい

撮影等をされるにはおすすめの製品です。

その他ソニーのビデオは手ブレ補正も

優れているので活発に動き回ったりする

お子さんの撮影にピッタリの製品です。

空間光学手ブレ補正の機能に関しては

今まで手ブレで悩まされている方等には

おすすめしたい機能の一つでもあります。

ビデオカメラの選び方

今回はソニーのビデオカメラの

選ばれるにあたっての重要な

ポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

ソニーのビデオカメラを選ばれる上で

まず初めにする事は『4Kシリーズ』

若しくは『ハイビジョンシリーズ』の

どちらかを選ばれる事でそれぞれの

特徴が異なるのでどちらの画質に

されるのかを選ぶようにして下さい。

■画質の綺麗さを優先されるなら

『4K映像』がおすすめ

https://www.sony.jp/

画質の綺麗さを重視している方は『4K』

対応のビデオカメラがおすすめです。

4K映像と言うのは

画素3,840×2,160の

高精細映像の事を言いますが

フルハイビジョンと言うのは

1,920×1,080と比べると

およそ4倍の精細さになります。

ソニーは元々画質の良さに定評のある

メーカーになるので綺麗な映像を長く

残しておきたい方にはおすすめになります。

それほど高画質にこだわりがなくて比較的

購入しやすい製品を検討される方には

4K映像になるとフルハイビジョンの製品

寄りも製品価格の方がかなり割高になって

しまうのであまりおすすめが出来ません。

また撮影をされたビデオカメラを再生する

テレビ等が4K映像に対応しているかどうかも

予め確認をしておくようにして下さい。

■ズーム機能を重視される方には

『フルハイビジョン』がおすすめ

https://www.sony.jp/

画質の綺麗さでは4Kには劣ってしまいますが

ズーム機能を優先される場合は

『フルハイビジョン』の方が優れています。

4Kの光学ズームに関しては

12~20倍にはなりますが

フルハイビジョンの場合だと30倍と

これだけ大きな差があるので

ズーム機能を優先される方は

フルハイビジョンのビデオカメラを

選ばれる事をおすすめします。

また学校の行事やピンポイントで

御自身のお子さんだけをズームして

撮影をされたい場合等には 

フルハイビジョンをおすすめします。

また先程もお伝えをさせて頂いた通り

4Kシリーズの製品寄りも

フルハイビジョンのタイプの方が

安く済むので高画質にあまり

こだわりが無いと言う方には

フルハイビジョンをおすすめします。

手ブレ補正にも注目する

ビデオカメラを撮影する際に

重要なポイントになるのは

画質と手ブレ補正機能になります。

今現在販売されているソニーの

ビデオカメラに搭載される手ブレ補正

機能は2種類あるのでそれぞれの

特徴をお伝えしていきたいと思います。

■映像や画質にこだわるなら

『空間光学手ブレ補正』

https://www.sony.jp/

ソニーの製品はメーカー独自の技術に

寄って手ブレを一番綺麗な状態で

維持してくれるのが追加機能の方が

『空間光学手ブレ補正』になります。

運動会でお子さんが活躍されている

撮影や活発に動く被写体等を撮影する

場合の他に記念日の大切な日には期待を

裏切らない綺麗な映像を記録してくれます。

『空間光学手ブレ補正』と言うのは

レンズ全体を中空に浮いているように

保ってカメラが揺れたとしてもレンズと

イメージセンサーが一つになっているので

揺れ等を吸収出来る仕組みになっています。

ですのでブレが大きかったりズームを

していたとしてもブレていない

映像を綺麗に撮影する事が出来ます。

スポンサーリンク

■ビデオカメラの三脚を利用される方にも

『光学式手ブレ補正』がおすすめ

https://www.sony.jp/

三脚を利用される方にはあまりで

手ブレは気にならないと思いますが

『光学式手ブレ補正』の追加機能を

搭載したビデオカメラの方がおすすめです。

『光学式手ブレ補正』の機能は

ズーム機能はあまり利用しないけど

よく動く被写体等を撮影する状況が

少ないという方にもおすすめになります。

補正力の強みとして上位機種に搭載される

『空間光学手ブレ補正』には凄さには

対応出来ていないですが電子式等の

シリーズ寄りは高い効果が期待出来ますが

1枚の手ブレ補正用のレンズを動かす仕組み

になっているのでブレが大きい場合や

ズームの際には補正の方がピッタリと

動かない場合もあるので注意をして下さい。

光学式手ブレ補正の

機能を搭載しているモデルは

4Kフラグシップ

4Kハイグレードモデル

軽量コンパクトモデル等に

追加機能として搭載されています。

製品の使いさすさから選ぶ

ビデオカメラをの撮影時に特に重要なのが

『画質』と『手ブレ補正』には

なりますがその他の基本的な機能に

ついてもお伝えをしていきたいと思います。

■動く被写体を確実に撮影するなら

『オートフォーカス機能』がおすすめ

https://www.sony.jp/

運動会や体育祭の他にスポーツ等の

活躍をされている姿をすぐに撮影されたい

場合は『オートフォーカス』機能を

搭載したモデルがおすすめになります。

ソニー製品には撮りたいと思われた

瞬間をなるべく外さないように素早く

被写体にピントを合わせてくれる

『ファストインテリジェントAF』

機能や撮影されたい被写体の全体を

認識してピントを合わせ続けてくれる

『ロックオンAF』等が搭載された

モデルのシリーズも販売されています。

オートフォーカス機能が搭載されている

モデルであれば素早く動く被写体も

確実に追従をして撮影してくれるので

撮影時にブレやボケと言ったような

心配が軽減されるので撮影シーンを

確実に撮りたい方にはおすすめになります。

■明るさや暗さにも対応してくれる

『ビューファインダー』機能にも注目する

https://www.sony.jp/

ビデオカメラを撮影される上で明るさや

暗さ等にも対応出来る機能があります。

仮にですが明るい場所で撮影をされる場合は

ビューファインダー付き機種がおすすめ。

日中や屋外等で撮影される際は画面の

モニターの方がどうしても見えづらくなって

しまうので撮影後に確認をすると上手く

撮影が出来なかったと言うような事に

ならないようにこのような機能があれば

被写体を直接確認することができます。

また暗い場所での撮影も可能になるので

暗い場所での撮影も視野に入れられる場合は

暗所撮影対応を選ぶようにして下さい。

仮に暗所に対応していない場合は少ない

光量ではピントが合わない事が大半ですが

暗所撮影対応のモデルであれば暗い場所での

撮影時にも綺麗な映像を残してくれます。

■映像と共に『高音質機能』にも注目する

https://www.sony.jp/

ソニー製品は映像だけでなく音声にも

非常に高い技術を持っているので

製品の中でもウォークマン等で培った

ソニーメーカー独自の音声技術は

ビデオカメラにも生かされています。

音質の綺麗さを重視される場合は

臨場感あふれる音響システムの

『5.1chサラウンドサウンドマイクロホン』

連動をして更なる音質で記録してくれます。

強い風が吹いているような場所でも

強風による影響を軽減してくれる

『自動風ノイズ低減』モデルもおすすめ

例えば野外の運動会や行事等で精一杯

応援をしながら撮影されたい場合には

どうしても撮影する人からの声は響いて

しまうのでそんな事を抑えると言う

『マイボイスキャンセリング』を

搭載しているモデルシリーズもあるので

音質にも細かくこだわりを持ちたい方には

非常におすすめの追加機能になります。

■内蔵メモリやバッテリー容量にも注目する

https://www.sony.jp/

ソニーのビデオカメラの大半のモデルは

ほとんどのモデルが64GBのメモリが

搭載されているので連続撮影時間等は

おおよそ約2~3時間程度の持ちは十分

キープ出来る内蔵メモリやバッテリー等は

標準装備されているので撮影時等は

あまり気にしなくても良いと思います。

また内蔵メモリは増設は可能なシリーズに

対しては予備バッテリーを追加される事で

長時間撮影も可能になるのでメモリの

多さや連続撮影時間等を重視される方には

画質や手ブレ補正の他にも御自身にとって

必要な機能が見えてきて納得した

モデルが手に入れられるようになります。

スポンサーリンク

■最後に

今回はソニーのビデオカメラの

選び方について

お伝えをさせて頂きました。

ソニー製品と言えば出来る限り

綺麗な映像で残せるのが最大の

魅力になるので今回の記事を

御参考にお気に入りの製品を

見つけて頂きたいと思います。