おすすめのスクレーパー【剥がしり若しくは取ったりする際には欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのスクレーパー【剥がしり若しくは取ったりする際には欠かせないアイテム】

今回はなかなか剥がれないステッカー若し

くはしつこい汚れを除去される際に非常に

役立つアイテム『スクレーパー』にスポット

をあててお伝えをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

また利用されるタイプに寄っては硬い金属の

サビやバリ除去も出来る便利なアイテムです。

ですがいざ製品を選ぼうと思っても細長のタ

イプから幅広のタイプまで種類が非常に豊富 

な上に刃の素材等も大きく異なってくるので

どのような基準で選んだら良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回はスクレーパーの選び方に

ついてお伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. 狭い溝に利用されるなら『ヘラタイプ』
  3. サビ落としを重視されるなら『幅広タイプ』
  4. ガラス汚れ落としには『3枚刃タイプ』
  5. 頑固な汚れ作業の場合には『ステンレス』
  6. 傷付けにくさ重視なら『プラスチック』
  7. バリ取りに利用されるなら『超硬刃』
  8. 仕上げ用に選ばれるなら『セラミック』
  9. 利用される頻繁が高い場合には『替刃式』
  10. フィット感重視なら柄は丸いタイプに注目
  11. 併用されれば更に効率が上がるアイテム
  12. 最後に

スクレーパーの選び方

https://www.amazon.co.jp/

今回はスクレーパーを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

先ずは3タイプの形状に注目して下さい。

そしえスクレーパーは大きく3つの形状に

分けられますがそれぞれに適した状況や

汚れ等があるので上手に使い分けて下さい。

狭い溝に利用されるなら『ヘラタイプ』

https://www.amazon.co.jp/

仮にですが写真のような細いタイプで狭い範

囲を削られる際に非常におすすめの形状です。

また窓枠サッシと言った狭い溝にも使えて比

較的力も入れやすい形状になっているので頑

固な汚れを落とす際も非常に便利に使えます。

そして幅広い刃のタイプの場所に寄っては突

起部分の面にぶつかる事もあったりするので

こちらを1つは揃えておくと役立って便利です。

サビ落としを重視されるなら『幅広タイプ』

https://www.amazon.co.jp/

こちらの『幅広タイプ』は扇形タイプとも呼

ばれていて刃先が広くなっているので壁や床

等の大きな範囲の汚れを一気に削り取れます。

またもしはじめの一本としてスクレーパーを

購入される場合には刃が広い方が効率的に作

業を進めれるので幅広タイプがおすすめです。

ただ幅広タイプには長方形の持ち手に長い刃

を取り付けたタイプもありますので長方形に

なっているタイプは一般的な幅広タイプ寄り

も刃が大きいので寄り広範囲を削り取れます。

ガラス汚れ落としには『3枚刃タイプ』

https://www.amazon.co.jp/

スクレーパー の中でも『3枚刃タイプ』にな

っているタイプは削る力が強くしつこい汚れ

であってもスムーズと楽々と除去が出来ます。

また用途としては窓の汚れ落としや金属のサ

ビ落としの他にもタイルの汚れ落とし等があ

りますがただしあまり力を掛けすぎて柔らか

い物に利用されたりすると傷がつきやすくな

ってしまいますので作業中は注意して下さい。

そして『3枚刃タイプ』は替刃になっている

タイプが多いので仮に刃がダメになってもす

ぐに替えられるので長く使えるのも特徴です。

素材の特徴にも注目をする

選ばれたスクレーパーの刃の素材に寄っても

特徴が変わりますので使い分けにも注目です。

頑固な汚れ作業の場合には『ステンレス』

https://www.amazon.co.jp/

 

スクレーパーの中でもステンレス素材は金属

なので非常に硬く頑固な汚れも削り取れます。

そしてまたステンレスは鉄とは違って錆びに

くいのですが長持ちすると言うメリットも有

り金属の中では比較的お手頃な価格で購入出

来て更にはコスパ等も良いのでおすすめです。

傷付けにくさ重視なら『プラスチック』

https://www.amazon.co.jp/

例えば車のボディに付いたステッカーを剥が

される場合は金属製のスクレーパーだと傷つ

けてしまうのであまりおすすめは出来ません。

そこで大活躍をしてくれるのがプラスチック

製のスクレーパーですがプラスチック製は柔

らかいので破損しやすい事が懸念されますが

替刃式になっているタイプなら問題なしです。

更に通常のプラスチック寄りも頑丈にしたカ

ーボンのタイプも販売されていますので利用

される目的に併せてこちらも押さえて下さい。

スポンサーリンク

バリ取りに利用されるなら『超硬刃』

https://www.amazon.co.jp/

スクレーパーの中でも切れ味が良くその他も

のタイプ寄りも鋭いものにはなるのでプラス

チックのバリ取り等にも利用される素材です。

またステンレスでもなかなか取れないような

汚れや作業効率を上げたい時におすすめです。

ただ注意点として切れ味を出される為に先端

部分が細くなっているので無理な負荷を加え

たりされて折らないようする注意が必要です。

そして購入をされる金額に関してはその他の

スクレーパー寄りも高い傾向にあるようです。

仕上げ用に選ばれるなら『セラミック』

https://www.amazon.co.jp/

スクレーパーの中でみセラミック製はダイヤ

モンドの次に硬い性質を持っているので汚れ

を寄り綺麗に除去できるのが特徴になります。

また自動車整備工場等ではパッキンの除去等

にも利用されてはいますがセラミックは錆び

る事がなく汚れにも強いので長持ちしますた

だ強い衝撃を与えてしまうと割れる場合があ 

るのめで落とさないように注意をして下さい。

利用される頻繁が高い場合には『替刃式』

https://www.amazon.co.jp/

例えば仕事等でも利用されたり利用頻度が高

い場合は『替刃式』のタイプがおすすめです。

また一体型の場合には仮に刃が欠けてしまっ

たりすると刃を全部交換しなくていけません。

ですが『替刃式』のタイプを利用されれば刃

先だけ交換をして変えられるので経済的です。

その他にも替刃式を購入される際には替刃の

入手しやすさについても確認をして下さいね。

フィット感重視なら柄は丸いタイプに注目

https://www.amazon.co.jp/

今回お伝えをさせて頂いているスクレーパー

だけではないですが工具類の柄の形状は作業

効率に関わる重要なポイントになってきます。

そしてまた色々な形状がありますが適度な丸

みを帯びていて手にフィットしやすいものが

作業される際には非常に効率的にはなるので

例えばですがラバー加工等がされている商品

で有れば滑りにくくより持ちやすくなります。

併用されれば更に効率が上がるアイテム

https://www.amazon.co.jp/

仮に頑固な汚れの除去だけでなくシールや接

着剤等の除去も行われる事が多い場合には接

 

着剤はがし液を一緒に使うのがおすすめです。

売れ筋のスクレーパーにも注目をする

御参考までにはなりますがスクレーパーを選

ばれる上でAmazonサイトや楽天サイトの他

にもYahoo!ショッピングサイト等の売れ筋商

品ランキングにも注目をされて選んで下さい。

Amazonサイト

楽天サイト

Yahoo!ショッピングサイト

スポンサーリンク

最後に 

今回はスクレーパーの選び方に

ついてお伝えをさせて頂きました。

そしてスクレーパーと言うのは意外と種類が

豊富な上に形状だけでなく刃の素材で等も利

用される用途に寄ってかなり変わりますので

是非・今回の記事を御参考にされて用途に合

った適切なスクレーパーを見つけて下さいね。