おすすめのスタンディングデスク【デスクの高さを自由自在に変えられるアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのスタンディングデスク【デスクの高さを自由自在に変えられるアイテム】

 

今回は立ったままでも仕事を効率良く出来る

 

ようにサポートしてくれるオフィスアイテム

 

『スタンディングデスク』にスポットを

 

あててお伝えをしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

『スタンディングデスク』が有れば集中力が

 

高まって更に腰痛や肩こりの予防になると非

 

常に人気が高くなっているデスクの一つです。

 

またメディア等でもスタンディングワークが

 

注目されるようになるにつれて専用デスクも

 

徐々に販売されるようになってきていますが

 

いざデスク製品を選ぼうと思っても数多くの

 

ラインナップのモデルが販売されているので

 

どのモデルを選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回はスタンディングデスクの選び方に

 

ついてお伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 立ちながらの作業を重視されて選ばれる場合には高さが『固定式』のモデル注目です
  3. 立ったり若しくは座ったり高さが自由自在に変えられる『昇降式』デスクに注目をする
  4. 既存の机に利用出来る『載せるタイプ』
  5. 調整幅や天板のサイズにも注目をする
  6. 運べる重さかどうかにも注目をする
  7. キャスター付きの製品にも注目をする
  8. ホルダーやケーブル穴のあるモデルのスタンディングデスクにも注目する
  9. 最後に

 

 

スタンディングデスクの選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回はスタンディングデスクを

選ばれる上で重要なポイントを

各項目事にお伝えをしていきます。

先ず始めにモデルに注目をして下さい。

そしてスタンディングデスクのシリーズに

は複数のモデルがありますのでそれぞれの

特徴事に注目をするようにして下さいね。

 

 

 

立ちながらの作業を重視されて選ばれる

場合には高さが『固定式』のモデル注目です

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

デスクの高さを特に高さを変える必要がない

 

場合は高さ固定式を選ぶようにして下さいね。

 

そして固定式のモデルは高さ約100cm程のタ

 

イプが大半になるので立ったままでの作業を

 

されるのには非常に適したサイズになります。

 

ただ注意点としてサイズ調整は出来ないので

 

高さの確認は入念にする必要はありますがお

 

手頃な価格で購入出来るのは強みになります。

 

立ったり若しくは座ったり高さが自由自在

に変えられる『昇降式』デスクに注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にですがスタンディングワーク用として購

 

入される場合には『昇降式』がおすすめです。

 

そして高さを一定範囲内で調整が出来るので

 

立つ場合と座る場合どちらでも対応出来ます。

 

また昇降式デスクの調整法には4つあります。

 

手動式やストッパー式の他にもガス式や電動

 

式等がありますが手動式の場合はハンドルが

 

あるのでそれをクルクルと回して調整します。

 

ストッパー式の場合も手動にはなりますがこ

 

ちらはストッパーを緩めて御自身で高さ調整

 

ゆ必要な分だけ出して調整する形になります。

 

更にガス式と電動式ならレバーを引くだけで

 

簡単に高さを変えられるのが特徴になります。

 

ガス式の場合はオフィスチェア等に良くある

 

ガス式昇降と同じ仕組みになっていて電動式

 

の場合にはモーターの力で高さを調整します、

 

その他にも購入金額と使い勝手のバランスを

 

考えられると一番は『ガス式』だと思います。

 

電動式モデルの場合には高さを記憶してくれ

 

ると言った機能が搭載されているような構造

 

が複雑なタイプで有れば軽く10万円を超えて

 

しまうのが当たり前になるのでデスクの高さ

 

は固定にされたままの方が良いとは思います。

 

スポンサーリンク

 

既存の机に利用出来る『載せるタイプ』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えばですが御自宅にある机を台として利用

 

される場合には載せるタイプがおすすめです。

 

そしてこちらの製品シリーズは机の上にデス

 

クを載せて高さをかさ上げされてちょうど立

 

ったまま作業しやすいサイズにしてくれます。

 

またこのようなタイプにはただ載せるだけで

 

なくクランプ等で固定できる製品もあります。

 

更にデスクに重みがあってもズレる事はあり

 

ませんが寄り安定感を重視されて購入をされ

 

るならしっかりと固定できるものが良いです。

 

調整幅や天板のサイズにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

選ばれた昇降式のスタンディングデスクに関

 

しては各メーカー事に高さの調整幅がかなり

 

異なる場合が多いので御自身の身長や用途に

 

合わせて適切なものを選ばないといけません。

 

そして仮にパソコンを利用される場合にはキ

 

ーボードの入力がやりやすい高さで考えてお

 

く必要があったり又は脇を締めて真っすぐに

 

立った状態のちょうど肘くらいの高さが良か

 

ったり更にこれより高すぎてしまうと少し手

 

を持ち上げないとタイピング出来ない事にな

 

って低くてもキーボードに届かなくなります。

 

また同様に天板のサイズに関しても考えてお

 

かないといけないのがノートパソコン1台だけ

 

を載せるなら幅60cm位でも構いませんが別

 

にディスプレイモニターを2台程設置される

 

場合は横幅120cm位がないと厳しい部分も出

 

てきますので作業環境等に合わせて適切な調

 

整幅やサイズの製品モデルを選んで下さいね。

 

運べる重さかどうかにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

スタンディングデスクに関しては大体12kg位 

 

のモデルが多くなっていますが一部の製品の

 

中には30kgを超える大型のタイプもあります。

 

そしてこれ位の重さになると女性や年配の方

 

なら玄関から部屋まで運ぶのも一苦労ですね。

 

なので天板の材質や昇降方式の違いに寄って

 

も重さかなり異なってきますのでしっかり確

 

認をされて入れば届いた際も問題ありません。

 

キャスター付きの製品にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

利用される机の位置を頻繁なや変更をされる

 

ような利用方法をされている場合にはデスク

 

を選ばれる上でキャスターの有無も重要です。

 

そしてスタンディングデスクはモデルに寄っ

 

ては40kgを超える重量級のモデルもあるので

 

さすがにこれだけ重いと女性の方や年配の方

 

には移動をされると言うのは難しいですよね。

 

ですがキャスター付きデスクを利用されれば

 

重たいタイプでも軽い力ですぐに動かせますよ

 

ホルダーやケーブル穴のあるモデル

のスタンディングデスクにも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

利用されるデスクにパソコン等を載せて使用

 

されるとどうしてもケーブル類で見た目の方

 

がゴチャゴチャになってしまう事が多いので

 

出来るだけケーブル類等をすっきりとさせた

 

場合には電源タップを載せるホルダーやケー

 

ブルを通す穴が付いているモデルに注目です。

 

そして配線類が多かったとしても収納してす

 

っきりと片付くので作業しやすくなりますよ。

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はスタンディングデスクの選び方

 

についてお伝えをさせて頂きました。

 

スタンディングデスクを利用される事が出来

 

れば立って仕事をされる事で集中出来て更に

 

は腰痛や肩こりの予防にもなると数年前から

 

話題になっているオフィスデスクの一つです。

 

そして近年では選び方の中でお伝えをさせて

 

頂いた色々なモデルが販売されていますので

 

今回の記事を御参考にされて御自身に合った

 

スタンディングデスクを是非見つけて下さい。