おすすめの縮毛矯正剤【市販タイプにも注目をする】2022年度版 – 情報秘密基地ブログ

おすすめの縮毛矯正剤【市販タイプにも注目をする】2022年度版


@編集部

こんにちは。
今回お届けする記事は「おすすめの縮毛矯正剤【市販タイプにも注目をする】2022年度版」です。ではどうぞ!


 

仮にですがくせ毛を矯正したいけれど美容院に行く時間も出来ないししかも料金も高いとお悩みの方におすすめなのが市販縮毛矯正剤です。また忙しくても御自宅で簡単に綺麗なストレートにできると非常に大人気です更に通販で購入をされるさらべネゼル・プロカリテ・ミルボンの以外にサロンでも実際に使用している業務用の縮毛矯正剤も手軽に購入する事が可能です。

スポンサーリンク

ですので今回は市販の縮毛矯正剤を選ばれる際の注目ポイントと一緒に通販で購入可能なおすすめの商品を各項目事にお伝えをしていきます。記事の最後には失敗をしないセルフ縮毛矯正のコツもお伝えをしていきますので

早速気になる商品を購入されてさらさらのストレートヘアに変身をして下さいね。

 

  1. 目次
  2. 過酸化水素ならヘアカラーの退色が少なく軽い仕上りになる
  3. 臭素酸ナトリウムならコシのある仕上がりにもなる
  4. ハードな直毛の場合にはアイロンが必須
  5. アイロン不要なら自然な仕上がりになる
  6. ショートヘアなら50gを目安にする
  7. ミディアムヘアなら80g前後を目安にする
  8. ロングヘアなら100g以上を目安にする
  9. 液剤の残りを保存出来る容器にも注目する
  10. おすすめの縮毛矯正剤【市販タイプ】
  11. 失敗をしないセルフ縮毛矯正のコツとは?
  12. 機能性抜群のヘアアイロンにも注目をする

 

 

縮毛矯正剤の選び方

例えばですが御自宅で縮毛矯正が出来れば良いかなと思われる反面・難しそうだと思われて二の足を踏まれていたりしませんか?今回の記事の中で市販の縮毛矯正剤を賢く選ばれる為のポイントをしっかりと押さえられて御自身にピッタリの商品を見つけて下さいね。

 

理想の仕上がりを重視される場合

には2剤の選び方が重要なポイント

選ばれる縮毛矯正剤は1剤で毛髪を軟化させて2剤で定着する役割を持っています。また1剤を塗布されて洗い流されてから更に2剤を塗布されると言う流れで使用していきます。そして縮毛矯正剤で使用される2剤は[過酸化水素]と[臭素酸ナトリウム]の2つになりますのでそれぞれ異なる2種類の特徴を押さえて理想の仕上がりを手に入れて下さい。

 

過酸化水素ならヘアカラーの

退色が少なく軽い仕上りになる

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

縮毛矯正剤の過酸化水素の2剤は素早く反応してしまうので短い時間で施術する事が可能です。また反応後は成分が残りにくいので仕上がりが軽いのが大きな特徴です。更にヘアカラーの退色が比較的少ないのでカラーを併用されている方にもおすすめですがただ温められてしまうと過剰に酸化反応してしまって髪を傷める原因になりますので注意が必要になります。

 

臭素酸ナトリウムなら

コシのある仕上がりにもなる

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

縮毛矯正剤の臭素酸ナトリウムは髪にコシが出るので過酸化水素より仕上がりの状態が良く見える事が一番のメリットになりますが反応速度が緩やかになるので過酸化水素と比べれば施術時間が長くかかってしまうのが難点になります。

 

そしてヘアカラーが退色しやすいので施術前と施術後に髪の色の変化が気になってしまう事もありますので選ばれる商品に寄っては薬剤特有の匂いが若干気になるかもしれません

 

アイロンが必要又は不要にも注目をする

仮に薬剤の2剤以外にも仕上がりを左右するのが施術工程の途中に使用するヘアアイロンの必要性です。また御自身の髪質も考慮されてアイロンが必要なのかどうかもしっかりと考えられてから選ばれると失敗が少ないです。

 

ハードな直毛の場合にはアイロンが必須

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えばですがクセを完全に伸ばしたい場合にはヘアアイロンを利用されるタイプがおすすめです。また1剤を流した後に熱を使ってストレートに伸ばされる事で真っ直ぐな状態で2剤が定着しやすくなり寄りサラサラなストレートヘアに仕上げてくれます。

 

またその分髪が傷んでしまうというリスクは避けられなくなってはしまいますがクセの強い方やハードな直毛を求める方で有ればヘアアイロンを利用されるタイプがおすすめです

 

アイロン不要なら自然な仕上がりになる

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

縮毛矯正剤のタイプでヘアアイロン不要の縮毛矯正剤なら仕上がりが自然な状態で必要以上に髪を傷める心配等がなくなります。そして不要と言ってもコームで伸ばしながら行うのである程度真っ直ぐにする事も出来ます。

 

またクセが軽めの方や真っ直ぐで不自然な直毛を好まない方にもおすすめでヘアアイロンを利用されない分面倒な手間がかからないのが大きな魅力にはなります。

 

髪の長さに合った容量を選ぼう

今現在の髪の毛の長さに寄っても必要な薬剤の量が異なってくるので御自身のヘアスタイルに必要な量をしっかり把握された上で購入される失敗を防ぐ事が出来ます。

 

ショートヘアなら50gを目安にする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

御自身の毛量の多さに寄っても変わってきたりもしますがごく一般的なのショートヘアで有れば50g程度を目安に購入をして下さい。またベネゼルやプロカリテ等の縮毛矯正剤はショートヘア用で1剤又は2剤共に50gずつ入っていますのでショートヘア1回分にも丁度良い容量になっているのもポイントです。

 

その他にも前髪部分だけの部分的な使い方をされてたい場合にも非常に便利ですよ。

 

ミディアムヘアなら80g前後を目安にする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にですが肩に少し触れる程度のミディアムヘアの場合にはショートヘア寄りも若干多い80g前後が必要になりますがただ毛量や長さに寄って利用される量は変わってきますが実はミディアムヘア用の市販用の縮毛矯正剤はほとんどないのが現状になります。

 

ですので例えばですが毛量の少ない方ならショートヘア用でも十分足りると思いますが薬剤の塗布量が少ないとかかりにくくなってしまう可能性も考えられるので出来ればロングヘア用を購入されておくと無難です。

 

ロングヘアなら100g以上を目安にする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

御自身がロングヘアなら縮毛矯正剤も12剤共に100g以上は準備しておいて下さい。また市販のロングヘア用サイズなら十分な量が入っているとは思いますが万が一の為にも2箱用意しておく方が良いと思います。

 

そして特に2剤は塗りムラがあると思うような仕上がりにはならないのでたっぷりと塗布出来る量を予め用意をしておいて下さい。

 

液剤の残りを保存出来る容器にも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えばですが1回分を上手に丁度使い切ると言う事が出来れば一番理想的だと思いますが毛量は個人に寄っても異なります。ですので仮に前髪だけの部分的な施術の場合だとかなりの量が残ってしまう事もあるのでせっかく購入をしたので捨てるのはやはり少しもったいないですよね。

なのでそんな場合には残りがとっておける容器だと次回にも利用できて便利ですし開封後も再度フタが閉められる容器なら経済的です

スポンサーリンク

おすすめの縮毛矯正剤【市販タイプ】

ここからはおすすめの縮毛矯正剤【市販タイプ】を各項目事にお伝えをしていきたいと思います。

 

資生堂プロフェッショナル

[クリスタライジングストレート]


プロの仕上がりを目指せる商品に注目をする

 

こちらはスキンケアメーカーとしてのノウハウが凝縮された一般的なサロンでも利用されている商品です。また1剤と2剤がセットになっていて1剤では縮毛をしっかりと伸ばして2剤でしなやかに仕上げます。

 

更にヒアルロン酸や椿オイル等の保湿成分も配合されているのも大きな特徴の一つになります。

 

その他にもクセを伸ばしてうるおいとなめらかさのあるストレートヘアを理想とされる場合には是非・こちらの商品をチェックして下さい。

 

アズスタイル

[リファイン ストレートH プラス]


見違えるようなツヤ髪に大変身!!

 

こちらのタイプは御自宅でも手軽に使えるのはもちろんですがサロンでも使われている本格派の商品になります。

 

またヒートプロテインやハーブエキス等の髪に対する補正成分を配合していますが使いきりやすい小型のサイズ感にもなっていますので仮に万が一余っても保管が可能なチューブタイプになります。

 

その他にもサロン仕上げのようなさらさらヘアを目指していきたいと思われる方は是非・手に取ってみては如何でしょうか?

 

ビー・エス・ピー

[ナプラ HB スプリュース ストレート H


くせの強い毛を自然にまとめてくれて

ストレートヘアにも導いてくれる商品

 

こちらは強いくせ毛又は健康毛に対応するハードタイプになっていてシアバター・L-アルギニン・ハーブエキス等の天然由来成分を配合していてまとまるしなやかな髪に導きます

 

また縮毛矯正特有のパサつきが出にくく柔らかさのある自然な仕上がりが魅力になります

 

その他にもパサつきを抑えたい方であったり頑固なくせ毛で髪がまとまりにくい方で有れば是非・手にとってみては如何でしょうか?

 

ミルボン

[ネオリシオ SH


カラーリングであったりヘアアイロンで

ヘアスタイルを楽しみたい方におすすめ

 

こちらは熱でクセをしっかり伸ばしつつ熱ダメージを防いで独自のソフトプロテイン理論を採用した1剤になります。またナチュラル感のある柔らかく扱いやすい髪を叶えます。

 

そして繰り返し利用されたとしても柔らかさがキープ出来るのが大きなポイントです。

 

更には矯正をされて色々なヘアアレンジを楽しみたい言う方には非常におすすめです。

 

ミルボン

[ネオリシオ H


熱からのダメージからしっかりと守って

しなやかに仕上がる健康な毛向けの商品

 

こちらは扱いやすい柔らかな髪に仕上がる健康毛向けの1剤で熱でクセを伸ばしながらもダメージを抑える凝集抑制テクノロジー等を採用しています。

 

またアセチルグルコサミン・オレイン酸フィトステリル等の毛髪保護成分も配合しています。

 

その他にもアイロンに寄る熱ダメージが気になる方であったり軽やかなストレートヘアに憧れる方は是非・チェックをしてみて下さい

 

ビー・エス・ピー

[フェーヴ ストレート

SH スーパーハードタイプ]


5種類の天然オイルと

3種類のPPTにも注目

 

こちらは5種類の天然オイルを配合していて大豆・シルク・ケラチンの3種類のPPTを加えているのでパサ付きやダメージを抑えます。

 

また髪の部位やクセの度合い等にも合わせて2つのバリエーションにも対応をしているこちらは強いクセにも対応するスーパーハードタイプです。

 

その他にもヘアケア商品を使い慣れている方であったり又は髪等をじっくりいたわりたい方は是非・試してみて下さいね。

 

ダリヤ

[ベネゼル 縮毛矯正

セット ショートヘア・部分用]


アイロンが不要なタイプにも注目をする

 

こちらはチオグリコール酸塩と水分バランス調整成分のシステイン誘導体を配合しています。

 

また高分子シリコンが湿気をブロックしてくれて雨の日等の広がりを軽減してくれます。またアイロン不要で付属のブラシでとかすだけで簡単に使えるのもメリットです。

 

その他にも御自身で初めて縮毛矯正剤を使うなら候補の一つとして入れてみて下さいね。

 

ムコタ

SNB オペラ N


パーマ液特有の臭いが少ないタイプ!!

 

こちらはホホバオイル・シアバター・ヒマシオイル・CMC成分等が髪の硬化を防ぎながらも柔らかい仕上がりを実現してくれます。

 

そして毛髪脂質成分を使ったクリーム基材を採用する事でアイロンの熱から髪を守ります

 

またパーマ液独特のツンとした臭いが少ないのも大きなポイントにはなります。

 

更に縮毛矯正剤の臭いが苦手な方や小さなお子さまやペットがいる御家庭におすすめです

 

ウテナ

[プロカリテ 縮毛矯正セット]


独自の(4STEP)でツヤのある

サラサラヘアへと変えれてくれる

 

こちらは1剤又は2剤の後に2つのスペシャルケア剤を利用する独自の4段階ステップが特徴になります。

 

またじんわりとあたたかくなるホットアイロンマニキュアがしなやかな髪に導いてくれてストレートコート成分配合のスムースキープエッセンスがさらさらの髪をキープしてくれます。そして1剤又は2剤共に100gずつ入ったロング用になります。

 

その他にもストレートヘアを寄り長くキープされたい方であったり頑固なくせ毛等をどうにかされたい方にはうってつけになります。

 

ルノン化学研究所

[ルノン ハード&リタッチ]


クリーム状にもなっているので

液だれがしにくい商品にも注目

 

こちらはこれ1つで縮毛矯正もデジタルパーマもどちらも可能なのが特徴になります。

 

そしてなめらかなクリーム状になっているので液だれもしなくてくせがある部分にだけにも塗りやすいです。

 

また2剤にはヒートプロテインを配合しているので仕上げにアイロンをかける事で寄りつややかなストレートヘアに変化をさせてくれます。

 

その他くせが気になる部分にピンポイントで利用されたい方や御自宅等でも手軽に髪形を変えたいと思われる方にももってこいです。

 

失敗をしないセルフ縮毛矯正のコツとは?

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にですが縮毛矯正を御自身で行って失敗してしまった経験をされた方は[1剤塗布後の軟化が不十分だったかもしれない][へアアイロンが丁寧に出来なかった][2剤の塗布量が足りていなかったかもしれない][縮毛矯正後の48時間以内に早く髪を洗ってしまった]と言うような事が原因だったのではないでしょうか?また理想通りのストレートヘアを手にされる為に軟化がしっかりと出来ているのかを確認されて少量ずつ毛束をとられて丁寧にへアアイロンされてから2剤を満遍なく塗られる事が非常に重要になります。そして必要に応じて前後の処理剤も併用するようにして下さい。


その他にも縮毛矯正が定着するまでにはかなり時間がかかるので少なくとも当日の夜はシャンプーを控えられて23日は髪を結ぶのも避けられた方が無難になります。以上の点等しっかりを守って行われればセルフ縮毛矯正で失敗される事はきっと無いと思います。

 

機能性抜群のヘアアイロンにも注目をする


最後に今回お伝えをさせて頂いた縮毛矯正の仕上げにはもちろんですが日常的なスタイリングにも大活躍してくれるヘアアイロンからも目が離せないので是非・御自身にピッタリのヘアアイロンを手に入れてみて下さいね。

スポンサーリンク





関連記事はこちら



  • 急上昇ワード



    • ダミーバナー広告_001
    • ダミーバナー広告_002
    • ダミーバナー広告_003
    • ダミーバナー広告_004
    • ダミーバナー広告_006
    • ダミーバナー広告_006
    • ダミーバナー広告_007
    • ダミーバナー広告_008
    • ダミーバナー広告_009
    • ダミーバナー広告_010
    • ダミーバナー広告_001
    • ダミーバナー広告_002
    • ダミーバナー広告_003
    • ダミーバナー広告_004
    • ダミーバナー広告_006
    • ダミーバナー広告_006
    • ダミーバナー広告_007
    • ダミーバナー広告_008
    • ダミーバナー広告_009
    • ダミーバナー広告_010





    色々な家電製品や便利グッズ等を配信していきます。



    © 情報秘密基地ブログ.
    Created by Co., Ltd afi-support.com
    ページトップへ戻る
    ページトップへ戻る