おすすめの収納付きベッド【チェスト式や跳ね上げ式シリーズ】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの収納付きベッド【チェスト式や跳ね上げ式シリーズ】

今回は床板下の部分に収納スペースを

搭載している収納付きベッドにスポットを

あててお伝えをしていきたいと思います。

一口に収納付きベッドと言っても荷物が

スポンサーリンク

多くなってしまう方には非常におすすめ。

家具の中シリーズの中でもベッドと言えば

大型家具の一つにはなりますがベッドに

収納スペースがあれば有効活用出来ますが

収納付きベッドには色々なタイプのものが

あるのでいざ製品を選ぼうと思っても

どの製品を選んだ良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回は収納付きベッドの

選び方について

お伝えしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. 基本的なデザイン性を重視されるなら『スタンダード』シリーズがおすすめ
  3. 収納力を量を優先されるなら『チェスト組み込み』シリーズがおすすめ
  4. 大きいもの長いもの収納されるなら『跳ね上げ式』シリーズがおすすめ
  5. 引き出しの構造を把握する
  6. 内寸や容量も必ずチェックをしよう
  7. 複数台のベッドを組み合わせたりする際にサイズ選びが最重要ポイント
  8. 組み立ての作業レベルも把握する
  9. 収納付きベッドを利用されるなら湿気やカビ対策も大事なポイント
  10. 最後に

ベッドの選び方

今回は収納付きベッドを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

収納付きベッドは収納量や生活サイクル

に合わせて収納方式が3つに分類

されるのでそれぞれの生活サイクルに

あった製品を選ぶようにして下さい。

■基本的なデザイン性を重視されるなら

『スタンダード』シリーズがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

収納付きベッドシリーズの中でも

スタンダードシリーズはベッドの下に

2~3杯の引き出しを備えたタイプです。

収納量はそれ程多くはないですが一般的な

高さのベッドのシリーズになるので床板下

スペースを有効活用したい方におすすめ。

またベッドの配置場所に寄っては左右の

どちらからのサイドからでも引き出しを

取り付ける事が出来るのがほとんどです。

スタンダードシリーズは非常に人気が

高くてかなり人気のあるタイプなので

製品数も非常に豊富で様々なデザイン性の

ものや色々な色合いのラインナップから

選べるのも魅力の一つになるシリーズです。

■収納力を量を優先されるなら

『チェスト組み込み』シリーズがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

ベッドを選ばれる際に収納力を一番に

優先をしてチェストみたいに引き出しを

取り入れているシリーズがおすすめです。

ベッドのイメージとしてはベッドとタンス

とが一つになっているもので大幅な収納

スペースが欲しい方にもおすすめです。

チェストが組み込まれているシリーズは

4~6杯の引き出しの他にも床板下にも収納

スペースを搭載した製品も多いのが特徴です。

スーツケースや扇風機のようなスペースを

使うようなものでもすっぽり収納出来ます。

ベッド1台で押入れのような収納力がある

のは生活をされる上でも非常に便利です。

一つ気になる点として床板が普通のベッド

のサイズ寄りも大分高くなってしまう点に

関しては利用用途合わせて購入して下さい。

またマットレスを選ばれる際にもサイズ制限

が出てくると思うので小さなお子さんや 

御年配の方には少し不向きかも知れません。

スポンサーリンク

■大きいもの長いもの収納されるなら

『跳ね上げ式』シリーズがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

例えばですがゴルフバッグやスキー板の

他にも絨毯等のように長い荷物等を

収納されたい方におすすめしたいのが

跳ね上げ式タイプベッドになります。

跳ね上げ式はベッドの床板下が丸々一つの

収納スペースになっているので大きい荷物を

収納出来るのが一番の特徴でもあります。

また跳ね上げ式のベッドではガス圧式の

ダンパーを採用している事が多いので

軽い力で開閉できるのも大きな特徴です。

更に跳ね上げ式のベッドであっても

女性の方でも扱いやすい製品が大半です。

床板を上にあげて開閉するのでベッドの周り

に収納スペースがなくても利用出来るので

仮に狭い部屋だったとしてもおすすめです。

こちらのシリーズは跳ね上げ式になるので

状況に寄ってはお子さんが入り込んでしまう

ような事になれば閉じ込められてしまう

危険性がある点には十分注意をして下さい。

ベッドのタイプに寄って見極めたい

ポイントをチェックして把握する

ベッドの中でも特にスタンダードモデルと

チェストモデルのタイプから選ばれる

際には引き出し部分の構造がどうなって

いるのかが一番の重要チェックポイントに

なるので各項目事にお伝えをしていきます。

■引き出しの構造を把握する

https://www.amazon.co.jp/

引き出しタイプの収納ベッドの種類には

引き出しと枠部分が一体化になった

『ボックス構造』を採用している

タイプと床板下に引き出しの単体の

パーツがはめ込まれているだけの

通常のタイプの2種類があります。

『ボックス構造』のタイプは頑丈で

ほこりが入りにくいのが特徴になります。

購入金額は高めにはなってしまいますが

製品の中には引き出し部分だけを単体で

利用できる製品のラインナップもあります。

また引き出し部分は完成品で配送される事が

多いので組み立て作業も無しスムーズです。

通常のタイプのモデルは比較的購入金額は

かなり安く抑えられるのが特徴になります。

通常のタイプのモデルは購入金額が安い分

組み立て作業が大変にはなりますがコスト

重視を最優先される方にはおすすめです。

■内寸や容量も必ずチェックをしよう

https://www.amazon.co.jp/

収納メインで考えられるのであれば特に

チェストタイプなら深さ8~10cm等の

通常の浅型タイプだけでなく深型の 

引き出しを搭載しているモデルもあるので

引き出しの内寸や容量に関してはしっかり

と把握しておきたいポイントになります。 

例えば今現在利用されているタンスの

引き出しを参考にされて選ばれるのも

良いですが本やカバンの他にも洋服等の

収納されたい物がある程度決まっている

のであれば収納する物のサイズに合わせて

選ばれたり予めサイズを測っておいてから

購入をされれば失敗する事も無いですね。

■複数台のベッドを組み合わせたり

する際にサイズ選びが最重要ポイント

https://www.amazon.co.jp/

仮に収納付きベッドを複数購入をされて

組み合わせをして利用される場合に一番

重要になってくるのがサイズ選びです。

ベッドのシリーズの中でも特にクィーンや

キングサイズ相当すふベッドにされるなら

セミシングルやシングルを2つ組み合わせて

ベッドを作られるのが一般的になります。

また跳ね上げ式と引き出しタイプの

収納付きベッドと組み合わせられれば

ベッドの一方を壁に付けてしまっても収納

スペースを無駄なく利用する事が出来ます。

ベッドの一般的なサイズに関しては

セミシングルが幅約80cm

シングルが幅100cm

セミダブルなら120cm程で

ダブルで約140cmとなっているので

購入の目安にして頂きたいと思います。

■組み立ての作業レベルも把握する

https://www.amazon.co.jp/

ネット販売されている収納付きベッドの

大半は御自身でパーツを組み立てて作る

『完全組立品』の場合が多いので

購入価格もも比較的安くはなっていますが

作業にかかる時間が大幅にかかって 

しまったり耐久性等にも問題が出てしまう

場合もあるので注意が必要になります。

また販売サイトのシリーズの中には

『組み立てサービス』を用意している

ショップもあるので御必要であれば 

こちらの利用するのも有りだと思います。

製品のシリーズに寄ってはヘッドボードや

引き出し部分が完成した形で届いたり

組み立てが簡単な『半完成品』の 

シリーズもラインナップとしてあるので

ネットの口コミやサイト情報を基準に 

製品を選ばれるのもおすすめになります。

ベッドのシリーズの中でもガス圧跳ね上げ式

ベッドの場合は構造が複雑になるので

業者による組み立てが必ず必要なります。

仮に作業工賃を抑えようとして御自身で

組み立てたりされると思わぬ事故の

原因にもなりかねないので必ず組み立て

サービスを利用されるようにして下さい。

■収納付きベッドを利用される

なら湿気やカビ対策も大事なポイント

https://www.amazon.co.jp/

季節の寄っては収納ベッドを利用されて

いるとベッド下への通気が悪くて

収納空間に湿気がこもりがちになります。

また寝ている間にかいた汗等を吸収して

収納スペースにも湿気がこもってしまう

場合があるので湿気対策は必須になります

対応策としては寝室の窓を開けて

こまめに換気をされたり収納空間を

定期的に開閉して部屋内にこもった

湿気を逃がしたり除湿シートを

利用される方法をおすすめします。

特に梅雨時等はカビが発生してしまう 

可能性が高いので十分注意して下さい。

スポンサーリンク

■最後に

今回は収納付きベッドの

選び方について

お伝えをさせて頂きました。

収納付きベッドは日本人に合った

寝具であり収納家具になります。

タンスやクローゼットに

収納出来なかった荷物や

衣類もベッド下にも綺麗に

収まるので快適な空間作りが

出来るようになります。

今回の記事を御参考にお気に入りの

製品を見つけて頂きたいと思います。