おすすめのタニタの体組成計【健康管理に欠かせない計測機器】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのタニタの体組成計【健康管理に欠かせない計測機器】

 

今回は『健康管理』言う観点から

 

数多くの計測機器を販売している

 

『タニタ』メーカーは医療機器等に

 

使用されているような精度の高い計測が

 

出来る体組成計等を販売しています。

 

スポンサーリンク

 

また一口に体組成計と言っても

 

購入価格の手の届きやすいものから

 

高性能な製品のラインナップまで

 

幅広く発売されているので

 

いざ購入しようと思っても

 

どの製品を選んだら良いのかか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回はタニタの体組成計の

 

選び方について 

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

 

  1. 目次
  2. 体組成計の良さは?
  3. 基本的な項目を計測されるなら『両足測定』モデルがおすすめ
  4. 高機能で数多くの項目を計測をされたい方におすすめをしたいのが『両手両足測定モデル』がおすすめ
  5. 女性の方が選ばれるなら『ダイエットモード』機能がおすすめ
  6. 筋トレを最優先させる場合は『筋質点数』対応モデルがおすすめ
  7. 高度なトレーニングを求める方には『アスリートモード』モデルがおすすめ
  8.  製品の精度を重視される方には『デュアルタイプ』がおすすめ
  9. データ管理を効率良くされたい方は『スマホ連動』タイプがおすすめ
  10.  複数で利用されるなら『乗るピタ機能』にも注目する
  11. 体組成計の一番の活用の方法は計測時間習慣化させる
  12. 体重管理アプリにも注目をする
  13. 最後に

 

 

■体組成計の良さは?

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

『体組成計』があれば健康な身体を

 

作るのに必要なデータを測定出来ます。

 

また身体に電気を流して電気抵抗値を測る

 

BIA法があれば細かい数値を把握出来ます。

 

その中でもタニタの体組成計の良さは

 

計測結果にはかなりの信頼性があるので

 

医療や研究分野の方面でも利用される

 

本格的な技術を一般家庭用の製品に改良を

 

重ねて製品化されているので寄り精度の

 

高い計測が出来るようになっています。

 

その他にも色々な追加機能として

 

筋肉の質を点数で表示してくれる機能

 

女性向けのダイエット機能等があります。

 

またBluetooth対応で操作が出来る

 

シリーズもラインナップとして

 

発売されているのでスマホと連動を

 

させれば気軽に計測結果を管理する事も

 

出来て理想的な身体作りが可能になります。

 

 

 

体組成計の選び方

 

今回はタニタの体組成計を選ばれる

上で大事なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

またどんな項目を計測をされたいのか

若しくはどのような目的で体組成計を

利用されたいのかを視野に入れて

選ばれる事をおすすめします。

測定方法が異なる製品を把握する

体組成計には2種類のモデルがあります。

一つが一般的な体重計と同じモデルの

両足測定タイプともう一つが高性能な

両手両足測定タイプになります。

それぞれモデルで計測できる機能が

異なるので製品の違いをしっかりと

把握されてから製品を選んで下さい。

 

 

 

■基本的な項目を計測されるなら

『両足測定』モデルがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

一般的な計測の項目と言えば体重や

 

体脂肪の他に基礎代謝や筋肉量等が

 

ありますが体組成計で基本項目のみを

 

計測出来れば良いと思われている方に

 

おすすめをしたいのが

 

『両足測定』シリーズのモデルになります。

 

『両足測定』モデルのタイプの機能は

 

販売されているモデルに寄って異なります。

 

機能の方が多く搭載されればされる程

 

高機能なモデルは購入費用の方が

 

一気に割高になってしまうので 

 

『両足測定』モデルを選ばれる場合は

 

御自身で必要な機能をしっかりと

 

見極めながら購入候補の製品を

 

見つけて頂くのがおすすめになります。

 

■高機能で数多くの項目を計測を

されたい方におすすめをしたいのが

『両手両足測定モデル』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

体組成計のシリーズの中でも高性能で

 

多項目を計測できる製品をお探しであれば

 

『両手両足計測』がおすすめになります。

 

両手両足モデルの一番の特徴は

 

各部位事に測定が出来る事です。

 

製品のグリップを通して左腕や右腕の

 

他に左脚と右脚更に体感の5つ部位を

 

それぞれ分けて計測する事が出来ます。

 

製品のモデル全てにメーカー技術が

 

取り入れられているので御自身で必要と

 

される数値はほぼ把握する事が可能です。

 

また両足モデルのシリーズでは

 

物足りない方や基本的な項目以外にも

 

御自身の体の状態を詳しく調べてみたい

 

方にはおすすめのモデルになります。

 

 

 

必要な機能だけに絞って製品を選ぶ

 

体組成計を選ばれる上で基本機能の

体内脂肪や体重の他に体内年齢更に

基礎代謝を含めた機能以外も必要な

機能だけを吟味して製品を選ばれる事も

大切なポイントになるのでしっかりと

押さえた製品選びが重要になります。

 

 

 

■女性の方が選ばれるなら

『ダイエットモード』機能がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

体組成計のシリーズの中でも

 

ダイエットを目的として御使用に

 

なりたい時におすすめをしたいのが

 

『ダイエットモード』の

 

機能を搭載した製品になります。 

 

基本的な機能の数値に加えて体脂肪や

 

皮下脂肪等も追加されて更には

 

ホルモンバランスの変化に合わせた

 

ダイエット等をフォローしてくれる

 

機能まで搭載されたおすすめモデルです。

 

製品自体にも事前に御自身の情報を

 

登録しておけばダイエットや運動等に

 

適している時期やその他運動期間等が

 

表示されるのも特徴の一つになります。

 

またダイエットを中心に身体作りを

 

考えられているのであれば購入候補に

 

入れておきたいシリーズになると思います。

 

■筋トレを最優先させる場合は

『筋質点数』対応モデルがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

体組成計のシリーズの中には外見では

 

判断が出来ない筋肉を数値化してくれる

 

追加機能の『筋質点数』を搭載している

 

製品のシリーズがおすすめになります。

 

筋肉自体が今現在どのような状態を

 

維持しているのかを筋肉の質で

 

『0~100』の間で数字を得点化して

 

くれる非常に嬉しい機能になります。

 

また筋肉の質を数値化出来る技術は

 

タニタ独自の機能で世界初になります。

 

モニター表示画面の中に筋肉量と

 

筋質点数は別の項目で表示されるように

 

なっているので仮に筋肉量があったと 

 

しても筋質点数が高くはならないのが

 

把握出来るのも重要ポイントになります。

 

しかし筋トレをされる際に例えばですが

 

筋肉がつきにくい方は筋肉量や体重と

 

共に変化が出にくい場合あると思います。

 

ですが筋トレをされる事で筋肉の質も

 

筋質点数も同様に上昇している数値で

 

確認する事が出来るのですが

 

中には筋トレを続けていても

 

成果が上がりにくい方等は

 

実際には目で確認できない部分での

 

点数化が表示される事にはなりますが

 

筋トレを続ける励みに繋がります。

 

スポンサーリンク

 

■高度なトレーニングを求める方には

『アスリートモード』モデルがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

筋肉やトレーニングをされる方で

 

大会や競技等を目指されている方等に

 

おすすめをしたいモデルの方が

 

『アスリートモード』対応の機種が

 

搭載されている体組成計がおすすめです。

 

アスリートに求められる筋トレは

 

一般的な筋トレとは違っていて筋肉量が

 

上昇傾向にあるので骨格自体もかなり

 

太くなってしまう傾向があるので

 

通常の体脂肪率測定等では正確な

 

データ計測が出来ない場合があります。

 

一般の方が筋トレをされるのとは全く

 

違った本格的なトレーニングになるので

 

アスリート専用の測定モードの機種で

 

あれば寄り正確なデータ計測が

 

把握出来ると言うメリットがあります。

 

■製品の精度を重視される方には

『デュアルタイプ』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

体組成計製品の中でタニタブランドの

 

製品はどのモデルも測定精度の高い

 

技術が取り入れられているので製品の

 

精度の高さにこだわっている方には

 

『デュアル周波数測定』に対応

 

している製品がおすすめになります。

 

『デュアル周波数測定』機能と言うのは

 

1つの周波数で測定する一般的な家庭用

 

向けの体組成計とは違っていて寄り

 

精度の高い2つの周波数で測定をします。

 

また病院等で技術者の方が使用するような

 

精度の高さになるので寄り高精度データを

 

取得されたい方にはおすすめになります。

 

デュアルタイプのシリーズの中でも更に

 

細かい体重の測定結果等を把握されたい方は

 

50g単位ずつ測定に対応しているモデルも

 

発売されているので細かい測定結果を

 

把握されたい方にはおすすめ製品です。

 

■データ管理を効率良くされたい方は

『スマホ連動』タイプがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

筋トレはもちろんですがダイエット等にも

 

大活躍をしてくれる体組成計ですが

 

定期的に計測結果の管理もも結果を

 

出す為には重要ポイントになります。

 

そこで毎日データをノートに書くのは

 

非常に手間のかかる作業になるのでそんな

 

時にスマートフォンからアプリが自動で

 

データを計算してくれれば非常に便利です。

 

データ管理連動機能付きの体組成計であれば

 

専用スマホアプリを使用してBluetoothで

 

計測結果を受信する事が出来るので

 

集計を常に気にされるような方であれば

 

このようなアプリ経由でデータ管理が

 

出来るようになるので非常におすすめです。

 

■複数で利用されるなら

『乗るピタ機能』にも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

体組成計シリーズの中でも複数で

 

利用される場合におすすめしたい

 

機能の方が『乗るピタ機能』です。

 

『乗るピタ機能』は初めに初期登録を

 

完了させておけば毎回設定を変更する

 

必要等はなく測定する相手をきちんと

 

認識してくれるのがポイントになります。

 

『乗るピタ機能』は体組成計に乗るだけで

 

体重や電気抵抗値を元に測定をする相手が

 

誰なのかをきちんと自動認識してくれます。

 

更に登録出来る人数は一度に5人まで

 

登録出来る製品が大半になりますが

 

初期登録されている人以外でも追加で

 

『ゲストモード』も追加機能として

 

搭載されているので非常に便利な機能です。

 

■体組成計の一番の活用の

方法は計測時間習慣化させる

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

体組成計の特徴として弱い電流を流した

 

際に抵抗値を計って体を計測しているので

 

体内の水分量で計測結果が変わってきます。

 

例えばですが午前中の場合だと昼食前で

 

午後は夕食前か食後2時間後の就寝前を

 

目安にして計測される事をおすすめします。

 

体組成計はかなり細かい計測が可能ですが

 

計測結果の方は毎日の生活リズムの影響に

 

大きく左右されて結果に表れてきます。

 

また運動後や汗をかいた後の体調の

 

優れない時等に計測されたりすると

 

結果の方も大きく影響されてしまいます。

 

出来れば計測は毎日同じ時間・状態で

 

体組成計を活用していけば更に良い

 

結果を得られると思うので寄り健康的な

 

体作りを目指して頂きたいと思います。

 

■体重管理アプリにも注目をする

 

 

https://apps.apple.com/

 

https://play.google.com/

 

仮にですがスマートフォンと連動していない

 

機種を利用される場合には体重管理アプリを 

 

上手に活用される事で御自身の今の体重の変

 

化をしっかり記録される事でこれから継続を

 

していく為のモチベーションにも繋がります。

 

その他日々の食事のメニュー管理が出来るア

 

リや写真で見た目の変化を記録出来るアプ

 

リの種類だったり非常に豊富にあるのでこの

 

機会にこのようなアプリを入れてみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

■最後に

 

今回はタニタの体組成計の

 

選び方について

 

お伝えさせて頂きました。

 

タニタブランドの体組成計の特徴は

 

正確に計測できる精度の技術を

 

取り入れている製品になるので

 

製品を選ばれるさいには御自身の目的に

 

合わせた製品を選ぶようにして下さい。