おすすめのトランペット用マウスピース【トランペット演奏には欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのトランペット用マウスピース【トランペット演奏には欠かせないアイテム】

 

今回はトランペット演奏をされる

 

上で欠かせないアイテム必需品

 

『トランペット用のマウスピース』

 

スポットをあてて

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

トランペット用のマウスピースは

 

ヤマハやバック等の色々なメーカーから

 

販売されていてまたリムやカップのサイズ

 

等の購入される上での色々項目があるので

 

いざ製品を選ぼうと思っても

 

どの製品を選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回はトランペット用マウスピースの

 

選び方について

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. マウスピースはカップ容量で選んで初心者の方は浅めの『B』がおすすめ
  3. 演奏を重視されるならリムサイズとフラットさを確認をして製品を選ぶ 
  4. フィットト感を重視して低音が出しやすいのは『銀メッキタイプ』のマウスピース
  5. 高音を重視されるなら『金メッキタイプ』のマウスピース
  6. 初心者の方には『練習用』のマウスピースタイプがおすすめ
  7. 製品のメーカーを重視されるて迷われたらYAMAHA』若しくは『Bach』がおすすめ
  8. 最後に

 

 

マウスピースの選び方

 

今回はトランペット用マウスピースの

選び方について重要なポイントを各

項目事にお伝えをしていきたいと思います。

 

 

 

マウスピースはカップ容量で選んで

初心者の方は浅めの『C』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

トランペットのマウスピースのカップ容量に

 

関してはトランペットの吹きやすさに大きく

 

影響を与えてくれる重要アイテムになります。

 

また容量の深さはAFのアルファベットで表

 

示されていますがその中でも初心者の方にお

 

すすめをしたいのが浅めの[ C]になります。

 

マウスピースの浅いカップは明るい高音域が

 

少しの息で発音出来るようになっていますが

 

深いカップの場合は渋い低音域が出しやすく

 

はなりますがかなりの息を吹き込まなければ

 

綺麗に発音する事が出来ない短所があります。

 

また長時間安定した速度で深いカップに息を

 

吹き込み続けるには相当な持久力が必要にな

 

るのと演奏をされる上で必要なブレスが育っ

 

ていない初心者の方の場合は演奏しやすい

 

浅めの[ C]タイプを選ぶようにして下さい。

 

スポンサーリンク

 

演奏を重視されるならリムサイズ

とフラットさを確認をして製品を選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

トランペット用のマウスピースの

 

リム部分の選び方に寄って

 

演奏される質が大きく変わってきます。

 

また演奏がしやすいタイプの製品を選ばれる

 

ならリムがややフラットなタイプを選ばれる

 

事で演奏中にリムが唇に食い込んで痛くなっ

 

たり疲れてしまう事を防いでくれたりします。

 

更に[120]までの数字で表すリムサイズ

 

は製品の大きさに寄って音質を左右します。

 

仮に[1]が最も大きくて[20]が最も小さ

 

いサイズにはなりますが初心者の方にはバラ

 

ンスが取れている[37]がおすすめですが

 

リムは奏者の唇が直接当たる部分になるので

 

唇の厚さや歯並びに寄っても最適なサイズが

 

異なるのでフィッティングが最重要項目です。

 

更に製品購入後に後悔されない為にもマウス

 

ピースを事前に試しておいて御自身にとって

 

理想的なリムサイズを確認しておいて下さい

 

 

 

表面仕上げを重視されるなら

音域や唇の安定感で製品を選ぶ  

 

マウスピースはリムの表面の仕上げの

状態に寄って使用感や音質の他にも音の

出しやすさが大きく異なったりします。

またトランペット用のマウスピースの

場合で有れば主に銀メッキと金メッキ

に寄る仕上げ加工が代表的になります。

 

 

 

フィット感を重視して低音が出しやすい

のは『銀メッキタイプ』のマウスピース

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

銀メッキタイプのマウスピースは非常に

 

多く採用されていて非常に人気があります。

 

またフィット感も抜群で落ち着いた低音をス

 

ムーズに出せるので初心者にも適しています。

 

更にグリップ力と耐久性にも優れているので

 

音を確実に発音出来るのもポイント一つです。

 

その他金メッキのタイプ比較すると少し

 

唇が疲れやすくはなりますが芯のある音色

 

を簡単に出せる事が一番の魅力になります。

 

 

高音を重視されるなら

『金メッキタイプ』のマウスピース 

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

金メッキタイプのマウスピースはツルツルと

 

した質感を持っていてピンクゴールドやサテ

 

ンゴールド等の種類も取り扱いがあります。

 

またスムーズな唇の動きをサポートをしてく

 

れるので唇が疲れにくくて浮き上がるかの

 

ような華やかな高音域を出せるのが特徴です。

 

銀メッキタイプのマウスピースと比べると

 

高価ではありますがリップコントロール等の

 

しやすさと音色の良さなどからプロ若しくは

 

アマ問わず多くの奏者から支持されています。

 

初心者の方には『練習用』の

マウスピースタイプがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

まだトランペットを初めてすぐの方には

 

マウスピース単体で利用出来る練習用

 

のタイプの製品がおすすめになります。

 

練習用タイプの製品は音感をつけれたりする

 

他に息のスピードをコントロールが出来たり

 

トランペットを演奏されるにあたっての重要

 

な基礎練習が手軽に覚えられるのが特徴です。

 

更に練習用のタイプで有ればトランペットが

 

無くても練習が出来るのでまだトランペット

 

を吹いた事が無い方でも手軽に挑戦出来ます。

 

その他ポケットにも入るコンパクトサイズな

 

ので演奏をされる場所を選ばないで何処でも

 

練習が出来るのも非常に嬉しいポイントです。

 

演奏のスキルの向上を目指されるなら欠かせ

 

ないアイテムで尚且つ練習用マウスピースは

 

音量が小さめになるので非常に人気製品です。

 

製品のメーカーを重視されるて迷われたら

YAMAHA』若しくは『Bach』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

トランペット用のマウスピースを選ばれる

 

際にどの製品を選んだら良いのか?

 

迷ってしまった際にはYAMAHA[ヤマハ]

 

若しくはBach[バック]と言った有名

 

メーカーのマウスピースがおすすめです。

 

またYAMAHAのマウスピースは中高年生の

 

吹奏楽部でも採用されている定番の商品です。

 

製品もお手頃価格で尚且つ吹きやすさも兼ね

 

備えているので初心者の方にも適しています。

 

またバックの製品はプロの方から初心者の方

 

まで幅広いトランペッターの方に愛される

 

ウスピースを扱う老舗メーカーになります。

 

バック製品は多くのトランぺッターが一度は

 

このメーカーのマウスピースを利用している

 

と言っても過言ではない程マウスピースメー

 

カーの中では圧倒的なシェアを占めています。

 

更に本格的にトランペットを頑張りたいと

 

思われている方にはおすすめのメーカーに

 

なるので是非・チェックしてみて下さいね。

 

 

 

売れ筋のトランペット用

マウスピースにも注目をする

 

御参考までにはなりますがトランペット用の

ウスピースをAmazonサイトや楽天サイト

他にYahoo!ショッピングサイト等から売

筋の商品ランキングにも注目をされる場合には

上手に商品選びの材料として活用をして下さい

 

Amazonサイト

 

楽天サイト

 

Yahoo!ショッピングサイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はトランペット用マウスピースの

 

選び方についてお伝えをさせて頂きました。

 

トランペット用のマウスピースはどの商品も

 

奏者の吹き心地を追求した高性能な製品

 

ばかりにはなりますがマウスピースは奏者の

 

癖や唇の形状との相性が一体となった際に

 

吹き心地に大きな影響をもたらしてくれます。

 

また購入はしてけれど失敗してしまったと

 

言うような事にもなり兼ねないので

 

今回の記事を御参考にされて購入前には

 

必ず楽器店等に足を運んで頂いて試し吹き

 

をされてから御自身にピッタリと合う

 

お気に入りの製品を見つけて頂きたいです。