おすすめの塗装ブース【人気メーカーの商品ラインナップに注目をする】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの塗装ブース【人気メーカーの商品ラインナップに注目をする】

今回はエアブラシや塗料スプレー等で

プラモデル塗装をされる際に欠かせない

アイテム『塗装ブース』にスポットを

あててお伝えをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

塗装ブースをお持ちなら空気中に舞った余分

な塗料を吸い取ってくれる便利アイテムです。

また塗料の中には毒性の高い商品もあるので

どうしても換気扇だけでは不安が残ったりし

ますがブースが有れば安全に作業が出来ます。

そしていざ塗装ブース選ぼうと思っても

ラインナップの方が意外と種類が多いので

どのモデルを購入すれば良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回は塗装ブースの選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. 塗装をされる利用頻度が少ない場合には段ボール製の塗装ブースに注目をする
  3. ブースの吸引力を重視されて選ばれる場合に『プロペラファン』もモデルにも注目をする
  4. 静音音を優先されるなら『シロッコファン』
  5. 十分な作業スペースにも注目をする
  6. ライト付き塗装ブースに注目をする
  7. ダクトホースの長さにも注目をする
  8. 収納性も視野に入れて商品を選ぶ
  9. フィルター等の消耗品にも注目をする
  10. 最後に

塗装ブースの選び方

https://www.amazon.co.jp/

今回は塗装ブースを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まずは塗装ブースの選び方に注目です。

そしてポイントを踏まえた選び方で

寄り使い勝手の良いものに出会えます。

塗装をされる利用頻度が少ない場合に

は段ボール製の塗装ブースに注目をする

https://www.amazon.co.jp/

塗装ブースと言うのは一般的には換気ファン

付きの電動タイプを総称して呼びますが電動

式の場合には空気中に舞った塗料を吸い込ん

でそれを窓から排出してくれるので舞った塗

料が再度付着するようなトラブルを防ぎます。

また頻繁に塗装されるなら電動式が良いです。

反対にたまにしか塗装をされないと言う場合

には段ボール製の塗装ブースがおすすめです。

段ボール製の塗装ブースに排気ファン等は付

いていませんがしっかりとガードしてくれて

周囲に塗料が飛び散る心配がなくその他にも

専用品として作られたいるだけあって塗装し

やすい角度で作られているのもポイントです。

ファンの種類にも注目をする

塗装ブースの特徴は吸引力や稼働音はファン

の種類によって大きく異なってくるので利用

される環境や用途を重視されて選んで下さい。

ブースの吸引力を重視されて選ばれる場合に

『プロペラファン』もモデルにも注目をする

https://www.amazon.co.jp/

塗装をされる際多くの塗装をされる場合には

吸引力が強いプロペラファンがおすすめです。

また台所等についている換気扇と同じ仕組み

で大きなプロペラがしっかりと空気中の塗料

を吸い込んでくれるので塗料の噴出量が多い

場合な吸引が弱いと吸い込み切れないのでプ

ロペラファンのように強力だと寄り安心です。

ただ注意点としてはパワーがある分稼働音は

大きいので1人暮らしのようなマンションやア

パート等での利用の際には注意をして下さい。

その他に騒音値はdb[デジベル]と言う単位

で表記されてますがプロペラファンは大50db

程にはなりますが一般的な掃除機が60db

度なので目安として考えておくと良いですよ。

静音を優先されるなら『シロッコファン』

https://www.amazon.co.jp/

仮にですがマンションやアパートに住まれる

ているの方の場合で作業中の騒音が気になる

場合はシロッコファンタイプがおすすめです。

そして細長い羽根を筒状に取り付けた面白い

形をしていて更にプロペラファン寄りも吸引

力は落ちますがその分静音性に優れています。

その他静音性と吸引性のどちらも重視された

い場合はシロッコファンを2基搭載したタイ

プで騒音値は多少上がったりはしますが塗料

をしっかりと吸い込んでくれるので安心です。

スポンサーリンク

十分な作業スペースにも注目をする

https://www.amazon.co.jp/

塗装ブースを利用されて塗装される際はパー

ツの大きさにも寄りますが作業スペースも十

分にあるかも大きなポイントになってきます。

また余りにも小さい塗装ブースを利用される

場合はスプレー缶やエアブラシがぶつかるの

で作業しにくくなるような弊害が起こります。

更にフードがある塗装ブースを選ばれるなら

幅が40cmは確保出来る商品を選んで下さい。

そして一般男性の肩幅が約40㎝位になるので

大体このくらいあれば十分に作業が出来ます。

その他には周囲のフードが短かいタイプの塗

装ブースで有ればフードが干渉しにくくなる

ので大きめのパーツも塗装しやすくなります。

ライト付き塗装ブースに注目をする

https://www.amazon.co.jp/

塗装ブースのラインナップの中には飛散防止

の為にフードが周りに付いているので利用さ

れる環境に寄っては手元のパーツが見えにく

くくなって作業に支障が出て光源の確保がし

にくい状況ならライト付き物を選んで下さい。

またライト付きの塗装ブースで有れば細かい

部分まで良く見えて作業効率が上がりますよ。

ダクトホースの長さにも注目をする

https://www.amazon.co.jp/

塗装ブースを選ばれる際にはダクトホースの

長さに関しても重点をおくようにして下さい。

またホースの長さが作業場近くの窓に届かな

い場合は別売の延長ダクトホースが必要です。

更にダクトホースは窓に挟んで利用をします

が丸みを帯びたホースはやはり挟みにくい事

もあって排気された塗料が戻ってきてしまう

場合もあったり夏場で有れば虫等の侵入も気

になると思いますのでそのような場合には平

形のアタッチメントが付いているシリーズで

有ればこのような状況になっても防げますよ。

収納性も視野に入れて商品を選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

例えば同じ場所等に置きっ放しにしておけな

い場合には折り畳めるタイプもおすすめです。

そして塗装ブースの中には折り畳んでおける

タイプもあるのでこのようなタイプで有れば

場所を取りませんしまたフード部分を取り外

せるタイプもかさばりにくくおすすめですよ。

フィルター等の消耗品にも注目をする

https://www.amazon.co.jp/

選ばれた塗装ブースの中には塗料の粒子等を

キャッチする為のフィルターが付いています。

そしてフィルターは定期的な交換が必要とな

るので入手のしやすさにも注目をして下さい。

また各メーカーに寄ってフィルターが販売さ

れていない場合もあるのでその場合には御自

身でサイズが合うものを探す必要があります。

更にタミヤのような大手のメーカー製ならオ

プションも充実していて入手も簡単ですが心

配な場合は大手メーカー製を選んで下さいね。

スポンサーリンク

最後に

今回は塗装ブースの選び方に

ついてお伝えをさせて頂きました。

また最近では小型タイプの塗装ース

かなり充実してきていて購入価格の方も 

お手頃価格帯になっている上に使いやすく

手に入れやすいモデルも増えてきています。

そして掃除の手も出来るだけ減らす為にも

塗装ブースを購入される事をおすすめします。