おすすめの糖質ゼロビールと糖質オフビール 【カロリー低めのタイプはダイエットにも最適!!】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの糖質ゼロビールと糖質オフビール 【カロリー低めのタイプはダイエットにも最適!!】

 

仕事の終わり等の後には必ず

飲みたくなる糖質ゼロビールと

糖質オフビールにスポットをあてて

お伝えをしていきたいと思います。

お酒好きの方であれば乾杯の一杯目は

ビールが飲みたい方も多いと思います。

ですがお酒も飲みたいけど健康にも

注意をしていきたいと言う方に

注目を浴びているのが糖質ゼロや

糖質オフのビールになります。

また血糖値の高い方やダイエットを

したいと言う方にとっても人気が

高いのが有名メーカーのアサヒや

キリン等の大手メーカーから販売されて

豊富なビールになりますがそれぞれ

飲まれるビールに寄っての効果や

ダイエットに本当に効果が高いのか

等を考えて商品を購入しようと思うと

どの商品を選んだら良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回は糖質ゼロビールとオフビールの

選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 実際に飲まれるビールの糖質量はどのくらい?
  3. 美味しいビールにはのど越しやコクの他にキレが重要
  4. 本格的なビールの味わいを楽しむならアルコール度数の高めの商品を選ぶ
  5. ビールを頻繁に飲まれるなら人工甘味料が含まれない商品がおすすめ
  6. カラメル色素も要注意成分
  7. おつまみのマッチングで糖質ゼロと糖質オフビールが変わる
  8. 最後に

 

 

 

糖質ゼロビールと

糖質オフビールの選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回は糖質ゼロビールと

糖質オフビールを選ばれる上で

大事なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

 

 

 

実際に飲まれる

ビールの糖質量はどのくらい?

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ビールを飲まれる上で一番

 

最初に確認をして頂きたいのが

 

糖質のグラム数になります。

糖質ゼロや糖質オフだけに頼りきって

しまうと実際に飲まれるビールの正確な

糖質量を見落としてしまいがちです。

『糖質ゼロ』と言うのは糖質量が

 

100ml辺りに対して0.5g以下の

 

商品の事を言いますが100%含まれて

 

いないとは限らないと言う事です。

 

またよくある『糖質50%オフ』等の

 

表記がされているシリーズには

 

比較をされる対象となる商品の

 

グラム数に比べて糖質の方が

 

50%少ないと言う事になります。

 

通常のビールは100ml辺りに3.1g程度

 

含まれているのでそれ以下の数値で

 

ピックアップをしないといけないです。

またビールの糖質がどのくらいの数値を

 

基準にしているのかをしっかりと

 

把握をした上で選ぶ必要があります。

またビールを飲まれる上で大事なのが

健康を重視して飲みたいけどビール

自体の味わいが好みに合わなかったり

味気ないの商品のシリーズであれば

飲まれるビールに対しても

ストレスになってしまう可能性が

あるので御自身で味わいたい

ビールを選ぶようにして下さい。

 

スポンサーリンク

 

美味しいビールには

のど越しやコクの他にキレが重要

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ビールの糖質が少なかったとしても

 

せっかくビールを飲むのであれば

 

本格的ビールを飲まれる為には長く

 

糖質制限を継続していかないと

 

いけないので出来るだけ本格的な

 

ビールの味わいに近い商品や御自身の

 

舌に合う味の糖質ゼロ若しくは糖質

 

オフビールを選ぶようにして下さい。

また寄り本格的なビールに近い

味わいを探されるにはのど越しや

コクの他にキレが重要になります。

更にどのメーカーも本格的なビール

らしさを出していく為にのど越しや

コク等にもこだわった製法で

作られでいるので糖質量を中心に

商品を選ばれるのではなく御自身の

お好きなシリーズや好みに合うものを

見つけて選ばれる方が良いと思います。

また御飯やビールの肴等を一緒に

飲まれる場合はコクのある商品とキレの

ある商品を上手く使い分けられるのも

上手な飲み方の一つになります。

 

本格的なビールの味わいを楽しむ

ならアルコール度数の高めの商品を選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ビールのシリーズの中でも糖質ゼロや

 

糖質オフのビールは新しいジャンルに

 

なるのでアルコール度数が

 

38%等の色々な商品のシリーズの

 

ラインナップの中から

 

お好みのビールを選ぶ事が出来ます。

またアルコール度数が高い商品で

 

あればビール本来の飲みごたえも

 

十分あるので寄り美味しい

 

ビールを味わう事が出来ますが

 

アルコール度数が高すぎると肝臓等に

 

与える影響の方が大きくなるのと同時に

 

カロリーの方も高くなってしまいます。

 

健康の事にも注意をしながら

 

糖質ゼロと糖質オフビールを

 

選ばれるのであればアルコール

 

度数は重要ポイントになります。

例えばですがアルコール度数が

高い商品等を飲まれる場合は休日等の

仕事の休み前等の楽しみとして

飲まれるのもカロリー計算を考えての

飲み方の方法になると思います。

 

 

 

ビールに含まれる添加物にも注意

ビールが大好きな方に特に注意を

して頂きたいのが添加物になります。

今回お伝えをさせて頂いている

糖質ゼロと糖質オフのビールにも

添加物が含まれているので健康にも

注意をされている方にとっては

非常に大事なポイントになります。

 

 

 

ビールを頻繁に飲まれるなら

人工甘味料が含まれない商品がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回お伝えをさせて頂いている

 

糖質ゼロのビールを選ばれる上で

 

特に注意をして頂きたいのが

 

人工甘味料の有無になります。

糖質をゼロにしているので他の

人工甘味料で甘みを補っている

商品が数多く見受けられます。

人工甘味料の中に含まれる成分の

 

アセスルファムKは長い期間

 

体内の中で蓄積され続けると

 

肝臓へのダメージが強くなります。

 

また健康を優先して糖質オフの

ビールを選んで飲んでいるのに

人工甘味料が多く含まれていると

飲んでいる意味が無くなしまいます。

ビールを飲まれる方の中には毎日

同じ銘柄のビールを好んで飲まれる

いるような方は甘味料のない商品の

 

シリーズを選ばれる事をおすすめします。

 

カラメル色素も要注意成分

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

糖質ゼロと糖質オフビールを

 

選ばれる上で把握をして

 

おかないといけないのが

 

カラメル色素になります。

カラメル色素は美味しい

ビールを作る為に琥珀色を

着色をする為に使用しています。

またカラメル色素は製造方法に

寄って4種類に分けられていますが

その内の2種類は製造過程の中で

発がん性がある成分が作れて

しまうとも言われています。

ビールの商品自体の表記の中に

『カラメル色素』としか表記がされて

いない場合はどの製造工程の中で

作られたのかが分からないので

出来ればカラメル色素自体が

含まれていない商品がおすすめです。

 

おつまみのマッチングで

糖質ゼロと糖質オフビールが変わる

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

糖質ゼロと糖質オフのビールを

 

飲まれる際にも幾ら糖質が低いとは

 

言っても一度に何本もビールを

 

飲んでしまっては意味が無くなります。

一番良いのは少ない量でも満足が

出来て美味しくビールが飲める

おつまみ選びが非常に重要になります。

例えば揚げ物を少なくしてサラダを

添えたり焼き鳥であれば脂の多い

豚バラやもも肉等ではなく砂肝や

ささみにしてみたり少しの工夫を

するだけで美味しい料理も食べれて

尚且つ糖分やカロリーを抑える事が

出来るので糖質にも視野に入れて料理を

選ばれればヘルシーでお腹を満たして

くれる品物が数多くあるので

上手に組み合わせて食べてみて下さい。

 

 

 

売れ筋の糖質ゼロビールにも注目をする

 

御参考までなりますかは糖質ゼロビールを選

ばれる上で楽天サイトランキング等にも注目

をされて商品選びをして頂きたいと思います。

 

楽天サイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

今回は糖質ゼロビールとオフビールの

選び方について

お伝えをさせて頂きました。

本格的なビールも飲まれる量は

糖質ゼロと糖質オフビールと

同じように適度に飲まれる事で

健康維持に繋げる事が出来るので

御自身の好みで選んでみたり

いつものメーカーとは近いビールを

飲んでみたりと飲み比べをしながら

お気に入りの商品を

見つけて頂きたいと思います。