おすすめのチェダーチーズ【サンドイッチやピザには欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのチェダーチーズ【サンドイッチやピザには欠かせないアイテム】

 

今回は数多くあるチーズの中でも世界中で最

 

も多く作られているイギリス生まれのチーズ

 

『チェダーチーズ』にスポットを

 

あててお伝えをしていきたいと思います。 

 

チェダーチーズはクセがなく穏やかな酸味が

 

特徴の一つでピザやオムレツ等の料理で大活

 

躍してくれるチーズの一つでもあるのでサン

 

ドイッチやサラダの良いアクセントにもなる

 

ので選ばれる方も多いのではないでしょうか?

 

今回はチェダーチーズの選び方について

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. チーズの産地に注目をする
  3. 好みの熟成度にも注目をする
  4. 食卓のテーブルにアクセントと追加されたい場合には『レッドチェダー』に注目をする
  5. チーズ自体の良さを重視される場合には『ホワイトチェダー』に注目をする
  6. 用途に合わせて容量にも注目する
  7. ナチュラルチーズにも注目をする
  8. 最後に

 

 

チェダーチーズの選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回はチェダーチーズを選ばれる

上で重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

先ずは同じように見えがちチェダー

チーズにはなりますが熟成度や見た目は

製品に寄って大きく異なりますのでお好み

に合うチェダーチーズを見つけて下さいね。

 

 

 

チーズの産地に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今現在は日本国内を含めて世界中で生産若し

 

くは販売されている最も人気の高いチーズの

 

一つでもあるチェダーチーズですが本家本元

 

の味わいを堪能したいと場合にはチェダーチ

 

ーズの生まれ故郷[イギリス]で生産された

 

本場のチーズを選ばれる事をおすすめします。

 

そして本場のチーズを選ばれる場合には[原

 

産地名称保護制度(PDO)]の対象となってい

 

るる商品かどうかも必ず確認をして下さいね。

 

また[PDO]はある一定の地域で定められた

 

製法を守り作られた食品を保証する制度です。

 

こちらが対象となるチェダーチーズは[ウェ

 

スト・カントリー・ファームハウス・チェダ

 

ー]と言う名称での販売が許可されています。

 

更に本家本元のチェダーチーズを堪能された

 

い場合にはこのような名称で販売されている

 

チーズを選ばれて購入するようにして下さい。

 

その他もちろん酪農が盛んなオーストラリア

 

も含めてアメリカや日本でもチェダーチーズ

 

は作られていますが生産地に特にこだわりが

 

ない場合には熟成度や価格の他にも容量等も

 

確認しながら好みに合うものを探して下さい。

 

スポンサーリンク

 

お好みの熟成度にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にですがチェダーチーズを選ばれる際には

 

チーズの熟成度にも注目をして頂きたいです。

 

またナチュラルチーズでもあるチェダーチー

 

ズの中では乳酸菌が生きているので時間と共

 

に熟成も進んでいきますので熟成期間に寄っ

 

てはそれぞれ[マイルド][ミディアム]

 

[シャープ][エクストラ]の分類がされて

 

いてマイルドは熟成期間が最も短くて爽やか

 

な酸味と比較的あっさりした風味が特徴です。

 

更にマイルドミディアムシャープになり

 

ますが酸味も風味も徐々に強くなる濃厚です。

 

その他エクストラに関しては1年以上熟成され

 

た物になるのでキレのある味わいが特徴です。

 

そしてチーズを購入されてすぐに御自身のお

 

好みのチェダーチーズを味わいたい場合には 

 

熟成の期間の表示にも注目してみて下さいね。

 

ただ注意点として熟成度別に販売しているメ

 

ーカーもあったりするのでお好みの味わいが

 

いまいち良く分からないと言う場合は一先ず

 

購入されて食べ比べてみるのもおすすめです。

 

 

 

チーズの色見も注目をする

 

お気に入りにチェダーチーズを選ばれる際に

はその色見にも注目をされて選んで下さいね

そしてチェダーチーズには綺麗なオレンジ色

のタイプと淡いホワイトカラーのタイプとの

2種類あるのでそれぞれの違いも見て下さい。

 

 

 

食卓のテーブルにアクセントと追加された

い場合には『レッドチェダー』に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えばホームパーティー等で利用される場合

 

には見た目が綺麗なオレンジ色のチェダーチ

 

ーズ[レッド・チェダー]がおすすめですよ。

 

そしてこのオレンジ色は植物由来のアナトー

 

色素等の着色によるものでパンに挟んだりサ

 

ラダにかけたりして食べられる方も多いです

 

が食卓のテーブルにアクセントを加えられる

 

なら寄り華やかな場を盛り上げてくれますよ。

 

チーズ自体の良さを重視される場合

には『ホワイトチェダー』に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

チェダーチーズとは本来の淡いホワイトです。

 

またチェダーチーズそのものの自然な状態を

 

重視されたい場合は着色されていない「ホワ

 

イトチェダー」がおすすめで味わいは変わら

 

ないので選択肢の一つとして如何でしょうか?

 

その他に一見ホワイトチェダーであっても微

 

量の色素等が含まれている場合もありますの

 

で購入時には原材料欄も確認をして下さいね。

 

用途に合わせて容量にも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

チェダーチーズはサラダやサンドイッチの具

 

材としてそのまま食べる事が出来るので量と

 

しては100gから200g程度の少量タイプを選

 

ばれて料理等にも頻繁に利用されるという場

 

合は500gから1㎏程度の大容量タイプのチェ

 

ダーチーズを購入される事をおすすめします。

 

また生産量や消費量が多いチーズの一つでも

 

あるチェダーはブルーチーズやカマンベール

 

等と比較をされたとしても容量の割にはお手

 

頃価格なのが魅力なので1㎏の大容量サイズで

 

2000円程度で購入可能な商品もあります。

 

そして幾らお手頃価格だとは言って安易に大

 

容量サイズを購入してしまうと結局食べきれ

 

なくて逆に高くついてしまう場合もあります。

 

ですので後で後悔しないように利用される用

 

途に合わせて無駄がなく使い切れるサイズの

 

チェダーチーズを購入するようにして下さい。

 

ナチュラルチーズにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回お伝えをさせて頂いたチェダーチーズを

 

始めとする本当に奥の深いチーズの世界です。

 

また独特の旨味がたまらない青カビや白カビ

 

のチーズの他にフレッシュな味わいでヘルシ

 

ーなリコッタ更にソテーして香ばしい風味を

 

楽しめるカチョカバロ等の様々な種類があっ

 

て挙げはじめると非常に多くものがあります。

 

是非・色々な味わいを食べ比べされてチーズ

 

本来の味わいの違いを楽しんで頂きたいです。

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はチェダーチーズの選び方に

 

ついてお伝えをさせて頂きました。

 

チェダーチーズとはチーズの中でも数多くの

 

人々に親しまれる更には愛されているものに

 

なるので是非・お好みのチェダーチーズを見

 

つけて料理におつまみ等に楽しんで下さいね。