おすすめのウキ【投げ釣りには欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのウキ【投げ釣りには欠かせないアイテム】

 

今回は魚釣りの投げ釣り等に良く利用

 

される『ウキ』にスポットをあてて

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

一口に『ウキに』と言ってもウキには 

 

スポンサーリンク

 

号数や大きさの他にも重さや更に浮力等の

 

違いも大きく異なってきて良くガン玉等の

 

オモリに適しているウキのシリーズまで

 

様々な特徴を持っている製品まで数多く

 

あるのでいざ製品を選ぼうと思っても

 

どの製品を選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回は一般的な円錐ウキと棒ウキの

 

選び方についてお伝えをしていきます。

 

  1. 目次
  2. 遠くへ投げるなら円錐ウキがおすすめ
  3. アタリが分かりやすい棒ウキがおすすめ
  4. ウキ選びに迷われた際には3B]前後のウキがおすすめ
  5. 水深7m辺りを狙われるなら『2B5B』のウキのタイプがおすすめ
  6. 遠くに投げる投げ釣りの場合にはLサイズ』のウキのタイプがおすすめ
  7. ウキのあたりを重視されるなら視認性の高いオレンジ又はイエローがおすすめ
  8. 最後に

 

 

ウキの選び方

 

今回は一般的な円錐ウキと棒ウキを

選ばれる上で重要なポイントを各項目事

にお伝えをしていきたいと思います。

まず始めに大切な事は円錐ウキか棒ウキか

のどちらかを選ばれる釣り方が変わります。

またウキには円錐ウキや棒ウキなどタイプ

等がありますがここでは有名な円錐ウキ

と棒ウキに関してお伝えをしていきます。

 

 

 

遠くへ投げるなら円錐ウキがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

円錐ウキは自重があるので遠くまで飛ばせる

 

事が出来るのでピンポイントに投げられます。

 

またウキ自体に自重があると潮乗りが良いの

 

でウキを流しながら魚を狙う際にも便利です。

 

更に安定性が非常に良いので荒い波や強風の

 

吹く厳しい環境でもピンポイントで使えます。

 

円錐ウキは道糸と絡まる心配が余りないので

 

使い勝手は非常に良いですが投げたアタリの

 

反応が鈍くなる場合があるので小魚には少し

 

不向きですが小さなアタリを確認するのが

 

非常に難しくなる短所も持ち合わせています。

 

更に小型タイプが多い円錐ウキにはバランス

 

が良い定番のドングリタイプがおすすめです

 

ドングリタイプは非常に安定性は良いですが

 

別で逆円錐タイプや円形タイプは上部が大き

 

く浮力調整が可能なタイプもあり水の抵抗と

 

傾きが少ない円錐又は円形の中間タイプ等の

 

ウキのタイプもラインナップとしてあります。

 

スポンサーリンク

 

アタリが分かりやすい棒ウキがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

魚釣りをされている最中にわずかなアタリも

 

見逃したくなかったり又は小型の魚を狙って

 

釣りをされなら棒ウキがおすすめになります。

 

また棒ウキは入水抵抗が少ないので魚のわず

 

かなアタリにも反応してくれて水面から棒が

 

縦に飛び出しているのですぐに気付けますよ

 

更にフカセ釣り等の遠くへ投げる魚釣りに

 

関しては自重のある投矢ウキがおすすめです。

 

自立ウキはオモリ要らずで非常に便利ですよ

 

その他にも波止場に適した定番のタイプの

 

ウキやアタリの感度をあげたスリムタイプの

 

ウキの他にも下部を膨らませて安定性を寄り

 

高めた下膨れタイプのウキや更には小魚釣り

 

には頻繁に利用されるミニタイプのウキ等が

 

あるのでそれぞれの魚の釣り方に合わせてウ

 

キのタイプを選ばれる事でアタリへの感度を

 

最重視される事が非常に重要なポイントです。

 

 

 

オモリと水深で浮力の強さにも注目する

 

ウキには浮力の強さによって利用される

オモリの重さに寄っても変わりますが釣れる

魚の水深等も大きく変わってくるので事前

に必ずチェックされる事をおすすめします。

 

 

 

ウキ選びに迷われた際には

3B]前後のウキがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

魚釣りのウキを選ばれる上で利用される

 

オモリの浮力表示と同様の浮力表示の

 

ウキを選ばれる事は非常に重要になります。

 

ウキには利用状況に応じたオモリの浮力表示

 

があるので購入前には必ず確認をして下さい

 

また利用されているウキが一番性能を発揮し

 

やすいオモリの浮力を示してくれる浮力表示

 

は浮くものから沈むものまで順に表示の方が

 

3B2BB00シブ・00000】等の

 

ラインナップになっているので仮にですがオ

 

モリに3Bのガン玉を利用される場合には利用

 

されるウキの方も3Bを選ぶようにして下さい

 

その他に浮力表示は号数で表示されている場

 

合もあるのでどのオモリを利用されるのかが

 

見当がつかない場合には3B前後のウキを購入

 

されておくと様々な釣り場所で利用できます。

 

魚の釣り方に寄ってはオモリを利用しない

 

場合もあるのでその場合にはオモリが不要な

 

ウキのタイプを購入するようにして下さい。

 

水深が7m辺りを狙われるなら

2B5B』のウキのタイプがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ウキの浮力の大きさは狙われている魚が泳い

 

でいる水深等を基準に決められると良いです。

 

また水深が浅ければ軽いオモリを利用されれ

 

ば良いですし水深が深ければ重いオモリを利

 

用されて浮力表示が強いものを選んで下さい

 

仮に水深の方が5mまでなら[0号やG2

 

を利用されて水深の方が78m位の際には

 

2B5B]のウキのタイプがおすすめです。

 

また水深10m以上の場合にはウキの内部にあ

 

る中通しオモリが12号の物がおすすめです

 

その他潮の流れが速い場合や遠くに投げる場

 

合にも浮力の強いものがおすすめになります。

 

水面でどのような釣り方に合っているかを事

 

前に確認をされた上で釣りの方法や天候の他

 

に環境や釣りたい魚に合わせて選んで下さい

 

遠くに投げる投げ釣りの場合には

Lサイズ』のウキのタイプがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

釣りを出来るだけ遠くに投げて釣りをされた

 

い場合には本体重量の重い[Lサイズ]の

 

ウキのタイプを選ばれる事をおすすめします。

 

また重量があるとウキを遠くに投げられて

 

投げる際にも風に影響されにくくなります。

 

更に水面の流れにも強いので釣りのポイント

 

からウキが外れたりする事も少なくなります。

 

ただ各メーカーの製品に寄ってはサイズと重

 

さが多少は異なる事が場合があるので購入前

 

には事前に確認しておく事をおすすめします。

 

仮に220m先に投げられるなら[9g前後]の

 

ウキのシリーズかおすすめにはなりますが

 

40m以上で有ればウキ自体の重量の重さの

 

方が[11g以上]有れば上手く投げられます。

 

その他[9g前後]が多いMサイズの場合は

 

平均的で使いやすいと思いますので雨の際は

 

安定性を高める為にも寄り重量のあるウキ

 

のシリーズを選ばれる事をおすすめします。

 

ウキのあたりを重視されるなら視認性

の高いオレンジ又はイエローがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ウキのカラーにも色々なタイプのシリーズが

 

ありますが出来ればオレンジやイエロー等

 

の視認性の良いシリーズが物がおすすめです。

 

また視認性がよければウキの位置やアタリ

 

が良く見れて魚が釣れる確率も上がります。

 

更にオレンジの場合は日中の明るい時間帯や

 

水面に樹木が映り込んでいる場合や水が濁っ

 

ている場合も分かりやすくて非常に便利です。

 

イエローに関しても曇りや雨や周囲が暗い場

 

合や暗い水中に沈める際も効果を発揮します。

 

その他のカラーラインナップとしてピンクや

 

グリーンの他にもスカーレット等の見やすい

 

選択肢も数多くあるので御自身の目で見えや

 

すいウキのタイプのシリーズを選んで下さい

 

製品を選ばれる上でウキの頭部の面積が広か

 

ったり又棒ウキのように水面から出て来たり

 

するのかどうかも重要なポイントになります。

 

 

 

売れ筋のウキにも注目をする

 

御参考までにはなりますがウキをAmazonサイ

トや楽天サイトの他にYahoo!ショッピングサイ

等から売れ筋ランキングにも注目して下さい

 

Amazonサイト

 

楽天サイト

 

Yahoo!ショッピングサイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回は一般的な円錐ウキと棒ウキの

 

選び方についてお伝えをさせて頂きました。

 

ウキには様々なタイプのシリーズがあるので

 

その時々の釣り環境に合わせてウキを交換さ

 

れたりされれば成果も一段と高くなりますよ

 

また魚の活動状況や自然環境等は実際に釣り

 

をしてみない分からないものにはなりますが

 

難しいウキ選びをされる事で成果の方も大き

 

く変わってくると思いますので今回の記事を

 

御参考にされて御自身の釣りのピッタリと合

 

うお気に入りのウキを見つけて頂きたいです。