おすすめのウルトラワイドモニター【最新モデルシリーズ】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのウルトラワイドモニター【最新モデルシリーズ】

 

今回は仕事面での効率だけでなく寄りゲーム

 

環境を有利にしてくれる重要なアイテムの

 

一つでもある『ウルトラワイドモニター』

 

にスポットをあててお伝えをしていきます。

 

また通常マルチディスプレイでなければ得ら

 

れないような作業領域が得られる事が出来る

 

と非常に人気が高まっている製品になります。

 

いざディスプレイモニターを選ぼうと思って

 

も平面タイプと湾曲タイプの2通りがあった

 

り更にインチ数も色々と異なってくる上に有

 

名メーカーのDELLLGの他にAcer等のメー 

 

カーから数多くの製品が販売されているので

 

どのような基準で選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回はウルトラワイドモニターの選び方に

 

ついてお伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 横幅70cmのスペースが確保出来るので有れば29インチのモニターが設置出来る
  3. 横幅90cmのスペースが確保出来るので有れば34インチ前後のモニターに注目をする
  4. 画像編集やデスクワークの用途で選ばれるなら平面タイプのワイドモニターがおすすめ
  5. 映画観賞やゲームプレイを重視されて選ばれる場合は湾曲タイプのモニターがおすすめ
  6. デスクワークやネットサーフィン重視される場合には60Hz5msに注目をする
  7. ゲームの用途でワイドモニターを選ばれるなら最低60Hz以上・4ms以下を目安にする
  8. グラフィックボードも同一のメーカーのモデルに注目をする
  9. 長時間利用に便利な機能にも注目する
  10. ゲーミングモニターにも注目をする
  11. 最後に

 

ウルトラワイドモニターの選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回はウルトラワイドモニターを

選ばれる上で重要なポイントを

各項目事にお伝えをしていきます。

まず始めに設置場所に合わせたインチ

数のモニターを選ばれる事が重要です。

そして設置場所のスペースに合ったインチ

数を選ばれる事で利用される目安となる

サイズを参考に製品を選ぶようにして下さい。

 

 

 

横幅70cmのスペースが確保出来るので

有れば29インチのモニターが設置出来る

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にですがデスク上に置けるスペースが限ら

 

れている場合は横幅約70cmに設置が出来る

 

29インチのワイドモニターに注目して下さい。

 

現在ウルトラワイドモニターとして販売さ

 

れている一番小さいサイズが29インチです。

 

ただ注意点として画面のアスペクト比は

寄り広い[219]の割合になるので

どうしても横幅は大きくなってしまいます。

 

更に最小サイズの29インチでも設置されるの

 

が難しい場合にはモニター専用の台を机の上

 

に設置されるか若しくはモニターアームも利

 

用される方法の一つとして検討されて空間を

 

上手く利用して設置をするようにして下さい。

 

横幅90cmのスペースが確保出来るので有

れば34インチ前後のモニターに注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

横幅90cmの空間が確保出来る場合にはウル

 

トラワイドモニターの魅力が一番感じられる

 

34インチ前後のディスプレイがおすすめです。

 

また34インチのウルトラワイドモニターの

場合に必要なスペースは80cm90cmです。

 

横幅が広げればその分同時にファイルを並べ

 

て表示をして作業効率を上げる事が出来ます。

 

そしてゲーム画面では他のモニターでは見え

 

なかった敵まで見えるようになるのが特徴に

 

はなりますが仮に34インチが難しい場合でも

 

なるべく大きめのインチ数がおすすめですよ。

 

 

 

利用される用途に合わせた形状を選ぶ

 

選ばれるウルトラワイドモニターには湾曲タ

イプと平面タイプの2種類があってそれぞれ

している用途の方が大きく異なってきます。

た特徴を把握をされて御自身の利用される

用途に合わせたモニター選びをして下さいね

 

 

 

画像編集やデスクワークの用途で選ばれる

なら平面タイプのワイドモニターがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にですが写真の編集作業をされたり若しく

 

WordExcelソフトを利用されたりするオ

 

フィスワークには平面タイプがおすすめです。

 

そしてデザイン系の仕事をされている方の場

 

合は画面が曲がっている湾曲タイプのワイド

 

モニターだとまっすぐの線が曲がって見える

 

事が点だけは特に注意しなければなりません。

 

またPCのデザイン関係の仕事をされていて写

 

真を加工される際に見え方が変わってしまう

 

と困ると言う方や形やエクセルやワードの書

 

式等が歪んで見えるという方には平面タイプ

 

の中でモデルを絞っていくようにして下さい。

 

スポンサーリンク

 

映画観賞やゲームプレイを重視されて選ば

れる場合は湾曲タイプのモニターがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

もう一方の湾曲タイプワイドモニターは没入

 

感が生まれるのが魅力になるので映画観賞や

 

ゲームプラダをされるの為にワイドモニター

 

の購入を検討されている方にはおすすめです。

 

そして御自身を中心にモニターが湾曲してい

 

るので画面までの距離が常に全て一定に保た

 

れ視野角に関係なく全てが見やすくなります。

 

ただ注意点として湾曲ワイドモニターは御自

 

身一人で利用される事を前提としたものです。

 

そして周囲に見せながらゲームをされたり誰

 

かと一緒に映画観賞をされたりと言った用途

 

には余り適していませんので注意して下さい。

 

 

 

リフレッシュレートと応答速度にも注目

 

モニターコストにも大きく関係してくるのが

[リフレッシュレート]と[応答速度]です。

そして性能が高ければ高い程コストも高くな

るので御自身に必要なスペックを把握された

上でウルトラワイドモニターを選んで下さい。

 

 

 

デスクワークやネットサーフィン重視

される場合には60Hz5msに注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

モニターを利用される方に寄っては仕事でモ

 

ニターを利用される場合やネットやメールの

 

他にも文章作成と言った軽い用途で有ればリ

 

フレッシュレートが60zで応答速度は5ms

 

もあるならば十分快適な作業環境になります。

 

またリフレッシュレートと言うのではどれだ

 

けの画面チラツキを抑えられるかと応答速度

 

に関しては映像のブレをどれだけ少なく出来

 

るのかに大きな影響を与えるものになります。

 

そして上記の利用用途以外にも映画や動画等

 

を頻繁に閲覧されるので有れば60Hz以下・

 

5ms以上のワイドモニターを選ばないように

 

されれば快適に映画観賞をする事が出来ます。

 

ゲームの用途でワイドモニターを選ばれる

なら最低60Hz以上・4ms以下を目安にする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にゲーム用としてウルトラワイドモニター

 

の購入を検討されている場合には可能な限り

 

高性能なリフレッシュレート60Hz以上・応

 

答速度は4ms以下の製品を目安にして下さい。

 

そしてFPSのような急な動きの多いゲームプ

 

レイをされる方にはこちらの性能の高さが勝

 

敗に影響を与えるとも言われるスペックです。

 

また更に高い性能を重視される場合にはリフ

 

レッシュレート144Hz以上・応答速度は1ms

 

といった超高性能なモニターがおすすめです。

 

唯一のデメリットの方が費用がかかる事です。

 

その他ゲーム環境が有利になるのは確実なの

 

で後は予算と相談して製品を選んで下さいね。

 

グラフィックボードも同一の

メーカーのモデルに注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えば御自身のパソコン等に搭載されている

 

グラフィックボードに合わせて[AMD ]や 

 

FreeSync]の他に[NVIDIA G- Sync]等

 

に対応している製品にされるとモニターとの

 

GPUを連動させる事が出来て非常に便利です。

 

またどちらの機能もGPUを利用して画面チラ

 

つきやカクカクした動きを制御してくれるシ

 

ステムになるので一定以上のGPUで有れば最

 

初から利用出来るので非常にお得な機能です。

 

AMD FreeSync]を利用可能なのは

同一メーカーのAMD製のGPU

RadeonR7260]以上になります。

 

NVIDIA G-Syn c]対応はNVDIA製のGPU

GeForce GTX 650Ti]以上になります。

 

更に性能や用途はそれ程変わりませんが異な

 

るメーカー同士のGPUでは利用出来ないので

 

可能ならメーカーに合わせて選んで下さいね。

 

長時間利用に便利な機能にも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

パソコンを利用されて長時間利用される方も

 

多いとは思いますがその中でも一日に8時間

 

以上はモニターを見られている方も多いと思

 

いますのでそのような方におすすめなのが目

 

に優しいウルトラワイドモニターの機能です。

 

また目に優しい機能はブルーライト軽減機能

 

だけと思われがちですがその他にも画面のチ

 

ラつきを抑えてくれる[フリッカーフリー]

 

と言う機能が搭載されているのかも目安です。

 

こちらもブルーライトを軽減してくれてチラ

 

つきを抑えるだけでなくデスクワーク時に目

 

に与える影響を軽減できるのでおすすめです。

 

ゲーミングモニターにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

モニターの中でも画面の見やすさだけでなく

 

応答速度等にもこだわりを持たれるので有れ

 

ばゲーミングモニターからも目が離せません。

 

また応答速度1msのモデルならゲーム時の遅

 

延やカクつきを気にすることなく快適に遊ぶ

 

事が出来るのでこちらもチェックして下さい。

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はウルトラワイドモニターの

 

選び方についてお伝えをさせて頂きました。

 

ウルトラワイドモニターは画面が横長になる

 

分設置場所も限られてしまう場合ありますが

 

モニターを設置されるだけでマルチディスプ

 

レイに匹敵する環境を得られるのが魅力です。

 

またどうしても費用から選んでしまいがちで

 

すまずは用途に合わせたウルトラワイドモニ

 

ターを絞った後に費用を考えると良いですよ。

 

そして今回の記事を御参考にされながら比較

 

検討をされて御自身にピッタリ合う快適なウ

 

ルトラワイドモニターを手に入れて下さいね。