おすすめのUSB PD(Power delivery)対応充電器【スマホの充電等には欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのUSB PD(Power delivery)対応充電器【スマホの充電等には欠かせないアイテム】

今回は頻繁にデジタル機器を利用される方達

の間で今非常に注目が集めているアイテム

USB PD(Power delivery』対応の充電器』

にスポットをあててお伝えをしていきます。

スポンサーリンク

充電器と言えばやはり充電をするスピードに

はなりますがこちらの『USB PD』を利用す

ればノートパソコンやスマートフォン等の

充電がすぐに終わると話題を集めていますが

いざ製品を購入しようと思ってもAnker

Aukey等の有名なメーカーから商品が数多く

販売されている上に出力数やポート数等の

違いも視野に入れて選ばないといけないので

実際にはどの製品を選んだら良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか? 

今回はUSB PD対応の充電器の

選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. USB  PD対応充電器とはどんな製品?
  3. スマートフォンの充電重視で有れば『出力1830W』のタイプがおすすめ
  4. タブレット重視で選ばれるならパソコン用なら4560Wに対応した製品がおすすめ
  5. 複数の機器を充電されるを重視されるならType-Aポート付きの製品がおすすめ
  6. 接続機器が少ない場合にはポート単体の一個口で製品を選ぶ
  7. 持ち歩きを重視される場合には出来るだけコンパクトな製品を選ぶ
  8. 製品の安全機能にも注目をする
  9. USB PD対応の製品を選ばれるなら充電ケーブルが付属している製品に注目をする
  10. 最後に

USB PD対応充電器とはどんな製品?

https://www.amazon.co.jp/

一般的に[高速充電]の製品は各メーカー事

に独自の規格が乱立しているのでなるべく早

く充電されたい場合にはそれぞれの機器に対

応した充電器等を用意する必要がありました

ですがそんなバラバラの規格を一つに統一す

る為に制定されたのが[USB PD]規格です。

USB PD対応充電器が注目される一番の理由

は何と言っても対応している機器の多さです。

今現在販売されているデジタル機器の大半が

対応しているので1つお持ちならスマホやノー

PC等の複数の機器の高速充電器として使い

回せるのでどんな時にも利用出来て便利です。

その他に充電速度の速さも注目を集めていて

従来のUSB充電器と比較をすると56倍の

スピードで充電が出来てスマートフォンで有

ればな2時間以内位でノートPCなら3時間程

で充電が満タンになるので仮に充電を忘れて

しまった朝等には欠かせないアイテムですよ

USB PD対応充電器の選び方

https://www.amazon.co.jp/

今回はUSB PD対応充電器を選ばれる

上で重要なポイントを各項目事に

お伝えをして行きたいと思います。

まず始めに充電機器に合わせた出力を

選ばれる事で[USB PD]対応充電器の

力が最大限に発揮されるので一番大切な

ポイントは充電器の[出力]になります。

製品を選ばれる際には充電されたい機器に

あった出力数のタイプの物を選んで下さい。

スマートフォンの充電重視で有れば

『出力1830W』のタイプがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

仮にですが充電される機器がスマートフォン

場合には1830Wの出力に対応している

USB PD対応充電器がおすすめになります。

USB PD対応充電器の規格は最大100Wまで

出力対応出来ますがスマートフォンの大半の

受け入れ出力の方が最大18Wまでになります

また今現在販売されている18W出力のUSB

PD対応充電器はそれ程選択肢がありません。

更にスマートフォンをメインに充電される場

合は30W対応も選択肢に入れて選んで下さい

その他にもPDの機能は対応出力以下の出力で

の充電にも対応しているので製品になるので

30W対応の充電器でもしっかり利用出来ます

仮に出力が大きい製品で有れば今後・高出力

の充電に対応したスマートフォンが登場した

としても使い分けが出来るので嬉しいですね

スポンサーリンク

タブレット重視で選ばれるならパソコン

用なら4560Wに対応した製品がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

お手持ちのタブレット端末やノートパソコン

等を充電される場合には4560W以上に対

応してるUSB PD対応充電器を選んで下さい。

また30W等の低い出力でも充電が可能な場合

もありますが充電完了までに時間がかかる為

USB PD対応充電器の長所は感じられません。

更に60Wなら大体の機種には対応出来きます

がどの製品にされるのか迷われた場合には60

W対応のUSB PD対応充電器がおすすめです。

ただ注意点として大型ノートパソコンの場合

は製品に寄って80Wの高出力が必要な場合も

あるので必ず購入前に御自身のお手持ちのパ

ソコンに必要な出力を確認しておいて下さい

充電したい機器のポート数を製品を選ぶ

利用される出力数が決まってくれば次にUSB

PD対応充電器のポート数を確認して下さい。

更に充電される機器の個数に寄って必要なポ

ート数は変わってくるので重要ポイントです。

複数の機器を充電されるを重視される

ならType-Aポート付きの製品がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

例えば同時に充電されたい機器が複数ある方

の場合にはUSB Type-Aポートを搭載してい

USB PD対応充電器の製品がおすすめです。

またUSB PD対応ポートはType-Cだけになり

ますがUSBでの充電に対応している機器の多

くは[Type-A]を利用しているので23

のポートが有れば大半に機器に対応出来ます。

更にポートが複数有ればスマートフォンやモ

バイルルーターも一緒に利用される機器が1

の充電器で充電可能が出来るようになります。

1つの充電器でまとめる事が出来ればコードの

配線も見た目的に綺麗に出来るのてデスク回

り等の見た目もスッキリした状態に出来ます。

その他にも複数の機器を同時に接続をされる

と充電に必要な出力自体が足りなくなる場合

もあるのでポート数が多い充電器等を選ばれ

る場合にはポート毎の出力も確認して下さい

接続機器が少ない場合には

ポート単体の一個口で製品を選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

充電されたい機器が1つだけの場合にはUSB

PDのポート1個口のアイテムがおすすめです。

また利用されていないUSB対応のポート口が

あると御自身で気づかない内に埃やゴミが溜

まってポートの中にゴミが入り込んだりして

しまうと充電器自体の故障の原因になるだけ

でなく火災の事故の原因にもなりかねません

更に接続機器が増えてしまう時の事を考えて

複数のポート口が搭載されている充電器を事

前に用意しておきたい場合には利用されない

ポートには埃よけのカバーをつけられてゴミ

が入らないように小まめに掃除をして下さい

持ち運びを重視される場合には

出来るだけコンパクトな製品を選ぶ

https://www.rakuten.co.jp/

仮に外出先でも利用される場合は本体のサイ

ズや重量がコンパクトな製品がおすすめです。

またスマートフォン端末を高速で充電が可能

USB PD対応の充電器なら出先のカフェで

有ればすぐに充電するのに非常に便利ですが

充電器自体のサイズ感が大きくて重たい場合

には持ち運びをされる際にはとても不便です。

そのような場合には持ち運び用で選ばれるな

ら大きさが7cm四方で重さ150g以内の製品

で有ればサイズ自体もそれ程大きくも感じま

せんし重さもそれ程重たくもないのでカバン

の中に入れておいても邪魔になりにくいです。

製品の安全機能にも注目をする

https://www.amazon.co.jp/

USB PD対応の充電器を安心して利用される

為には安全機能の有無も重要ポイントです。

また過電圧防止機能や温度調整機能の他にも

バッテリーに負荷をかけない機能等が搭載さ

れているのかどうかも必ず確認をして下さい

更にこのようか機能が搭載されて入ればバッ

テリー自体の劣化を遅らせるだけでなく製品

機器の故障や火災等のリスクを低減出来ます。

その他コンセントからの火災を防ぐトラッキ

ング防止機能も搭載されているかどうかも確

認をされた上で安全な製品を選びたいですね

安全防止装置が搭載されていない場合には利

用される際にコンセントと接続をして下さい

■USB PD対応の製品を選ばれるなら充電

ケーブルが付属している製品に注目をする

https://www.amazon.co.jp/

USB PD対応の製品を選ばれる最後のポイン

トとして充電ケーブルが付属しているのかい

ないのかを確認される事も重要ポイントです。

またUSB PDの製品は充電される接続機器と

充電器の他にケーブルの全てが対応していな

いと利用出来ないので仮にiPhoneの付属ケー

ブルを購入された際に付属でついてくるケー

ブルでもUSB PDに対応して入れば使えます。

仮にお持ちのケーブルが対応してない場合は

充電ケーブル付きのアイテムを選んで下さい

スポンサーリンク

最後に

今回はUSB PD対応の充電器の

選び方について

お伝えをさせて頂きました。

USB PD対応充電器が有れば色々な接続機器

に利用出来て尚且つ外出されたにもすぐに利

用出来るのでPD以外にも色々な機能を持った

便利な製品のラインナップばかりになります。

その他スマートフォンやノートパソコン等の

様々なデジタル機器を頻繁に利用される方は

是非・一度は利用して頂きたいとは思います。

また今回の記事を参考にされて御自身に

ピッタリ合うお気に入りのUSB PD対応の

充電器製品を見つけて頂きたいと思います。