おすすめのワードローブ【衣類収納に欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのワードローブ【衣類収納に欠かせないアイテム】

今回は気が付くといつの間にか増えて

しまう洋服や小物等ですがどうしても

クローゼットだけでは収まりきれずに

お困りの方も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

衣類等を含めた小物類等も含めてまとめて

収納が出来る『ワードローブ』にスポットを

あててお伝えをしていきたいと思います。

一口に『ワードローブ』と言っても衣類の

収納をする為の大きな家具にはなりますが

数多くのメーカーから発売されていたすが

現行のラインナップ等ではカバーやカーテン

をつけている手軽な製品からインテリアを

重視した製品まで豊富に発売されているので

いざ製品を選ぼうと思っても

どの製品を選んだら良いのか

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回はワードローブの 

選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. ワードローブの役割や使い方とは?
  3. アウターやワンピース等の長物の衣類が多い場合には『ハンガーラック』タイプがおすすめ
  4. Yシャツや小物類も重視して収納される場合は『棚やチェスト』タイプがおすすめ
  5. 伸縮自在のシリーズにも注目をする
  6. 耐荷重にも注目をして製品を選ぶ
  7. 製品のカバーや扉の有無にも注目をする
  8. 移動もスムーズで空間スペースを有効活用をしながら製品を選びたい場合は『キャスター付き』タイプがおすすめ
  9. コーディネートチェックもすぐに出来る『ミラー付き』の製品シリーズがおすすめ
  10. 最後に

■ワードローブの役割や使い方とは?

https://www.amazon.co.jp/

『ワードローブ』はあまり馴染みのある

呼び名ではないので聞きなれない方も多い

とは思いますが洋服タンスの事になります。

一般的には洋服かけや棚がついた開き扉付き

のタンス等も含みますが扉のついていない

ハンガーラックなども含めた洋服かけの事を

『ワードローブ』と呼ぶ場合もあります。

ワンルームのマンションや和室の部屋等で

クローゼット部分がない間取りや若しくは

クローゼットの収納部分だけでは収納が

不足する場合は欠かせないアイテムです。

また引き出しのタンスのように畳んで洋服を

入れる必要が全くないのでワンピースや

スーツ等を一緒に収納してもシワ等をつけ

る事無く綺麗に保管されたい場合に最適です。

ちょっとした寝具や小物類等の別で用意を

収納ケースに入れて整理をする事も出来ます。

その他・棚位置や横幅等も御自身の好みに

合わせて色々なレイアウトが楽しめるモデル

やお洒落なデザインの高い製品も多いので

衣類やバッグをインテリアとして飾りながら

収納するのもお部屋の雰囲気を変えれるので

イメチェンジ等をしたい方にもおすすめです。

ワードローブの選び方

今回はワードローブを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めに大切な事は収納される物に

合わせて製品のモデルを選ぶ事です。

ワードローブには色々なモデルの製品が

あるので収納される衣類の種類に合わせて

製品を選ばれる事がおすすめします。

■アウターやワンピース等の

長物の衣類が多い場合には

『ハンガーラック』タイプがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

冬物のアウター類を中心に収納される場合は

ハンガーラックタイプの製品がおすすめです。

アウター類はどうしてもさばってしまいます。

またシワをつけたくないスーツ等の場合も

同様にハンガーに掛けるだけでスムーズに

手間もかからずにすっきりと収納出来ます。

更に丈の長いコートやワンピース等の洋服が

多い場合は高さのあるタイプがおすすめです。

衣類の丈が短い場合にも収納場所を二段に

なっている物の方が大量に収納出来るので

手持ちの衣類の丈に合わせて下段の棚の

高さを変えられるのも大きなメリットです。

■Yシャツや小物類も重視して収納される

場合は『棚やチェスト』タイプがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

衣類を収納されるにあたって

冬物のアウターはもちろんですが

セーターやTシャツの他に下着類等の

ハンガー等にかけられない衣類を

収納される場合には『棚やチェスト』

付きのシリーズおすすめになります。

こちらのシリーズで有れば衣類はもちろん

ですがカバンや帽子の他にもアクセサリー

等の御自身の大切なファッションアイテムを

一つの場所にまとめて収納する事が出来ます。

また収納される衣類や小物類等にも合わせて

引き出しの深さや棚の高さも確認して下さい

スポンサーリンク

■伸縮自在のシリーズにも注目をする

https://www.amazon.co.jp/

数多くあるワードローブのモデルの中から

御自身の御利用の目的に合うピッタリの

シリーズを見つけ出すのは非常に困難ですが

出来るだけ収納スペースとのバランスの

兼ね合いが上手く取れる使い方の出来る物や

収納される量に見合った製品選びが重要です。

また壁や天井にスレスレで設置が可能な

大型のタイプのモデルから横幅のサイズの

方が約60㎝程のスリムなタイプのものまで

色々なサイズ展開がありますがクローゼット

代わりとして大量に収納される事に重きを

おかれるなら中型~大型の物がおすすめです。

ワードローブをを選ばれる際に少し余裕の

あるモデルを選ばれておけば部屋全体の荷物

を整理される際にも非常に便利になります。

更にスリムタイプで有れば頻繁に利用される

物や明日に着られる予定の衣類等もかけられ

たり御家族での利用でも数枚分のアウターを

かけられるだけでも生活が便利になります。

その他・横幅が自由自在に変えられるタイプ

もあるので衣類の量が急に増えたりされる

場合には自由度の高い製品がおすすめです。

■耐荷重にも注目をして製品を選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

ワードローブを選ばれる上でサイズと

併せて確認しておきたいのが耐荷重です。

特にアウターを大量に掛けられる事でかなり

の重さになるので例えば収納される物の量が

特に多い方はハンガーポールや棚板等の

各パーツの耐荷重数値が寄り大きいタイプの

しっかりとした製品を選ぶようにして下さい

また簡易的なワードローブに大量に洋服を

かけると歪みやたわみ等を引き起こして

破損の原因に繋がるので注意が必要です。

その他冬物のコート等は1枚で1kg以上ある

衣類も数多くあるのでせっかくのアイテムを

購入されるなら複数枚の収納を検討される

場合には耐荷重をしっかりと確認して下さい

反対にYシャツ等の薄手の衣類を中心に収納

される場合は耐荷重はそれ程必要ではないの

で低価格の製品から選べる選択肢が増えます。

■製品のカバーや扉の有無にも注目をする

https://www.rakuten.co.jp/

ワードローブの中でも扉やカーテンの

有無に関しても注目をしてあまり生活感を

出したくない方にはしっかりと収納の中身が

隠せる扉タイプの製品がおすすめになります。

また目隠しやホコリ等が気になる方の他にも

扉を開ける設置スペースが確保出来ない事が

原因で設置が出来ないと方にもおすすめです。

反対にお洒落なショップのよう見せたいと

言う方には敢えて何も隠さずにオープンの

ワードローブを選ばれる選択肢もあります。

その他御自身のアイテム等を飾りながら収納

するのも製品を購入される長所でもあります。

それにオープンタイプは圧迫感も少なくて

狭いお部屋の中でも開け閉めせずにさっと

衣類の出し入れが出来るので注目製品です。

ワードローブの追加機能にも注目をする

製品を選ばれる上でちょっとした機能が

追加されている事で寄り使い勝手が良く

なっているタイプのシリーズもあります。

また御自身のお気に入りのワードローブを

見つける為に便利機能にも注目をして下さい

■移動もスムーズで空間スペースを有効

活用をしながら製品を選びたい場合は

『キャスター付き』タイプがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

仮にワードローブを選ばれる上で模様替え

等を頻繁にされたり設置された物を何かと

移動をされる場合には『キャスター付き』の

可動式タイプのシリーズがおすすめです。

キャスター付きの製品のタイプで有れば

大きめのサイズのものでもスムーズに移動が

出来るので設置場所が決めなくてもOKです。

更にワードローブを選ばれる上で例えば

本棚等を前に設置しておいて製品を利用する

時だけ本棚を移動させると言った使い方も

出来るので非常に便利なアイテムになります。

その他スリムタイプの製品を利用されるなら

アウターを着る機会が多い冬場はリビングに

設置をしてシーズンオフの時期にはそのまま

ウォークインクローゼットに移動してしまう

と言う利用方法と言った使い方も良いですね

■コーディネートチェックもすぐに出来る

『ミラー付き』の製品シリーズがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

ワードローブの製品のラインナップの中でも

ミラー付きのタイプも非常に人気が高いです。

またワードローブに収納をされたリストの中

から明日着る服を選びたい時や又は着替えた

後に身だしなみをチェックしたい場合には

ミラーが付属しているワードローブが有れば

その場で身だしなみを確認する事が出来ます。

更にミラーが付属している事で効率が良いの

はもちろんですがミラーを設置する為の

空間が不要になるのも嬉しいポイントです。

ミラー付きのタイプのデメリットとしては

比較的しっかりとした作りの製品が多いので

その分購入価格も割高になってしまいますが

姿見を追加で購入される事を考えられるなら

ミラー付き製品の方がお得かもしれません。

スポンサーリンク

■最後に

今回はワードローブの

選び方について

お伝えをさせて頂きました。

一口に『ワードローブ』と

言っても数多くの製品のタイプの

モデルが発売されているのできっと

御自身のお部屋の広さや雰囲気に

ぴったりの製品が見つかると思います。

また散らかりがちな服や小物類も

すっきりと片付けも出来るので

今回の記事を御参考にお気に入りの

製品を見つけて頂きたいと思います。