おすすめのウォールハンガー【お洒落な木製タイプや色々な形状のモデルにも注目をする】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのウォールハンガー【お洒落な木製タイプや色々な形状のモデルにも注目をする】

 

今回はコートやバッグの他に小物等の

色々な御自身のアイテムを壁に掛けて

置ける『ウォールハンガー』にスポットを

あててお伝えをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

『ウォールハンガー』はクローゼットの

ように床等に設置する必要がないので部屋の

ちょっとしたスペースを利用してすっきりと

見せたい方等には非常に人気がある製品です。

また製品のラインナップの方も設置方法や

デザインに寄っても色々変わってくるので

いざ製品を選ぼうと思っても

どの製品を選んだら良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回はウォールハンガーの

選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 壁にしっかりと固定される場合は『ネジ』タイプがおすすめ
  3. 賃貸で設置されるなら『画鋲』『粘着テープ』タイプがおすすめ
  4. フックを利用するしないがある場合は見た目もスッキリする『フック収納タイプ』
  5. フック位置を自由に変更されるなら『スライド』タイプがおすすめ
  6. 収納されるアイテムのサイズが変わるので『フックの本数』にもこだわる
  7. 御自身のアイテムを多く掛けるなら耐荷重にも注意をして製品を選ぶ
  8. 小物も飾れる棚付きにも注目をする
  9. 壁面の収納にも注目をする
  10. 最後に

 

 

ウォールハンガーの選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

今回はウォールハンガーを

選ばれる上での重要なポイントを

各項目事にお伝えをしていきます。

まず初めに設置場所に合わせた

設置方法を確認される事が重要です。

ウォールハンガーの設置方法には

大きく分けてネジと画鋲と粘着テープの

3つタイプのシリーズに分かれているので

それぞれのタイプから御自身の用途に一番

合った製品を選ばれる事をおすすめします。

 

 

 

壁にしっかりと固定される

場合は『ネジ』タイプがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

御自宅等に設置される場合には戸建ての

 

賃貸とかでなければしっかりと固定出来る

 

『ネジ』タイプがおすすめになります。

またネジタイプで有れば壁にしっかりと

打ち込んで設置をするので一番最強固に

固定が出来る設置方法にはなりますが

石膏ボード等の壁にはネジを打ち込む事が

出来ない場合多いので別途アンカー等が

必要となる場合があるので注意が必要です。

 

賃貸で設置されるなら『画鋲』

『粘着テープ』タイプがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

ウォールハンガーを設置される空間が

 

賃貸で借りられているお部屋等の場合は

 

『画鋲』若しくは『粘着テープ』で

 

取り付けるタイプがおすすめになります。

そして画鋲のようなピンタイプで有れば

それ程大きい穴が開かないので賃貸での

お部屋に設置されても良い場合が多いです。

ただ人に寄っては壁に穴を開けたくない方は

 

『粘着テープ』のシリーズがおすすめです。

壁に穴を開ける開けないに関わらず設置を

される場合は事前に大家さんや管理会社に

確認をされてからの作業をおすすめします。

 

 

 

フックの種類も豊富なので

用途に合わせて製品を選ぶ

ウォールハンガーには御自身の

アイテムを掛ける為のフックがついて

いますがその製品のモデルに寄っても

色々な種類のタイプがあるのでその特徴

をしっかりと把握された上で用途に

合わせた製品を選ぶようにして下さい。

 

 

 

フックを利用するしないがある場合は

見た目もスッキリする『フック収納タイプ』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

ウォールハンガーを利用される際に

 

フックを使われない時はフックが

 

収納出来るタイプがおすすめになります。

フック収納タイプは本体にフックが

付いているので利用されない時はフックを

収納出来る事が一番の特徴になります。

また利用されない時には本体部分にフックが

ピッタリ収納出来るので非常にスマートで

使い勝手を考えられた無駄のない機能的な

デザイン性の製品が数多く発売されている

のでシンプルなデザイン性のモデルがお好き

で有ればインテリアとしてもピッタリですよ。

スポンサーリンク

 

フック位置を自由に変更される

なら『スライド』タイプがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

例えば収納されるアイテムに寄って

 

フック位置を動かして変更されたい場合は

 

『スライド』タイプがおすすめです。

スライド式の特徴はフック部分が可動式

になるので掛けるアイテムのサイズに

合わせて自由に収納位置が調整可能です。

またフックの位置が動かせない場合

 

は大きなアイテムを掛けてしまうと

 

隣りにあるフックに物を掛けたくても

 

掛けられないような状況が減りますね。

収納されるアイテムののサイズが

変わるので『フックの本数』にもこだわる

 

 

https://www.amazon.co.jp/

ウォールハンガーに掛けられるアイテムに

 

寄って掛ける為のフックが何本あるかで

 

目的や利用方法が大きく変わってきます。

フックの数に関しては3連や5連の他にも

8連が一般的なモデルですが製品のタイプに

寄っても本数が少ないものだと1つだけのも

有れば本数が多いと10連タイプもあります。

また当たり前の事ですがフック数が多いと

 

それだけ設置される壁のスペースも必要です。

 

利用されているお部屋の状況に寄っては

 

設置スペースが取れない場合もあるとは

 

思うのでそう言った場合には本数が多いもの

 

ではなく敢えて少ない連数の製品を選ばれて

 

使い分けされるのも選択肢の一つになります。

御自身のアイテムを多く掛ける

なら耐荷重にも注意をして製品を選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

御自身のアイテムの中でも重めのコートや

 

バッグ等の比較的重い物を掛ける為に

 

利用される場合は耐荷重にも耐えれるか

 

どうかを確認してから製品を選んで下さい。

耐荷重と言うのは呼び名そのままですが

その商品が耐えれる重さかどうかと言う事

ですが仮にこの耐荷重を超えたものを掛けて

しまうと壁から製品がその重さに耐えきれず

に落ちてしまって破損してしまう可能性も

考えられるので非常に重要なポイントです。

耐荷重に関しては大体フック1個当たりの

 

表示になっているので事前に確認して下さい

また稀に全体の耐荷重がフックの耐荷重の

 

合算とは限らないので注意が必要になります。

小物も飾れる棚付きにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

ウォールハンガーのシリーズの中には

 

収納だけではなくお好きな雑貨等も一緒に

 

飾ってインテリア性を高められる棚付きの

 

タイプのウォールハンガーがおすすめです。

棚付きの製品であればちょっとした写真立て

や観葉植物等の思い出の小物等を置いて

インテリアのアクセントにする事も可能です。

収納とインテリアの両方を上手く利用して

有効活用出来るように製品を選んで下さいね

 

■壁面の収納にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ウォールハンガーを始めとする空間を効率的に

 

利用される際に壁面収納で揃えていきたい場合

 

にも色々なデザイン性の高いアイテムが数多く

 

ラインナップシリーズとして展開されています

 

 

 

売れ筋のウォールハンガーに注目をする

 

御参考までなりますがウォールハンガーを選ば

れる上でAmazonサイトやYahoo!ショッピング

サイト等に注目をされて商品選びをして下さい

 

Amazonサイト

 

Yahoo!ショッピングサイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

今回はウォールハンガーの

選び方について

お伝えをさせて頂きました。

ウォールハンガーの製品はお洒落な

デザイン性の高いシリーズから機能性を

重視した抜群のシリーズまで数多くの

ラインナップを揃えているので

今回の記事を御参考に色々な製品を

見比べながら御自身の用途に適した

製品を見つけて頂きたいと思います。