おすすめのジグヘッド【アジングやメバリングで欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのジグヘッド【アジングやメバリングで欠かせないアイテム】

 

今回はオモリとハリが一体になったリグ

 

アイテム『ジグヘッド』にスポットを

 

あててお伝えをしていきたいと思います。

 

『ジグヘッド』はバスフィッシング以外に最

 

スポンサーリンク

 

近人気が出てきている[アジング]でも小さ

 

なジグヘッドとソフトルアー[ワーム]の組

 

み合わせ等でショアからアジ狙いで使います。

 

またジグヘッドを選ぼうと思っても1つの種類

 

だけを使い続ければ良い言う訳ではなくて魚

 

の種類に寄って釣り方の状況が何通りにも使

 

い分けをしなければいけないのが難しいので

 

どの商品を選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか? 

 

今回はアジングに適したジグヘッドの

 

選び方についてお伝えをしていきます。

 

  1. 目次
  2. リフトやフォール釣りを重視されるなら『丸型ジグヘッド』に注目をする
  3. 一定層のリトリーブを重視される場合には『円柱型ジグヘッド』に注目をする
  4. ダートで狙いを定められる場合には『矢じり型ジグヘッド』に注目をする
  5. 自然なアピールなら軽めのジグに注目をする
  6. 遠くへ飛ばす事を重視されて選ばれる場合には『重いジグヘッド』に注目する
  7. リトルリーブの釣りを重視されて選ばれる場合にはシャンクの長いものに注目をする
  8. リフトやフォールの釣りを楽しまれる場合にはシャンクの短いものに注目をする
  9. アタリ自体がきていても魚が乗らない場合にはゲーブの小さいタイプに変更する
  10. 軽量のジグヘッドを投げられるなら『アジングロッド』に注目をする
  11. 最後に

 

 

ジグヘッドの選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回はジグヘッドを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

先ず釣られる魚に合わせたヘッド

の形状に注目をして頂きたいです。

またジグヘッドは形状に寄っては動き

に違いが出てくるので得意分野があります。

更にそれぞれどんな釣り方に適しているの

かどうかに注目をされて選んでみて下さい。

 

 

 

リフトやフォール釣りを重視される

なら『丸型ジグヘッド』に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

見た目の形が見られて分かるのがオモリの部

 

分が丸いのが『丸形ジグヘッド』になります。

 

また最も一般的なジグヘッドの形になります。

 

そして基本の型になるので表層のスイミングに

 

とし込んでの縦釣り等にはオールマイティに

 

活躍をしてくれるので欠かす事が出来ません

 

更にフォールの姿勢が安定しているのでリフ

 

トとフォールで誘いをかける際には有効です

 

アジが表層から中層にいる場合に発揮します。

 

一定層のリトリーブを重視される場合

には『円柱型ジグヘッド』に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えばですがアジが水面下1m位の層に溜まっ

 

ていると言う場合には1mの推進をキープさせ

 

てジグヘッドのルアーを泳がせるのが良いです

 

そして『円柱形ジグヘッド』で有れば水深を

 

キープする力が非常に優れているので特定の

 

層を探りながら釣りをされる方には便利です。

 

釣られる際にキャストをされて着水したらカ

 

ウントダウンをして泳がせたい水深まで沈め

 

てゆっくりとリトリーブしてくれば良いです。

 

また確実に着水させてカウントダウンをして

 

泳がせたい水深までゆっくり沈めれば手軽に

 

レンジキープしたスイミング釣りが出来ます。

 

ダートで狙いを定められる場合には

『矢じり型ジグヘッド』に注目をする

 

 

https://item.rakuten.co.jp/

 

ルアー釣りをされる際にダートな横すべりを

 

させる時に利用されるのが先の尖った三角形の

 

『矢じり型ジグヘッド』と呼ばれるものです。

 

また小魚が逃げる姿を演出する事が出来るの

 

めアジの捕食スイッチを入れやすくなります。

 

更にやり方は簡単で着水してから狙われる水

 

深まで沈めたらリトリーブをしなながら2

 

から3回程ロッドを叩きつけるようにあおる

 

だけで急に引っ張られたジグヘッドは三角形

 

の頭に水流を受けて右に左に横すべりします。

 

そしてダートをさせた後は少しの間隔をあけ

 

てアジが食いつくタイミングを図って下さい。

 

 

 

釣り方に合った重さに注目をする

 

ジグは一般的にアジング用ジグヘッドで有れ

0.3gから5g程度の重量のものを利用します。

また超軽いものから少し重いものまでのかな

りの幅がありますので重さ自体はどのように

使い分ければ良いのかについてお伝えします。

 

 

 

自然なアピールなら軽めのジグに注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

自然にアプローチをされて攻めていかれる場

 

合には軽いジグヘッドをおすすめしたいです。

 

そして自然な動きをする事でそれだけアジの

 

口を使わせやすくなりますので目安としては

 

風が吹かないスポットは[1g]位が最適です。

 

また釣り始めは1gをベースとされてそれより

 

も少し軽いものと重いものを準備して下さい。

 

更に0.5g寄りも軽くなってくると逆に軽すぎて

 

キャスト自体がしづらくなって距離も出ません

 

その他に釣りをされるベテランの方で有れば

 

軽量でもテクニック等でカバー出来きたり

 

ますが釣り自体が初心者の方が無理をして

 

軽いものを利用されるよりもきちんとキャス

 

トできる重さのものを利用された方が釣れる

 

確率も高くなっていくので出来るだけしっか

 

りと投げられるものを選ぶようにして下さい。

 

スポンサーリンク

 

遠くへ飛ばす事を重視されて選ばれる

場合には『重いジグヘッド』に注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮に重いジグヘッドで遠くへ飛ばしたい時に

 

は欠かせないアイテムですがある程度の距離

 

が出ないと魚がいる場所までに届かない場合

 

1g以上の重いジグヘッドを選んで下さいね。

 

そしてある程度狙う中層の底まで落としてズ

 

ル引きする場合も重いジグヘッドが良いです。

 

またその日に寄って魚の泳層状態も変わって

 

くるので表層にいる場合は軽めのジグヘッド

 

を選ばれて中層や底層にいる場合は重いジグ

 

ヘッドと使い分けをするようにして下さいね。

 

 

 

ハリの形状にも注目を選ぶ

 

ジグヘッドの違いを把握される為にはヘッド

の形状だけでなくシャンク[軸]の長さやゲ

イブ[ハリ幅]等にも大きな違いがあります

そしてアジングに良いハリはどんなタイプが

良いのかを次の項目でお伝えをしていきます。

 

 

 

リトリーブの釣りを重視されて選ばれる

場合にはシャンクの長いものに注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

釣りをされる際にソフトルアーをセットした

 

ジグヘッドをリトリーブ[リールを巻いて泳

 

がせる]ような釣り方をされる場合はシャン

 

クの長いものを選ばれる事をおすすめします。

 

そしてリトリーブの釣りの場合にはアジが後

 

ろから追いかけてきて食いつくので長いシャ

 

ンクの方が口の中に吸い込まれてハリ掛かり

 

しやすくなるので長いモデルを選んで下さい。

 

リフトやフォールの釣りを楽しまれる

場合にはシャンクの短いものに注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にリフトやフォールの釣りでは反対にシャ

 

ンクの短いジグヘッドの方が有利になります。

 

そしてフォール中はアジがジグヘッドの横や

 

前から食いついてくる事が多いのでそれで短

 

いシャンクの方が口に掛かりやすくなります。

 

その他にリトリーブとリフトとフォールでの

 

釣り方の中でジグヘッドを使い分け等をされ

 

る事でノリの違いに魚が驚くかもしれません。

 

アタリ自体がきていても魚が乗らない

場合にはゲーブの小さいタイプに変更する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

キャスティングをされた際に頻繁にアタリは

 

あってもなかなか魚を乗ってこない場合には

 

ゲーブの狭いジグヘッドに変更をして下さい。

 

そしてゲーブのサイズが大きすぎる場合には

 

小さいタイプ変える事でフッキングが出来る

 

ようになるので寄り合わせやすくなりますよ。

 

またメバルとは異なってアジの口は小さいの

 

でゲーブが大きすぎると口の中に入らないで

 

ショートバイトになってしまう場合があるの

 

でゲーブサイズも幾つか異なるものを準備さ

 

れて状況に合わせて使い分けてみて下さいね。

 

軽量のジグヘッドを投げられるな

ら『アジングロッド』に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えばバイトの小さいアジを釣られる場合に

 

は軽量ジグヘッドの方が釣りやすくなります。

 

そして利用されるのが軽いジグヘッドで有れ

 

ばキャスティングをしにくいと言う事もあり

 

ますし合わないロッドで無理に投げられたり

 

するとバックラッシュしたり糸が穂先に絡ん

 

だり頻繁に起こうるトラブル等を防止される

 

為に軽量ジグヘッドには軽量負荷対応のアジ

 

ングロッドを利用される事をおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はアジングに適したジグヘッドの

 

選び方についてお伝えをさせて頂きました。

 

また最初にもお伝えをさせて頂いた通りジグ

 

ヘッドは1つあれば良いと言う訳はありません。

 

更に幾つか異なる重量のタイプのものを用意

 

されて状況に応じて使い分けをされて釣りを

 

楽しまれる方法か若しくは1種類のジグヘッド

 

の重さの異なるものを幾つか用意をされて使

 

い分けてみられるのも一つの方法になります。