おすすめの自転車カバー【雨の日の自転車には欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの自転車カバー【雨の日の自転車には欠かせないアイテム】

今回は御自宅の玄関周りや野外等で

保管されている自転車の泥除けや

雨対策の為に必要な便利なアイテム

『自転車カバー』にスポットをあてて

お伝えをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

一口に『自転車カバー』と言っても色々な

メーカーから発売されていますが製品の

シリーズに寄ってはホームセンターや

100円ショップ等でもいつでもすぐに

購入する事は可能ですが利用されている

最中にすぐに破れたり穴が空く事もあるので

いざ製品を選ぼうと思っても

製品の着脱の手軽さやスムーズの

他にも防水性等も考慮して選ぶとなると

どの製品を選んだら良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回は自転車カバーの

選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. 全体的に自転車を守れるタイプの『全被りシリーズ』はサイズがポイント
  3. 自転車の衝撃吸収や雨の日にも利用が出来る『部分別カバー』もおすすめ
  4. 製品の色落ちやべとつきを重視されるなら40+UVカット以上』のモデル若しくは『シルバーコーティング』モデルがおすすめ
  5. 自転車の錆つき防止を考えられるなら『防水&撥水加工』がおすすめ
  6. 長期的に利用されるなら素材の強さと厚さにも注目をして製品を選ぶ
  7. 緊急用の予備として100円ショップの塩化ビニール製の自転車カバーもおすすめ
  8. 強い風等を考えて製品を選ばれるなら『バックル付き』タイプの製品がおすすめ
  9. 自転車を盗難から守る事を重視されるなら『アイレット付き』のカバーがおすすめ
  10. 自転車カバーを何かと持ち運びをされるなら『袋付き』タイプがおすすめ
  11. 最後に

自転車カバーの選び方

今回は自転車カバーを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めに大切な事は自転車にカバーを

されたい部分に合わせて選ばれる事です。

また自転車をどのように守りたいのかに

寄って利用される際の自転車カバーの用途

も異なってくるのでどの部分を守りたいのか

を良く考えられてから製品選びをして下さい

全体的に自転車を守れるタイプの

『全被りシリーズ』はサイズがポイント

https://www.amazon.co.jp/

自転車が雨が何処にもかかわらないように

されるには『全被り』タイプがおすすめです。

こちらの製品モデルで有れば仮に雨が降った

としてもサドルやハンドルが濡れる事がない

のでいちいち濡れる度に必要もなくなります。

また全被りタイプの製品で有れば特にサイズ

が重要になるので自転車の種類とサイズの

適合が自転車カバーの対象はの対象になって

いるかどうかをしっかり確認をして下さい。

更に雨が降ったりすると自転車のカバー自体

が重くなる事も想定されて通常のサイズ寄り

も少し大きめのサイズを選ばれた方が自転車

[カバーの付け外し]が非常に楽になります。

自転車の衝撃吸収や雨の日にも

利用が出来る『部分別カバー』もおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

自転車のある一部分だけをカバーしたいと

言う方にはお子さんを乗せる部分だったり

若しくはカゴだけだったりと特定のパーツだ

けを覆う場合は部分別カバーがおすすめです。

また利用される際には外す必要がない製品で

有れば衝撃を吸収してくれるクッションの役

目を果たしてくれたり雨天の際にはカゴの中

の荷物を雨から守ってくれる便利な機能を搭

載しているパーツが数多く取り揃っています。

更に子供を乗せる部分に透明の専用カバーを

かけれれば雨の日のお迎えも心配要りません

自転車を劣化させない為の

重要なポイントにも注目をする

自転車を日焼けや錆等の劣化から守られる

度合いに寄って求められる機能は変わるので

お持ちの自転車をイメージされながらパーツ

事それぞれの機能をチェックして下さい。

製品の色落ちやべとつきを重視されるなら

40+UVカット以上』のモデル若しくは

『シルバーコーティング』モデルがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

自転車の原色デザインの色落ちやサドルの他

にもハンドル等の劣化によるべとつき等を

防止されるなら[UVカット加工]が必須です

また選ぶ基準は[40+UVカット]若しくは 

[シルバーコーティング)がおすすめです。

その他更に自転車の品質にこだわりたい方

は[50+UVカット]の製品がおすすめです。

スポンサーリンク

自転車の錆つき防止を考えられる

なら『防水&撥水加工』がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

自転車の錆を防止をされたい場合は

防水加工と撥水加工をの両方を装備を

している自転車カバー重要になります。

また防水加工の仕様になっているだけ

でもある程度の錆び止め防止の効果は

期待出来ますがせっかく購入をされなら

水をはじく[撥水加工]まで施されている

自転車のカバーを選ばれる事が重要です。

更に[撥水加工]が施されていれば自転車の

カバーが濡れた際にも乾きやすくなります。

その他・縫い目部分まで撥水加工されている

自転車のカバー製品で有れば隙間から水が

入り込んでくるような事もないので安心です。

生地にも注目をして製品を選ぶ

自転車のカバーを選ばれる上で一度購入

された製品はできるだけ長く利用出来る物

の方が良いと思いますのでどんな生地の物を

選んだら良いのかをお伝えをしていきます。

長期的に利用されるなら素材の

強さと厚さにも注目をして製品を選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

自転車カバーを購入されて長期的に利用され

たい場合は強度の高いオックスフォード生地

を採用している自転車カバーがおすすめです。

また強度の目安を表す単位の基準の方が糸の

太さになりますが表示が[D(デニール)]

になりますがその中の素材生地のシリーズで

特に『210D』の生地は非常に厚く丈夫です。

更にデニールと似た単位で[T(タフタ)]は

製品生地自体の密度を表す単位になります。

その他デニールとタフタは本来比べたりする

単位ではないですが生地の厚みを確認する際

に[190T]は[70D]は同等になるので

生地感覚を掴まれる為に参考にして下さいね

更に生地に関しても注目をして頂きたいです。

表生地だけでなく裏生地の方にも注目をして

頂いて耐摩耗性のある生地で有れば自転車

傷つけたりするような心配も解消されます。

緊急用の予備として100円ショップの

塩化ビニール製の自転車カバーもおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

一口に『自転車カバー』と言ってもやはり

製品自体の素材が丈夫で有ればあるほど購入

される金額ので方も高くなってしまいますが

手軽に利用されたり緊急用や予備として購入

されるので有れば100円ショップ等で販売さ

れている製品は塩化ビニール等の薄い素材が

採用されているので耐久性の部分に関しては

長期的に利用されるのは難しいですが緊急や

急な予備として利用されるにも適しています。

また外出先等に急に雨が降ってきたとしても

十分な機能としては果たしてくれますが少し

引っかけたり引っ張ったりされても製品が破

れる可能性があるので長期的に利用される事

を考えられず使い捨てとして考えて下さいね

利用用途に合わせて付属機能も確認する

自転車カバーを利用される上で販売されてい

る製品のラインナップのシリーズに寄っての

付属機能についてもチェックをして下さい。

強い風等を考えて製品を選ばれるなら

『バックル付き』タイプの製品がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

大事な自転車を守る為のカバーを購入された

としても外に置いておいて強い風に飛ばされ

てしまったと言うような事はないでしょうか

カバー自体がしっかりと固定されていないと

どうしても強い風でめくれ上がってしまって

特定の部分だけ雨ざらしになってしまいます。

そんな風対策の際に大活躍をしてくれるのが

『バックル』付きの自転車カバーになります。

バックル付きの製品で有ればしっかりと対策

をしてくれますが人に寄ってはバックルの付

け外しをされるのが面倒だと言われる方には

ぐるっとゴムを付けるタイプも発売されて

いるのでバックルに比べると信頼性には欠け

てしまいますがちょっとした風には最適です。

自転車を盗難から守る事を重視されるなら

『アイレット付き』のカバーがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

大切な自転車にカバーを掛けられるなら盗難

防止対策もしっかりと出来る『アイレット』

付きの自転車カバーがおすすめになります。

また[アイレット]とは自転車のロック錠

を通す穴の事で前輪部分や後輪部分の穴に

ロック錠を通されれば盗難予防と合わせて

同時に風対策をする事が出来るアイテムです。

自転車カバーを何かと持ち運びを

されるなら『袋付き』タイプがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

自転車で頻繁に外出をされるような方だと

カバーを持ち運びされる方も多いと思います。

のでそのような方にはコンパクトで尚且つ

『収納袋』が付いている製品おすすめです。

また収納袋が有ればそのまま収納される寄り

もかさばらないので紐付きのタイプで有れば

外出先でもバッグ等にも引っ掛けられます。

更に大抵の収納袋の自転車カバーについては

生地と同様の素材の生地が採用されています。

その他濡れたカバー等をそのまま収納された

りされるとカビの原因にもなり兼ねないです

が撥水加工だと断然乾きの方も早くなります。

スポンサーリンク

最後に

今回は自転車カバーの

選び方について

お伝えをさせて頂きました。

一口に『自転車カバー』と言っても

色々なメーカーから発売はされていますが

日々天候には左右されるものではあるので

使いやすさと丈夫さを追求した自転車カバー

の製品のラインナップを購入されたいと

思いますので今回の記事を御参考に

お気に入りの製品を見つけて頂きたいです。